ONE OK ROCK Wherever you are – ドラム初心者の女性のためのレッスン

ドラム初心者の女性のための、シンプル化アレンジ

ONE OK ROCK Wherever you are – ドラム初心者の女性のためのレッスン

こんにちは。

オンラインドラム教室Enjoy Beatのドラム講師GOです^^

 

さて今日は、ONE OK ROCKさんの「Wherever you are」を選んでみました!

初心者の女性が、この曲を、楽しくドラムで演奏できるようになるには、

どんな感じで練習を進めていけば良いの?という事について、ご紹介をしてみたいと思います。

 

そして、いつも前置きとして書かせていただいておりますのが、

オンラインドラム教室【Enjoy Beat】では、

1.ドラム初心者の女性が、できるだけ早く、曲に合わせて楽しく演奏できるようになるように!

2.お一人お一人のレベルアップにもつながる課題も盛り込む!

3.原曲の持つノリや雰囲気をキープしつつ、経験値に合わせてアレンジ!

という形でレッスンを行っております。

 

原曲通りの楽譜を、忠実に再現していくという形とは少し違いますので、

その部分については、事前にチェックしていただければと思います!

 

Youtubeに動画の方も公開していますので、

ぜひそちらも、ご覧になってみてくださいね~!

 

ONE OK ROCKのWherever you areは、ロック系バラードの楽曲!テンポはゆっくり目だけど・・・


さて今回、お届けをしていく動画は、ONE OK ROCKさんの、Wherever you areという曲ですね!

ドラムをやってみたい、という女性の方の中には、アップテンポの曲や、激しめの曲をやってみたい、という方もおられるかと思いますが、

こういった有名な曲で、なおかつミディアムテンポのバラードを叩いてみたいという女性も、多いのではないかと思います。

 

実は、今回のようなミディアムテンポの曲の方が、良い練習になったりする事も多いですので、ワンオク好きの方や、バラードに興味をお持ちの方に、

ご参考いただければと思います。

 

進めていくポイントは、

Aメロの、ちょっと特殊なリズムパターン

サビ前のフィルイン

サビのリズムパターン

サビ内の3連携フィルイン

Cメロの、高速連打タム回しパターン

これらをご紹介していきたいと思います(^^)

 

Aメロのパターンは、4拍目のスネアを抜いた特殊パターン

さて、まず本題に入る前に、最初の部分はドラムがありませんよね。

ですので、音楽に合わせて自分一人で演奏を楽しむ際は、そのまま何も叩かなくてもOKなのですが、

もし、何人かとバンドで演奏するよ!という場合は・・・

2拍目と4拍目に、ハイハットでちょっとビートを出してあげる事で、まとまりやすくなる事があります。

もしよろしければ、何かの参考にしてみてくださいね(^^)

 

 

それでは本題ですが、Aメロの2巡目から入って来るドラムのパターンは、

こんな楽譜になっています。

4拍目にスネアドラムが入っていないんですね。

一般的な8ビートだと、4拍目にもスネアが入ります。

ですが、この曲では、あえてその音を抜いているのです。

 

これには、いくつか理由があるかなと思いますが、

動画内でもお話をさせて頂いております通り、僕個人の印象としては、

歌をしっかり聴いて欲しいということで、あえて抜いているのかなと感じた次第です。

 

さて、このAメロのパターンなのですが、

ずっと上記の楽譜のようなパターンが続くのではなく、ところどころ、タムを入れるといったパターンが入っていますね。

ですので、もしできるようであれば、そういったタムを入れる、以下の楽譜のようなパターンも、入れていくと良いかもしれません。

ただ、初心者の女性がこの曲を演奏する上では、最初の楽譜を、まずは練習していただけると良いかなと思います。

 

サビの前のフィルインは、シンプル×リズム系の、練習にもってこいのパターン!

 

それでは次に、サビ前のフィルインですが、こんな楽譜になっています。

2小節にわたる、長めのフィルインとなっていますが、

特に練習になるのは、2小節目かなと思います。

 

1小節目は、右手がフロアタム、左手がスネアドラム、それにバスドラムを加えて、

8分音符で8発叩くという形ですね。

 

2小節目が、いくつかのリズムを組み合わせたフィルインとなっており、

単純にタムを回していくだけのパターンとは、少し違っています。

 

これは、そのままいきなり練習してみても良いのですが、

もし難しければ、まず、リズムだけを取り出して練習されると良いかなと思います。

楽譜にすると、こんな感じですね。

練習のポイントとしては、1拍ごとにリズムパターンが変わりますので、

それにしっかり対応して叩く、という部分になるかなと思います。

 

このフィルインを、しっかりとリズムに乗せて叩く事で、

サビに向けてどんどん盛り上がっていきますので、とても良い感じになるかなと思います。

 

もう一点、1小節目のフィルインですが、

単純に、8分音符を8発、叩くのではなくて、

だんだんと音量を上げていきながら叩いてみるのも良いかなと思います。

こういった、音をだんだんと強くする事を、クレッシェンドと呼んだりするのですが、

サビに向けて盛り上がるシーンですので、「だんだんと音を強くしていく」と奏法も、

すごく合うのではないかなと思います。

サビの途中で登場する、3連携のフィルインをやってみよう!

それで続いて、サビの中で登場する3連符系(6連系)のフィルインについて、ご紹介をしていきたいと思います。

動画の中では、やたらとミスショットをしてしまっておりますが・・・(汗)

原曲に近い感じにすると、このような楽譜になります。

このパターンについては、動画内でもご紹介をしております通り、

最初は3連系だったフィルインが、途中から16分や8分に戻るパターンということになりますので、

ちょっと難易度が上がる感じになります。

 

ですので最初、この部分を練習する際は、 全て3連符系で埋めてしまうのが良いのではないかなと思います。

全てを3連符系(6連符)で埋めると、こんな感じの楽譜になります。

 

このパターンを練習する上でのコツは、まずこの3連符系のフィーリングに慣れる事・・・

かなと思います。

普段からシャッフル系のリズムを良く練習される方でしたら、3連符系のフィルインに、すでに馴染んでおられると思いますので、

そのままスッとできるのではないかなと思いますが、

普段、8ビート系や16ビート系をよく練習されている方は、この3連系のフィルインは、「んんん!?」となることも、多いのですね。

 

ですので、チェンジアップで、16分音符の後に、6連符を加えてみるなどして、

基礎練習を多めに練習されると良いかなと思います。

楽譜は、このような感じですね。

サビは、ゴースト系の音が入ったパターン!

それでは、サビのリズムパターンへと入っていきましょう。

 

ここは・・・ちょっとだけ迷いました。

というのは、シンプルな8ビートを叩けたら、それで一応は曲に合うからです。

こんな感じの楽譜のパターンですね。

この楽曲は、サビのリズムパターンよりも、3連携のフィルインなど、

他に「この曲ならでは」の練習ポイントがありますので、

そちらにチカラをかける感じの方が良いかな、と思ったのですね。

 

ですが、やっぱり、サビのパターンもすごく練習になりますので、

ご紹介をさせて頂くことにいたしましたm(_ _)m

 

まず、楽曲のノリに近い感じのパターンをご紹介すると、

こんな感じの楽譜になります。

 

頭にバスドラが2発入っているんですね。

このパターンは、意外に珍しかったりもしますので、良い練習になるかと思います。

 

そして、このサビのリズムパターンで最も特徴的なのは、ゴースト系の音が入っていることです。

楽譜にすると、こんな感じになります。

 

これは、動画内でも解説をさせて頂いておりますが、

リズムのノリを、少し横に揺れる感じを出したい・・・という意図があるのかも?という印象があります。

と言うのも、このゴーストノートの音が全くないと、リズムがすごく縦に切れる感じがしてしまうのですね。

 

この曲は、歌をしっとりと聴かせたいバラードという事で、あまり縦に切れるリズムではなく、

ゴーストを入れて、横に揺れる感じを出しているのかなと感じます。

 

 

練習の方法としましては、まずハイハットとスネアだけで練習をして、

左右の手がどういった形で動いているのかを、じっくりと整理してみていただければと思います。

その上で、足を入れていくという感じですね!

 

この曲、最大の難所!32分音符の高速連打系タム回しにチャレンジしてみましょう!

それでは最後に、この曲の最大の難所である、高速連打系のタム回しについて、ご紹介をしてみたいと思います。

 

動画の中で、ちょっと「何言ってるかワカラナイ」的な解説をしてしまっておりますが(苦笑)

まずは楽譜ですが、こんな感じになります。

 

真っ黒ですね。

 

これは何をやっているのかと言うと、Enjoy Beatでご紹介している基礎練習の中に「速打ち」という練習があります。

これは、たとえばテンポ160で、16分音符を打っていく…という練習法です。

楽譜にすると、こんな感じですね。

この練習は、初心者の方はまずできない・・・という内容になっています。

ですので最初はまず、テンポを120くらいに落として、スタートしていくのですね。

そして、徐々に慣れてきたら、だんだんとテンポを上げていきます。

 

・・・それでですね、話をこの曲に戻しますが、

この曲で登場する楽譜は、テンポ80くらいの32分音符です。

 

つまり、この曲はテンポがゆっくりしていますが、この部分だけは、

テンポ160の16分音符を打っているのと同じくらいのスピードで 打つ必要がある、ということなのです。

 

何が言いたいのかと言うと、かなり回りくどくなってしまいましたが、「ムズカシイ」ということです。

ですので、すごく盛り上がるカッコイイ場面でのフィルインですし、見た目はただの連打によるタム回しに見えるので、

なんだかできそうな気がしますが・・・意外に「アレ?!」となる場合が多いのですね。

 

ですので、最初もしできなくても、それは普通です!

落ち込んだり、ヘコんだりしなくて、全くOKだということです。

もしできない場合は、速打ちから練習をして、慣れていくのが良いのではないかなと思います。

ONE OK ROCK Wherever you are – ドラム初心者の女性のためのレッスン まとめ

さて今回は、ONE OK ROCKさんの、Wherever you areについて、ご紹介をいたしました。

 

すごく有名な曲ですし、ミディアムテンポのバラードということで、

カンタンに叩けるかと思いきや、高速連打や3連系が登場したりと、

難易度の高いテクニックも、どんどこ登場しますので、ぜひじっくりと、練習してみていただければと思います!

 

叩けるようになると、バラードならではの気持ち良さがありますので、ぜひ、チャレンジしてみていただければと思います!

 

 

女性のための、ドラム基礎練習メルマガ

【自宅リビングで、スティックだけでできる、ドラム初心者の女性のための基礎練習を配信中!】

//-//-//-//-//-//-//-//-//

男性と女性では、体格もライフスタイルも違います。

一般的なドラムの基礎練習は、ほとんどが「男性向け」です。

女性には、女性の体格やライフスタイルに合わせたドラムの基礎練習をする方が、楽しく、スムーズに上達します(^^)

この無料メルマガでは、そんな女性のためのドラム基礎練習を、お届けしています。

 

★無料メルマガにご登録いただきました方には、【ドラムを始めた初心者の女性のための、基礎練習の動画レッスン】をプレゼントさせていただいております。

ぜひ、お気軽にご登録ください^^

個人情報の管理・取扱いについて


ご記入頂いた個人情報は、メールマガジン配信その他当サイトのからのご案内のみに使用させていただくものです。

岡田以外の第三者が情報を閲覧、使用することは一切ありません。

詳しくはプライバシーポリシーをご覧下さい。当サイトのプライバシーポリシーはコチラ

 

女性のためのオンライン基礎練LIVE

【好きな曲が叩けるようになる!オンラインドラム基礎練習ライブ配信】

参加無料!

毎週月曜日15時半からライブ配信

自宅リビングで参加OK!

スティックなし、手ぶらでも参加OK!

後から録画版の視聴もOK!

 

基礎練習って、自分一人でやっていると、「これで合っているの・・・?」と、不安になったりしませんか?

そんなドラム初心者の女性のために、オンライン基礎練習LIVEを配信しています。

オンラインで一緒に練習してみませんか?(^^)

 

■女性のためのオンライン基礎練LIVEの詳細は、Facebookページ、Twitter、Instagramでお知らせしています。

ぜひお気軽にフォローしていただき、ライブにご参加くださいませ(^^)

 

・Facebookページ

女性のためのドラム練習ブログ
女性のためのドラム練習ブログ – 「いいね!」41件 – 憧れの曲が叩けるようになる!ドラム初心者の女性のための、ドラム練習ブログのFacebookページです。

 

・Instagram

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

 

・Twitter

https://twitter.com/go_okada_jp

 

■ブログ執筆者について
プロドラマー/ドラム講師
プロドラマー/ドラム講師GO

【ブログ執筆者について】

■名前 岡田剛(オカダ ゴウ)

※配達の方に、よく「ツヨシさん、お届け物でーす」と間違えられてしまいますが(笑) 名前は「ゴウ」と読みます。

■お仕事 プロドラマー/ドラム講師

地元でドラム教室を始めたら、生徒さんの8割以上が女性という状況になる。

そんな女性メインのレッスンの中で「女性と男性では、教え方が違う」という事に気が付きはじめる。

そして、その違いの原因が、「体格とライフスタイル」であることにも気が付き、教え方を変えたところ・・・

短期間で上手になって「最近、ドラムが楽しくて仕方がないです!」という生徒さんが急増。

そんなレッスンの現場で得た経験を、ブログで公開していこうと思い、「女性のためのドラム練習ブログ」を立ち上げる。

■ブログをご覧いただきました方へのメッセージ

ドラムセットという楽器は、男性的なイメージがあります。

ですので、ドラムのレッスンは「男性向け」になってしまっていることもあります。

女性が、男性向けのレッスンでドラムを練習しても、上手くならなかったり、楽しくなかったりして、悩んでしまう事もあるかと思います。

このブログでは、そんな女性のライフスタイルや体格に合わせた、ドラムの練習方法をご紹介しています。

もし何かのお役に立てていただけたら嬉しいです(^^)

■ドラム歴 30年以上

・小学1年生の時に、初めてドラムを演奏。曲は、光GENJIさんの「パラダイス銀河」

・高校でブラスバンド部に入り、パーカッションと指揮者を担当。毎日、ドラムの練習をしていました。

・キャットミュージックカレッジ専門学校、演奏科ドラム専攻へ入学。首席で卒業。

■その他の音楽歴やプライベート

・二児のオトーサンです。

・ピアノ30年以上(ブラバン顧問の先生に「ピアノ弾けるなら打楽器をやれ!」と言われ、ドラムと長く付き合うことになりました。その理由は、またブログで…)

・作曲20年以上(Youtubeに、「赤ちゃんが寝る音楽」などアップさせていただいております)

プロドラマー/ドラム講師GOをフォローする
ドラム初心者の女性のための、シンプル化アレンジ ONE OK ROCK
プロドラマー/ドラム講師GOをフォローする
ドラム 練習 – 憧れの曲が叩けるようになる!女性のためのドラム練習ブログ
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました