ドラムの練習、場所はどうしたら良い?女性のためのドラムの練習場所の見つけ方

女性のためのドラムの基礎知識レッスン

ドラムの練習、場所はどうしたら良い?女性のためのドラムの練習場所の見つけ方

こんにちは。

オンラインドラム練習サロン【Enjoy Beat】のドラム講師GOです^^

 

さて今日は「ドラムの練習、場所はどうしたら良い?女性のためのドラムの練習場所の見つけ方」という内容について、ご紹介をしてみたいと思います。

 

Youtubeに動画の方も公開していますので、

ぜひそちらも、ご覧になってみてくださいね~!

 

※動画は6本に分かれています。再生リストで【1】~【6】までご覧いただけますので、よろしければご参考ください。

 

ドラムの練習場所について、個人練習の場所を探している!という方へ

さて今回は、ドラムを始めた女性のための、ドラムの練習場所について、書いてみたいと思います。

 

ドラムの練習場所って、どうしたらいいの?!というのは、ドラム初心者の女性の多くが、迷ってしまう所です。

■家でドラムセットを置いて練習するなんて、できっこない!!

■そもそもドラムセットを持っていないし・・・

■練習台があれば、ちゃんと上達するの?

などなど、色んな疑問があるかと思います。

 

中でも特に、

「本番のステージで、ドラムを演奏することになってしまった!!」

「期日が決まっているし、練習場所を確保しなくちゃ!!」

という急ぎの方にとって、ドラムの練習場所は、緊急の課題となります。

 

今回はそんな、ドラムの練習場所について、ご紹介をしてみたいと思います。

 

ドラムの練習場所は、とにかく確保がムズカシイ!

まず最初に、ドラムの練習場所は、プロドラマーでも悩む課題だったりします。

ドラムの練習場所の確保は、本当に難しいテーマなのですね。

 

ぼく自身がプロドラマーになる上でも、練習場所の確保の仕方は、悩みました。

 

家は一軒家でしたが、二世帯住宅でしたので、あまり家で練習はできなかったのですね。

1階には祖父母が暮らしていましたので、その状況で、あまりドコドコと練習するのは、ちょっと・・・となります。

 

かといって、家の近くのドラム練習スタジオだと、ドラムがボロボロだったり・・・

都会の場合は良いですが、少し中心地から離れると、「レンタル防音スタジオはあるけど、ドラムセットがボロボロ・・・」みたいな事も、あったりするのです。

 

そんな状況の中でドラムを練習するには、

1.ドラムセット、という楽器の特徴を、まずはチェック!

2.どの環境で、どんな練習ができるのかを、チェック!

3.いくつかの環境を、どう組み合わせたら良いのかを、チェック!

この3つをチェックしていく事で、ドラムの練習の場所を、確保していただけるようになるのではないかと思います。

 

プロドラマーは、どんなドラムの練習場所を、選んできたの?

プロドラマーと一言にいっても、練習場所の確保の仕方は、それぞれのドラマーさんによって、かなり違います。

 

ご自宅に、プライベート防音スタジオを持っている方もおられますし、

近くのレンタル防音スタジオで練習されている方も、おられます。

あるいは、地域の施設を利用して、自分のドラムセットを持ち込んで、練習されている方も、おられます。

 

今回のブログ記事では、そんなプロドラマーはもちろん、ぼくがレッスンさせていただいている、生徒さんの練習環境についても触れながら、

ドラム初心者の女性のための、ドラムの練習の場所の考え方や、選び方を、ご紹介していきます。

 

家でなかなか練習できない

本番ステージで叩くことになった!

ちゃんと上達していきたい

ご近所さんに、迷惑はかけられない

趣味で愉しく、続けていきたい

 

こんな方は、ぜひご参考ください。

特に、本番が決まってしまって、「練習しなきゃいけない!」という方は、チェックしてみて頂けたら幸いです。

 

ドラムの練習場所、個人での練習は、こうやって選ぼう!

それでは、実際にドラムの練習場所を、個人の練習の場所として、どんなところを選んだら良いのかについて、ご紹介をしてみたいと思います。

 

ドラムの練習場所って、どんなところがあるの?

それではまず、

「そもそも、ドラムの練習場所って、どんなところがあるの?」という、基本的な部分から、見ていきましょう!

 

ドラムの練習場所には、いくつかの種類があります。

ここでは、それらの特徴や、メリット、デメリットについて、ご紹介をいたします。

 

ドラムの練習場所、その1.防音スタジオ・レンタルスタジオ

ドラムの練習場所の一つとして、まずオススメなのが、この「防音スタジオ」です。

 

もちろん、「自宅に、それ、あります!」という方は、そこで練習していただくのが良いかなと思いますが・・・

なかなかご自宅に、ドラムセットの音量に耐えられる防音室をお持ちの方は少ないと思いますので、

基本は、「レンタルスタジオ」を、借りるようにしましょう。

レンタルスタジオというのは、リハーサルスタジオとも呼ばれたりしますが、

最初から、楽器演奏を想定している、レンタルスタジオの事です。

ですので、

 

基本的に、防音になっている

ドラムセットがおかれている場合が多い

防音になっていなくても、それなりに大きい音を出せる環境になっている

時間に応じて、料金がかかる

 

といった特徴があります。

 

特に最近では、YAMAHAや島村楽器などなど、大手の楽器店が運営するレンタルスタジオもあります。

レンタルスタジオというと、何だかアンダーグラウンドな雰囲気があって、

女性一人で入るのは、ちょっと・・という感じのところもありますが、

大手楽器店のレンタルスタジオは、とても清潔感があり、オススメです。

 

イオンモールの中に、島村楽器が入っていて、そこにレンタルスタジオもある!

というケースもあったりします。

 

そうすると、「お買い物ついでに、1時間くらい練習」という事もできますね(^^)

ですので、地元で探すというよりも、ショッピングモールや街の中心部など、少し離れた車で行くイメージで、お探しいただくのが良いのかなと思います。

 

ドラムの練習場所、その2.自治会館など、防音のない施設系


次に、地元の自治会館などなど、防音のない施設です。

 

防音のない施設の場合、そこでドラムセットを演奏するというのは、大丈夫なのか?

という疑問もあるかもしれませんが、中には、「防音じゃないけど、楽器練習OK!」という、自治会館も、あったりするのです。

 

メリットとしては、安い場合が多いです。

通常の防音のレンタルスタジオが、1時間500円くらいなのに対して、自治会館は、200円とか300円(あまり変わりませんが・・・)といった価格になっていたりします。

ただ、ほとんどの場合、ドラムセットは置いていません。

 

それとは全く逆のケースで、コンサートホールのリハーサル室を借りる、という方法もあったりします。

コンサートホールのリハーサル室は、とにかく広くて、防音もされていて、ドラムセットも置いてあることが多いです。

ですが、とんでもなく高いです。1時間2000円とか3000円とか・・・

 

ですので、あくまで防音のレンタルスタジオ以外の選択肢として、

そういった、地元の自治会館や、コンサートホールのリハーサル室もある、ということですね。

知識として覚えておいて頂くと、役立つ時がくるかも・・・?しれません(^^;)

ドラムの練習場所、その3.公園(笑)


番外編として、公園です(笑)

大きな公園はもちろん、川沿いのジョギングコースなどで、ドラムセットの練習をしている人が、たまにいます。

 

ただ、初心者の女性で、これはなかなか勇気が必要です。

少し音楽的な話をすると、反響するものがほとんどありませんので(橋の下の場合は別です)、

音の響き方が、スタジオなどの屋内と比べると、かなり違ってきます。

 

夏祭りなど、野外ステージで演奏される場合、

音が遠くへ飛んでいって、返ってこない、という感じになりますので、

外で練習をしていると、そういった感覚に慣れる・・・というメリットは、あるかもしれません。

 

 

ドラムの練習場所についての、考え方


さて、それでは次に、ドラムの練習場所についての考え方について、ご紹介をしてみたいと思います。

 

ドラムの練習というのは、

家では、スティックと練習パッドなどなどを使い、体の動きのパターンを覚える練習をする

月に1~2回、防音のレンタルスタジオを借りて、スティックの跳ね返る感じ(リバウンド)や、バスドラムペダル(足で踏むペダル)といった、楽器そのものの感覚を練習する

というように、

「体の大まかな動かし方」と、「楽器そのものの扱い方」と、分けて練習することで、効率よく上達していきます。

 

普段は家で練習し、月に1~2回、レンタルスタジオで練習する!

というペースでも、十分に上達をしていきます。

実際に、ぼくがレッスンをさせて頂いている、初心者の女性は、そういった形でドラムの練習をされていて、みなさん、上達されています。

 

そして、本番ステージが決まっていて、急がなくちゃいけない!

という場合は、レンタルスタジオへ行く回数を、月に1~2回から、週1~2回といったように増やすことで、上達スピードが上がっていくかと思います。

 

ドラムの練習場所の代表格「レンタルスタジオ」について、注意点

ドラムの練習場所として、代表格であるレンタルスタジオですが、

いくつか注意点がありますので、そちらをまとめておきたいと思います。

 

1.多くの場合、事前に予約が必要です(行ってそのまま、空いてますか?でも大丈夫な場合もあります)

2.ドラムのセッティングが、最初は分からない事もあるかと思いますので、店員さんに聞いてみるか、あるいは事前にお調べになる方が良いです。

3.お帰りになる際はm、セッティングを、来たときの状態に戻すのが、マナーとなっています。

4.基本、飲食は禁止です。

5.空調がありますので、事前にしっかりと温度調整しましょう。特に夏場は、脱水に注意です。

今回の記事のまとめ

さて今回は、ドラムの練習場所について、ご紹介をさせていただきました。

 

ドラム初心者の女性にとって、ドラムの練習場所を決めるのは、一つの大きな悩みの種になることも、あるかと思います。

 

ぜひ、車で行ける範囲内で、大手楽器店や、大手のレンタルスタジオといった、

清潔感があって、女性でも入りやすい練習場所を見つけて頂けたら幸いです。

 

こちらのブログでは、初心者の女性のための、ドラム基礎練習のメルマガも配信しておりますので、

女性のためのドラムの基礎練習について、ちょっと見てみたいな、という方は、

そちらにも、ぜひご登録くださいね!

女性のための、ドラム基礎練習メルマガ

【自宅リビングで、スティックだけでできる、ドラム初心者の女性のための基礎練習を配信中!】

//-//-//-//-//-//-//-//-//

男性と女性では、体格もライフスタイルも違います。

一般的なドラムの基礎練習は、ほとんどが「男性向け」です。

女性には、女性の体格やライフスタイルに合わせたドラムの基礎練習をする方が、楽しく、スムーズに上達します(^^)

この無料メルマガでは、そんな女性のためのドラム基礎練習を、お届けしています。

 

★無料メルマガにご登録いただきました方には、【ドラムを始めた初心者の女性のための、基礎練習の動画レッスン】をプレゼントさせていただいております。

ぜひ、お気軽にご登録ください^^

個人情報の管理・取扱いについて


ご記入頂いた個人情報は、メールマガジン配信その他当サイトのからのご案内のみに使用させていただくものです。

岡田以外の第三者が情報を閲覧、使用することは一切ありません。

詳しくはプライバシーポリシーをご覧下さい。当サイトのプライバシーポリシーはコチラ

 

女性のためのオンライン基礎練LIVE

【好きな曲が叩けるようになる!オンラインドラム基礎練習ライブ配信】

参加無料!

毎週月曜日15時半からライブ配信

自宅リビングで参加OK!

スティックなし、手ぶらでも参加OK!

後から録画版の視聴もOK!

 

基礎練習って、自分一人でやっていると、「これで合っているの・・・?」と、不安になったりしませんか?

そんなドラム初心者の女性のために、オンライン基礎練習LIVEを配信しています。

オンラインで一緒に練習してみませんか?(^^)

 

■女性のためのオンライン基礎練LIVEの詳細は、Facebookページ、Twitter、Instagramでお知らせしています。

ぜひお気軽にフォローしていただき、ライブにご参加くださいませ(^^)

 

・Facebookページ

女性のためのドラム練習ブログ
女性のためのドラム練習ブログ – 「いいね!」40件 · 2人が話題にしています – 憧れの曲が叩けるようになる!ドラム初心者の女性のための、ドラム練習ブログのFacebookページです。

 

・Instagram

女性のためのオンラインドラム練習サロン (@enjoy.beat) • Instagram photos and videos
9 Followers, 0 Following, 30 Posts – See Instagram photos and videos from 女性のためのオンラインドラム練習サロン (@enjoy.beat)

 

・Twitter

好きな曲が叩けるようになる!女性のためのオンラインドラム練習サロン(@go_okada_jp)さん | Twitter
好きな曲が叩けるようになる!女性のためのオンラインドラム練習サロン (@go_okada_jp)さんの最新ツイート。好きな曲が叩けるようになる、女性のためのオンラインドラム練習サロン【Enjoy Beat】は、

大人になってドラムを再開したい方や、昔から憧れていたドラムを始めてみたい方のために、女性に合ったドラム練習…

 

■ブログ執筆者について
プロドラマー/ドラム講師
プロドラマー/ドラム講師GO

【ブログ執筆者について】

■名前 岡田剛(オカダ ゴウ)

※配達の方に、よく「ツヨシさん、お届け物でーす」と間違えられてしまいますが(笑) 名前は「ゴウ」と読みます。

■お仕事 プロドラマー/ドラム講師

地元でドラム教室を始めたら、生徒さんの8割以上が女性という状況になる。

そんな女性メインのレッスンの中で「女性と男性では、教え方が違う」という事に気が付きはじめる。

そして、その違いの原因が、「体格とライフスタイル」であることにも気が付き、教え方を変えたところ・・・

短期間で上手になって「最近、ドラムが楽しくて仕方がないです!」という生徒さんが急増。

そんなレッスンの現場で得た経験を、ブログで公開していこうと思い、「女性のためのドラム練習ブログ」を立ち上げる。

■ブログをご覧いただきました方へのメッセージ

ドラムセットという楽器は、男性的なイメージがあります。

ですので、ドラムのレッスンは「男性向け」になってしまっていることもあります。

女性が、男性向けのレッスンでドラムを練習しても、上手くならなかったり、楽しくなかったりして、悩んでしまう事もあるかと思います。

このブログでは、そんな女性のライフスタイルや体格に合わせた、ドラムの練習方法をご紹介しています。

もし何かのお役に立てていただけたら嬉しいです(^^)

■ドラム歴 30年以上

・小学1年生の時に、初めてドラムを演奏。曲は、光GENJIさんの「パラダイス銀河」

・高校でブラスバンド部に入り、パーカッションと指揮者を担当。毎日、ドラムの練習をしていました。

・キャットミュージックカレッジ専門学校、演奏科ドラム専攻へ入学。首席で卒業。

■その他の音楽歴やプライベート

・二児のオトーサンです。

・ピアノ30年以上(ブラバン顧問の先生に「ピアノ弾けるなら打楽器をやれ!」と言われ、ドラムと長く付き合うことになりました。その理由は、またブログで…)

・作曲20年以上(Youtubeに、「赤ちゃんが寝る音楽」などアップさせていただいております)

プロドラマー/ドラム講師GOをフォローする
女性のためのドラムの基礎知識レッスン 女性のための、ドラムの始め方
プロドラマー/ドラム講師GOをフォローする
ドラム 練習 – 憧れの曲が叩けるようになる!女性のためのドラム練習ブログ
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました