ドラムの楽譜や記号の読み方 – ドラム初心者の女性のためのレッスン

女性のためのドラムの基礎知識レッスン

ドラムの楽譜や記号の読み方 – ドラム初心者の女性のためのレッスン

こんにちは。

オンラインドラム教室Enjoy Beatのドラム講師GOです^^

 

さて今日は、ドラムの楽譜や記号の読み方について、ご紹介をしてみたいと思います。

 

Youtubeに動画の方も公開していますので、

ぜひそちらも、ご覧になってみてくださいね~!

まずは、五線記譜法(ゴセン・キフホウ)についての、基本ルールからご紹介!

それでは今回のブログでは、ドラムの楽譜の読み方について、ご紹介をしてみたいと思います。

 

ドラムの楽譜は、ピアノやバイオリン、ギターと同じように、五線譜を使って書いていきます。

そこで、まずはその五線譜の基本ルールについて、ご紹介をしてみたいと思います。

 

五線譜というのは、正式名称は「五線記譜法」となります。

こんな感じの楽譜ですね。

ドラム 楽譜 読み方

これはもう、見たことある!という方がほとんどではないかなと思います。

そして、こうやって縦線を入れると、その縦線で区切られた部屋が、「小節」ということになります。

ドラム 楽譜 読み方

 

音部記号について

次に、この5本の線の意味ですが、これはピアノやギターの場合、「音の高さ」を意味します。

上に行けばいくほど、音が高くなり、下に行けばいくほど、音が低くなります。

・・・と、言っても、どの線がどの音になるの?というのが分からないので、

それを決める記号が「音部記号(オンブキゴウ)」になります。

 

ト音記号や、ヘ音記号などが、有名ですね!

こんな感じの、アレです。

ドラム 楽譜 読み方

 

ですが、ドラムセットの場合は、そもそもドレミなどの音の高さがありませんので、

音部記号の部分には、こんな記号が書かれたりします。

四角や、縦の2本の線とかですね。

ドラム 楽譜 読み方

拍子記号について

次に拍子記号です。

こんな、分数が書いてあるのを、見たことがありませんか?

ドラム 楽譜 読み方

これは、その楽譜が「1小節に、どれだけ音を書くんですか?」というルールを決める記号となります。

 

4/4拍子だと、1小節に、4分音符4個分が入りますよ~

という事になります。

ドラム 楽譜 読み方

 

3/8拍子の場合、1小節に、8分音符3個分が入りますよ~

ということですね!

ドラム 楽譜 読み方

 

ちなみに、4/4拍子は「C」と表記されることもあります。

これは、アルファベットのCではなく、「半円」を意味するのですが、その由来は、ちょっとヤヤこしいので、またの機会に・・・。

ドラム 楽譜 読み方

ドラムならではの、五線譜の読み方についてご紹介!

それでは次に、五線譜の、どこに音を書くと、どの音になるのか?について、ご紹介をしてみたいと思います。

 

中には例外もあったりします。

特に、楽譜を作る楽譜作成ソフトや、DAWなどの作曲ソフトによっては、ちょっと表記が違う場合もありますので、

ここでは「ここに表記されることが多いですよー」という内容を、まとめてご紹介してみたいと思います!

 

バスドラムは、五線譜ではココ

バスドラムは、五線譜ではココに表記されます。

これはほとんど、例外がありません。

ドラム 楽譜 読み方

スネアドラムは、五線譜ではココ

スネアドラムは、五線譜ではココに表記されます。

これも、ほとんど例外がありません。

ドラム 楽譜 読み方

ハイハットシンバルは、五線譜ではココ

ハイハットシンバルは、五線譜ではココに表記されます。

これもあまり例外はありません。

 

ただ、オープンハイハットを表記する時は、ちょっとパターンがあったりします。

 

オタマジャクシと、ペケポンの違いについて

ちなみにですが、ドラムの楽譜について、

基本的に「革が張ってある楽器」は、オタマジャクシで表記され、

「金属系の楽器」は、ペケポンで表記されたりします。

 

じゃ、クラベスやカウベル、タンバリンはどうなんだ?というのがありますが、

これは、いくつかパターンがあります。

たとえば、そもそもタンバリンのパート譜ということで、タンバリンしか表記されない楽譜は、オタマジャクシで書かれることが多いです。

一方、ドラムセットの中に組み込まれるタンバリンは、こんな表記がされることもあります。

ドラム 楽譜 読み方

ただ、こういう場合は、「タンバリン」と書いてあることがほとんどです。

 

ライドシンバルは、五線譜ではココ

ライドシンバルは、五線譜ではココに表記されます。

これはけっこう、例外が多いです。

ポイントとしては「なんかリズムを刻んでいる風」の楽譜で、

ハイハットと違う部分に表記されていたら、ライドシンバルだと思う。

という感じです(苦笑)

 

クラッシュシンバルは、五線譜ではココ

クラッシュシンバルは、基本的には、ココに表記されます。

ただ、非常に例外が多いです。

ドラム 楽譜 読み方

ココとか、ココにも書かれるケースがあります。

ドラム 楽譜 読み方

それに加えて、クラッシュシンバルって、左右に2枚セットされている場合も多いですよね。

 

じゃ、これ、どっち叩けばいいの?という疑問をお持ちの方もおられるのではないかと思います。

そこで次に、クラッシュシンバルの楽譜の表記と、表現について、ご紹介をしてみたいと思います。

 

クラッシュシンバルは、左右に2枚あるけど、どっちを叩けばいいの?!

それでは、ここでちょっと、クラッシュシンバルを含めた、「エフェクト系のシンバル」について、

楽譜をどう読んだら良いのか?について、ご紹介をしてみたいと思います。

 

まず、エフェクト系のシンバルには、こんな種類のものがあります。

クラッシュシンバル

スプラッシュシンバル

チャイナシンバル

代表的なものでは、こんな感じですね。

 

ですが、楽譜の表記については、結構な例外や、「ユレ」があったりします。

特に、初心者の女性が「んんん?!」となるのが、クラッシュシンバルです。

 

クラッシュシンバルって、左右に2枚セットされていたりします。

その時、楽譜には一つしか表記されていない場合もあるのですね。

楽譜では、こんな感じです。

ドラム 楽譜 読み方

これは、先に回答をご紹介しますと、「どっちでも良い」という場合が多いです(笑)

 

つまり、その時に叩きやすい方を叩く、ということですね。

たとえばタム回しをしていて、最後がフロアタムとなっていて、次にクラッシュを打つ場合、

右側にあるクラッシュの方が打ちやすいですので、右側のクラッシュを叩けばOK!

という感じです。

 

ですので、クラッシュシンバルというのは、基本的に、

その時に、叩きやすい方の側のクラッシュを叩く!

ということになります。

 

ただ、クラッシュシンバルは、左右でインチが違う場合も多いです。

左が16インチ、右が18インチだったりするのですね。

 

そうすると、同じクラッシュシンバルなのに、

サウンドが左右で違うという事になります。

 

ですので、楽譜には同じように表記されるクラッシュシンバルですが、

その時に表現したい方のクラッシュを打つ

という考え方でも、OKです。

 

 

この曲のシーンでは、こっち側の方が合うな~、

という場合は、そっち側のクラッシュを打つ、という感じですね。

 

タム系の表記について

タム系の表記は、基本はこうなります。

ドラム 楽譜 読み方

ですが、タムって、ドラムセットという楽器が持つ、特殊な事情があります。

それは、人によってセットの内容が違う!ということです。

その辺りについて、次に詳しくご紹介をしてみたいと思います。

 

 

ドラムセットは、人によってセット内容が違う!

たとえば、こんな楽譜があったとします。

タム回しのフィルインですね。

ドラム 楽譜 読み方

でももし、使っているドラムセットが、いわゆる「1タム1フロア」だった場合、

どうしたら良いの?という疑問が出てきます。

 

特に女性は、「楽譜通りにやらなくちゃ!」とお考えになる方も多く、

そうすると、「これってどうしたら良いの!?」と、練習が止まってしまう事もあるのですね。

 

これは、ドラムセットという楽器ならではの特殊な事情ですね。

ピアノやバイオリン、ギターと違って、ドラムセットという楽器は、そもそも使っているセット内容が、人によって違うことが多いのです。

その中で、個人によって大きく違うのが、シンバル系とタム系なのですね。

 

特にタムは、2タムの方と、1タムの方で、大きく分かれたりもしますし、

フロアタムを2台以上セットする方もおられます。

タムタムも、3つ以上をセットする方もおられるのですね。

 

その時、楽譜に表記されている内容を演奏する時に、どうしたら良いのかと言うと、

動画内でもお話していますが、「好きなようにやったらいい」という事になります。

 

この部分について、もっと具体的にご紹介をしてみたいと思います。

 

原曲へのリスペクトと、自分の表現をミックスして、アレンジする!

先ほどのフィルインですが、これは、2タム1フロアを想定して書かれた楽譜です。

ドラム 楽譜 読み方

でも、自分が持っているドラムは、1タム1フロア。

そんな時、もし練習している曲の、その楽譜の部分が、音楽的に、

「高い方のタムで演奏した方が、曲に合う」

と感じる場合は、楽譜をこうアレンジして演奏すれば、OKです。

逆に、「低いタムの方が合うかも!」という場合は、こうですね。

つまり、叩くタムは変えるのですが、

原曲へのリスペクトの部分として、リズムは変えていない、

という感じです。

 

もちろん、決してリズムを変えてはならないという意味では、全くありません。

あくまで一例です。

 

ドラムセットという楽器は、先ほどもご紹介させていただきました通り、

お一人お一人、使っている楽器の環境が異なる・・・という特徴がある楽器なのです。

 

さすがに、バスドラム、スネアドラム、ハイハットは共通していると思いますが、

それ以外は、人によって違うのが当たり前、というのがドラムセットの特徴なのですね(^^)

 

ドラムの楽譜や記号の読み方 – ドラム初心者の女性のためのレッスン まとめ

さて今回は、ドラムの楽譜や記号の読み方について、ご紹介をさせていただきました。

 

ドラムセットという楽器は、「人によってセットの内容が違う」という、

他の楽器とは違った特徴がありますので、

「あまり楽譜にガチガチに縛られることなく、原曲をリスペクトしながら、

自分の使っているドラムに合わせて、自分なりの表現でアレンジして叩く」

というのが、当たり前のように要求されます。

 

ですので、基本は「自由にやってOK!でも、原曲へのリスペクトは忘れない!」

という感じです(^^)

 

ぜひ、そのことを頭の片隅において頂きつつ、

練習を進めてみていただければと思います!

女性のための、ドラム基礎練習メルマガ

【自宅リビングで、スティックだけでできる、ドラム初心者の女性のための基礎練習を配信中!】

//-//-//-//-//-//-//-//-//

男性と女性では、体格もライフスタイルも違います。

一般的なドラムの基礎練習は、ほとんどが「男性向け」です。

女性には、女性の体格やライフスタイルに合わせたドラムの基礎練習をする方が、楽しく、スムーズに上達します(^^)

この無料メルマガでは、そんな女性のためのドラム基礎練習を、お届けしています。

 

★無料メルマガにご登録いただきました方には、【ドラムを始めた初心者の女性のための、基礎練習の動画レッスン】をプレゼントさせていただいております。

ぜひ、お気軽にご登録ください^^

個人情報の管理・取扱いについて


ご記入頂いた個人情報は、メールマガジン配信その他当サイトのからのご案内のみに使用させていただくものです。

岡田以外の第三者が情報を閲覧、使用することは一切ありません。

詳しくはプライバシーポリシーをご覧下さい。当サイトのプライバシーポリシーはコチラ

 

女性のためのオンライン基礎練LIVE

【好きな曲が叩けるようになる!オンラインドラム基礎練習ライブ配信】

参加無料!

毎週月曜日15時半からライブ配信

自宅リビングで参加OK!

スティックなし、手ぶらでも参加OK!

後から録画版の視聴もOK!

 

基礎練習って、自分一人でやっていると、「これで合っているの・・・?」と、不安になったりしませんか?

そんなドラム初心者の女性のために、オンライン基礎練習LIVEを配信しています。

オンラインで一緒に練習してみませんか?(^^)

 

■女性のためのオンライン基礎練LIVEの詳細は、Facebookページ、Twitter、Instagramでお知らせしています。

ぜひお気軽にフォローしていただき、ライブにご参加くださいませ(^^)

 

・Facebookページ

女性のためのドラム練習ブログ
女性のためのドラム練習ブログ – 「いいね!」43件 – 憧れの曲が叩けるようになる!ドラム初心者の女性のための、ドラム練習ブログのFacebookページです。

 

・Instagram

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

 

・Twitter

ドラマー/ドラム講師GO(@go_okada_jp)さんはTwitterを利用しています

 

■ブログ執筆者について
プロドラマー/ドラム講師
プロドラマー/ドラム講師GO

【ブログ執筆者について】

■名前 岡田剛(オカダ ゴウ)

※配達の方に、よく「ツヨシさん、お届け物でーす」と間違えられてしまいますが(笑) 名前は「ゴウ」と読みます。

■お仕事 プロドラマー/ドラム講師

地元でドラム教室を始めたら、生徒さんの8割以上が女性という状況になる。

そんな女性メインのレッスンの中で「女性と男性では、教え方が違う」という事に気が付きはじめる。

そして、その違いの原因が、「体格とライフスタイル」であることにも気が付き、教え方を変えたところ・・・

短期間で上手になって「最近、ドラムが楽しくて仕方がないです!」という生徒さんが急増。

そんなレッスンの現場で得た経験を、ブログで公開していこうと思い、「女性のためのドラム練習ブログ」を立ち上げる。

■ブログをご覧いただきました方へのメッセージ

ドラムセットという楽器は、男性的なイメージがあります。

ですので、ドラムのレッスンは「男性向け」になってしまっていることもあります。

女性が、男性向けのレッスンでドラムを練習しても、上手くならなかったり、楽しくなかったりして、悩んでしまう事もあるかと思います。

このブログでは、そんな女性のライフスタイルや体格に合わせた、ドラムの練習方法をご紹介しています。

もし何かのお役に立てていただけたら嬉しいです(^^)

■ドラム歴 30年以上

・小学1年生の時に、初めてドラムを演奏。曲は、光GENJIさんの「パラダイス銀河」

・高校でブラスバンド部に入り、パーカッションと指揮者を担当。毎日、ドラムの練習をしていました。

・キャットミュージックカレッジ専門学校、演奏科ドラム専攻へ入学。首席で卒業。

■その他の音楽歴やプライベート

・二児のオトーサンです。

・ピアノ30年以上(ブラバン顧問の先生に「ピアノ弾けるなら打楽器をやれ!」と言われ、ドラムと長く付き合うことになりました。その理由は、またブログで…)

・作曲20年以上(Youtubeに、「赤ちゃんが寝る音楽」などアップさせていただいております)

プロドラマー/ドラム講師GOをフォローする
女性のためのドラムの基礎知識レッスン ドラムの楽譜、音符の読み方
プロドラマー/ドラム講師GOをフォローする
ドラム 練習 – 憧れの曲が叩けるようになる!女性のためのドラム練習ブログ
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました