ドラムの基礎練習、初心者の女性にオススメの家でできるドラム基礎練習5選

女性のためのドラム基礎練習メニュー

ドラムの基礎練習、初心者の女性にオススメの家でできるドラム基礎練習5選

こんにちは。

オンラインドラム教室Enjoy Beatのドラム講師GOです^^

 

さて今日は「ドラムの基礎練習、初心者の女性にオススメの家でできるドラム基礎練習5選」という内容について、ご紹介をしてみたいと思います。

 

Youtubeに動画の方も公開していますので、

ぜひそちらも、ご覧になってみてくださいね~!

※動画は6本に分かれています。再生リストで【1】~【6】までご覧いただけますので、よろしければご参考ください。

ドラムの基礎練習、初心者の女性は何からやったら良いの?

ドラムの基礎練習って、初心者の女性の方は特に、「何からやったら良いの?!」と、迷ってしまいますよね。

実は、ある程度のレベルになっても、「結局、基礎練習って何をやったら良いんだろう?」という状態が、続いてしまうこともあるのです。

 

そこで今回は、自分自身も「基礎練習って、どうしたら良いの?」と、イマイチすっきりとしない状態が、長く続いたという経験を持つプロドラマーが、

基礎練習って、こう考えたら良いかも

という、基礎練習の「考え方」と「メニュー」について、ご紹介をしたいと思います。

 

誰もがハマってしまう、ドラムの基礎練習のワナ

ドラムの基礎練習は、実は知らず知らずのうちに、ワナにはまってしまっている方が多いのです。

たとえば、「速打ち」と呼ばれる練習があります。

楽譜で言うと、こんな感じですね。

この基礎練習の目的は・・・一体、なんだと思いますか?

 

「え?そりゃ、速く打てるようにするための練習なんじゃないの?!」

と思われるかもしれませんが、最も大切な目的は「余計なチカラを抜く事」だったりするのです。

 

ちょっと揚げ足取りのように聞こえてしまうかもしれませんが、

速く打とうとすると、リバウンド(打った後にスティックが跳ね返ってくること)や、フィンガーコントロール(指でスティックの動きを制御すること)を、考えていく必要があります。

そして、そのためには「余計なチカラを抜く事」が、カギとなってくるのですね

そのため、この「速打ち」という練習は、余計なチカラを抜くことで、打てる速さを速くしつつ、

さらには、左右で均等に、テンポも大きく崩れないように、叩けるようなっていく。

というのが、目的となるのです。

 

ですが、この考え方を理解しないまま、ただ速く打つために練習をしていると・・・

「腕が腱鞘炎みたいになってしまった・・・」

「指が痛い!」

「ドタバタとした感じで、左右で均等にタタタタタ…と打てていない」

などなど、ちょっと本末転倒のような事になってしまう場合も多いのです。

 

ドラムの基礎練習は、こうやって考えたらOK!

ドラムの基礎練習は、まず最初に、「あなたは、どうなりたいのか?」という、

自分自身のやりたい事、なりたい姿が、スタート地点となります!

 

たとえば、

「ドラマの主題歌で人気だった、あの曲を叩けるようになりたい!」

「スタジオミュージシャンのような、プロドラマーになりたい!」

「ゲーム音楽を、激しく叩けるようになりたい!」

といった、自分のやりたい事、なりたい姿が、ハッキリしていればハッキリしているほど、

必要が基礎練習が、具体的に決まっていきます。

 

その中で、「ドラマーとして、全員がこれをやっておいた方が良いんじゃないかな?」

というものが、本当の基礎の中の基礎練習、といったポジションになります。

 

腕や足が痛い!?ドラムの基礎練習をやる時間は、どれくらいが良いの?

ドラムの基礎練習には、もう一つ、考えたいポイントがあります。

それは、「練習時間」です。

 

ここにも大きな落とし穴がポッカリと空いているのですが・・・

多くの方は、「長くやればやるほど、良いのでは?」と考えます。

 

ですがこれは、ちょっと言葉が足りない印象なのですね。

というのは、どういう事かと言うと、「長くやるほど、良いのでは?」というのは、

一日の中での時間を指していると思うのです。

 

つまり、5分より10分、10分より15分、練習する方が良い、という考え方です。

これも間違いではないのですが・・・

 

本当は、「1ヶ月より2ヶ月、2ヶ月より3ヶ月・・・1年より2年、10年より20年・・・」

という時間の感覚で、「長くやればやるほど、良い」という考え方をしている方が、良いかと思います。

 

つまり、一日たった5分の練習でも、それを1週間、1ヶ月、1年と続けることで、

シッカリとした背骨が備わった、良いドラマーになっていくと感じます。

 

 

ドラムの基礎練習、家で、スティックだけで、パッドも無しでできる基礎練習メニュー

それではここからは、ドラムの基礎練習について、

家で、スティックだけで、パッドも無しでできる基礎練習について、ご紹介をしていきます。

 

ドラムの基礎練習は、まず大きく2種類に分かれます。

腕や足の「動き」をトレーニングするための基礎練習

スティックのリバウンドや、ペダルなど、楽器の操作をトレーニングするための基礎練習

この2つです。

 

もちろん、厳密にハッキリと分けることはできません。

スティックやペダルといった、楽器を扱うトレーニングと、手足の動きとレーニングは、

滑らかに繋がってるものだからです。

 

ですが、家でスティックだけで練習する際には、

「今、自分は、手足の基本的なリズムの動きを練習しているんだ」

と意識することで、

実際にドラムセットに座った時、「よし、ここからはスティックやペダルの操作をトレーニングしよう」と意識できるようになります。

 

その結果、「ドラムに座った時の違和感」が、スムーズに解消されて、上達に繋がっていくのですね。

ドラムの基礎練習1、まずは1発打ちをやってみましょう

ドラムの基礎練習として、まずはメトロノームに合わせて、1発打ちと呼ばれる練習をします。

四分音符で、左右交互に打っていく練習ですね。

楽譜はこんな感じです。

なるべく、メトロノームとズレないように練習してみましょう。

 

ドラムの基礎練習2、チェンジアップをやってみよう

続いて、ドラムの基礎練習として、とても有名な「チェンジアップ」です。

楽譜は、こんな感じですね。

テンポは、60くらいから始めてみましょう。

速く叩けるようになる必要はありません。

どちらかと言うと、三連符から十六分音符への切り替えなど、「切り替えをしっかりとやる!」

という意識で練習される方が、良いです!

 

ドラムの基礎練習3、速打ちをやってみよう

こちらは、先ほどもご紹介しました「速打ち」です。

ポイントは、「余計なチカラを抜くこと」です。

テンポを速くしていくと、指や手首、腕にチカラが入っていって、

ヒジが左右に張って出てしまったり、小指が立ったりと、

「イイイイイ~~~!!」ってなってるなぁ、というのが傍からもわかる感じになっていってしまうかと思います。

 

そうならないように、余計な力みを取って、

リバウンドとフィンガーコントロールで打てるようにしていく、という感じの練習ですね。

ドラムの基礎練習4、アクセントをつけてみよう

次が、アクセント移動です。

これも、ドラムの基礎の中の基礎練習となります。

 

楽譜はこんな感じです。

アクセント移動も、テンポ60くらいから、ゆっくりとやってみてください。

 

特に、2段目と4段目は、左手でアクセントを打つことになりますので、

最初は違和感があるかと思いますが、

タイミングが遅れたりしないように、しっかりと打てるように意識してみていただければと思います。

 

ドラムの基礎練習5、シンプルな8ビートを叩いてみよう

ドラムの基礎練習の5つ目は、リズムパターンの練習です。

最も基本的なパターンと言われている、こちらの8ビートを練習してみましょう。

テンポは、80くらいから120の間でやってみるのが良いと思います。

慣れてきたら、138や152といった速さでもチャレンジしてみてください(^^)

 

今回のまとめ

さて、今回はドラムの基礎練習について、まとめてみました。

 

そもそもの基礎練習に対する考え方から、ご紹介をさせていただきましたが、

ドラムを始めた初心者の女性の方に、ご参考いただければ幸いです。

 

特に女性の方は、お仕事をされていたり、子育てや家事で時間が取りにくい方も多いかと思います。

 

ですので、その短い練習時間の中で、「自分がやっている練習って、合っているの?」

というご不安もあるかと思いますが、

そんな方のために、「動画で、一緒に基礎練習しよう!」という動画配信も行っております(^^)

 

もし、「自分のこの練習って、合ってるのかなぁ」とご不安な方は、

ぜひ一緒に、基礎練習をやってみませんか?

詳しくは、無料メルマガにご登録いただくか、FacebookページやInstagram、Youtubeなどをご覧いただければと思います^^

女性のための、ドラム基礎練習メルマガ

【自宅リビングで、スティックだけでできる、ドラム初心者の女性のための基礎練習を配信中!】

//-//-//-//-//-//-//-//-//

男性と女性では、体格もライフスタイルも違います。

一般的なドラムの基礎練習は、ほとんどが「男性向け」です。

女性には、女性の体格やライフスタイルに合わせたドラムの基礎練習をする方が、楽しく、スムーズに上達します(^^)

この無料メルマガでは、そんな女性のためのドラム基礎練習を、お届けしています。

 

★無料メルマガにご登録いただきました方には、【ドラムを始めた初心者の女性のための、基礎練習の動画レッスン】をプレゼントさせていただいております。

ぜひ、お気軽にご登録ください^^

個人情報の管理・取扱いについて


ご記入頂いた個人情報は、メールマガジン配信その他当サイトのからのご案内のみに使用させていただくものです。

岡田以外の第三者が情報を閲覧、使用することは一切ありません。

詳しくはプライバシーポリシーをご覧下さい。当サイトのプライバシーポリシーはコチラ

 

女性のためのオンライン基礎練LIVE

【好きな曲が叩けるようになる!オンラインドラム基礎練習ライブ配信】

参加無料!

毎週月曜日15時半からライブ配信

自宅リビングで参加OK!

スティックなし、手ぶらでも参加OK!

後から録画版の視聴もOK!

 

基礎練習って、自分一人でやっていると、「これで合っているの・・・?」と、不安になったりしませんか?

そんなドラム初心者の女性のために、オンライン基礎練習LIVEを配信しています。

オンラインで一緒に練習してみませんか?(^^)

 

■女性のためのオンライン基礎練LIVEの詳細は、Facebookページ、Twitter、Instagramでお知らせしています。

ぜひお気軽にフォローしていただき、ライブにご参加くださいませ(^^)

 

・Facebookページ

女性のためのドラム練習ブログ
女性のためのドラム練習ブログ – 「いいね!」40件 · 2人が話題にしています – 憧れの曲が叩けるようになる!ドラム初心者の女性のための、ドラム練習ブログのFacebookページです。

 

・Instagram

女性のためのオンラインドラム練習サロン (@enjoy.beat) • Instagram photos and videos
9 Followers, 0 Following, 30 Posts – See Instagram photos and videos from 女性のためのオンラインドラム練習サロン (@enjoy.beat)

 

・Twitter

好きな曲が叩けるようになる!女性のためのオンラインドラム練習サロン(@go_okada_jp)さん | Twitter
好きな曲が叩けるようになる!女性のためのオンラインドラム練習サロン (@go_okada_jp)さんの最新ツイート。好きな曲が叩けるようになる、女性のためのオンラインドラム練習サロン【Enjoy Beat】は、

大人になってドラムを再開したい方や、昔から憧れていたドラムを始めてみたい方のために、女性に合ったドラム練習…

 

■ブログ執筆者について
プロドラマー/ドラム講師
プロドラマー/ドラム講師GO

【ブログ執筆者について】

■名前 岡田剛(オカダ ゴウ)

※配達の方に、よく「ツヨシさん、お届け物でーす」と間違えられてしまいますが(笑) 名前は「ゴウ」と読みます。

■お仕事 プロドラマー/ドラム講師

地元でドラム教室を始めたら、生徒さんの8割以上が女性という状況になる。

そんな女性メインのレッスンの中で「女性と男性では、教え方が違う」という事に気が付きはじめる。

そして、その違いの原因が、「体格とライフスタイル」であることにも気が付き、教え方を変えたところ・・・

短期間で上手になって「最近、ドラムが楽しくて仕方がないです!」という生徒さんが急増。

そんなレッスンの現場で得た経験を、ブログで公開していこうと思い、「女性のためのドラム練習ブログ」を立ち上げる。

■ブログをご覧いただきました方へのメッセージ

ドラムセットという楽器は、男性的なイメージがあります。

ですので、ドラムのレッスンは「男性向け」になってしまっていることもあります。

女性が、男性向けのレッスンでドラムを練習しても、上手くならなかったり、楽しくなかったりして、悩んでしまう事もあるかと思います。

このブログでは、そんな女性のライフスタイルや体格に合わせた、ドラムの練習方法をご紹介しています。

もし何かのお役に立てていただけたら嬉しいです(^^)

■ドラム歴 30年以上

・小学1年生の時に、初めてドラムを演奏。曲は、光GENJIさんの「パラダイス銀河」

・高校でブラスバンド部に入り、パーカッションと指揮者を担当。毎日、ドラムの練習をしていました。

・キャットミュージックカレッジ専門学校、演奏科ドラム専攻へ入学。首席で卒業。

■その他の音楽歴やプライベート

・二児のオトーサンです。

・ピアノ30年以上(ブラバン顧問の先生に「ピアノ弾けるなら打楽器をやれ!」と言われ、ドラムと長く付き合うことになりました。その理由は、またブログで…)

・作曲20年以上(Youtubeに、「赤ちゃんが寝る音楽」などアップさせていただいております)

プロドラマー/ドラム講師GOをフォローする
女性のためのドラム基礎練習メニュー
プロドラマー/ドラム講師GOをフォローする
ドラム 練習 – 憧れの曲が叩けるようになる!女性のためのドラム練習ブログ
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました