知らなくていいコト 素晴らしき嘘/flumpool – ドラム初心者の女性のためのレッスン

女性のためのドラムの曲レッスン

知らなくていいコト 素晴らしき嘘/flumpool – ドラム初心者の女性のためのレッスン

こんにちは。

オンラインドラム教室Enjoy Beatのドラム講師GOです^^

 

さて今日は、テレビドラマ「知らなくていいコト」で流れておりました、 「素晴らしき嘘/Flumpoolさん」を選んでみました!

初心者の女性が、この曲を、楽しくドラムで演奏できるようになるには、

どんな感じで練習を進めていけば良いの?という事について、ご紹介をしてみたいと思います。

 

そして、いつも前置きとして書かせていただいておりますのが、

オンラインドラム教室【Enjoy Beat】では、

 

1.あなたのやりたい曲、好きな曲を課題曲にしたレッスンをお届けしています^^

2.お一人お一人のレベルアップにもつながる課題を盛り込みつつ、楽譜をアレンジします↑

3.原曲の持つノリや雰囲気をキープしつつ、経験値に合わせてアレンジ!

という形でレッスンを行っております。

 

原曲通りの楽譜を、忠実に再現していくという形とは少し違いますので、

その部分については、事前にチェックしていただければと思います!

 

Youtubeに動画の方も公開していますので、

ぜひそちらも、ご覧になってみてくださいね~!

素晴らしき嘘は「ハーフタイプの8ビート」が練習できる、オススメ楽曲

さてそれでは、今回の楽曲のレッスンをご紹介していきたいと思いますが、

こちらの楽曲で練習できるのは、「ハーフタイム」の8ビートとなります。

 

ハーフタイムという言葉を、初めて聞くという方もおられると思いますので、

楽譜を見ながら、チェックしてみていただければと思います。

 

まずこちらの楽譜が、通常の8ビートです。

ペケポン印がハイハットシンバルになるのですが、これが、1小節に8個入っていますね。

ですので、8ビートということになっています。

 

それに対してハーフタイムの8ビートは、こんな感じの楽譜になります。

1小節に、ハイハットシンバルが、半分(ハーフ)の4つしか入っていません。

ですので、ハーフタイムといった呼ばれ方をしています。

 

ハーフタイムの特徴は、「ゆっくりとリズムパターンを練習できる!」という点です。

 

特に、ドラムが初めての初心者の方には、とても良い練習になるのではないかと思いますので、

練習曲としても、すごくオススメです。

 

他にもいろいろな課題が練習できる楽曲となっていますが

今回は、その中でも、

 

Aメロのパターン(シンプルなハーフタイム)

サビのパターン(ハイハットがハーフオープンの、ハーフタイム)

3連系フィルイン

【難易度アップ】足数が増えるパターン

【難易度アップ】手数が増えるパターン

 

これらの5つについて、レッスンの内容をご紹介していきたいと思います。

 

Aメロは、シンプルなハーフタイムの8ビートを練習


それでは、まずはAメロのリズムパターンから行きたいと思います。

楽譜としては、こんな感じの内容で練習をされるのが良いですね。

 

もちろんこれは、ドラムを始めた初心者の女性が、曲に合わせて楽しく演奏をしつつ、

上達にもつながるような内容での、リズムパターンとなっています。

 

原曲は、もう少し特殊なパターンとなっていますが、

まずはコチラの形で練習してみていただければと思います。

 

チャレンジポイントとしては、まず自分だけでリズムパターンを練習していただき、

その後、「楽曲に合わせてしっかりと音源を聴きながら叩けるかどうか?」

という部分です。

 

ぜひ、曲の流れに合わせて演奏できるように、チャレンジしてみてください!

 

サビは、ハイハットをハーフオープンにしたパターン

次に、サビのリズムパターンに入っていきたいと思います。

楽譜は、こんな感じになります。

「え?Aメロとほとんど一緒じゃん!?」と思われるかもしれませんが、

これが意外に、難しかったりします。

 

というのは、ハイハットを半分くらい開けた状態で演奏することになりますので、

ハイハットを踏んで閉じた状態の時とは、体のバランスが少し変わってしまうのですね。

 

ですので、この部分のチャレンジポイントとしては、

「体がグラグラしたり、不安定にならないように叩いてみる」という点になるかなと思います。

 

リキんでしまうと、体のバランスが崩れてしまいますので、

余計なチカラを抜いて、練習してみるようにチャレンジしてみていただければと思います!

 

3連系のフィルインを、やってみましょう!

続いてご紹介をするのが、3連系のフィルインです。

楽譜はこんなパターンですね。

このパターンのポイントは、以前に別の曲でも出てきたことがあるかと思いますが、

タムを移動する時に、右手と左手が、交互になるという点です。

 

スネアからハイタムへ行くときは左手。

ハイタムからロータムへは右手。

ロータムからフロアタムは左手。

という形で移動しますので、それを、この速さで移動できるように練習する!

 

というのが、このフィルインパターンのチャレンジポイントになるかなと思います。

 

【難易度アップ】足数が増えるパターンに、チャレンジしてみましょう!

それでは、ここから難易度アップのパターンをご紹介してみたいと思います。

楽譜は、こんな感じです。

バスドラムが、「ドッドド、ドッドド」という動きになります。

 

チャレンジポイントは、すでにお気づきの方もおられるかもしれませんが、

「ドッドド」という、足が2連打になる点です。

 

これは、あまり頑張り過ぎてペダルを踏みつける感じになると、なかなか動いてくれなくなります。

上手く、ペダルの横についてるスプリングのチカラを借りるようにして、

チカラを抜いた状態で踏めるように、チャレンジしてみていただければと思います。

 

【難易度アップ】スネアを1発だけ増やすと・・・?

それでは最後は、こちらの楽譜のパターンを、ご紹介してみたいと思います。

3拍目の16分音符ウラに、スネアドラムが1発だけ増えるのですが、

これが入るだけで、ずいぶんと雰囲気が変わります。

 

「たった1発だけなら、カンタンなのでは?」と思われるかもしれませんが、

この1発が、なかなか 上手く入らなかったりします(笑)

というのは、このスネアドラム1発は、バスドラムとの絡みがあって、

思っているよりも、手足が忙しくバタバタする感じになってしまうからです。

 

ですので、練習していくポイントとしては、

まずゆっくりと、手足の動きとパターンをチェックしていただいて、

だんだんとテンポを原曲に戻していく、という形で進めていくのが良いかなと思います。

 

知らなくていいコト 素晴らしき嘘/flumpool まとめ

さて今回は、テレビドラマ「知らなくていいコト」の主題歌である、Flumpoolさんの「素晴らしき嘘」という楽曲を、練習曲としてご紹介をしてみました。

 

原曲では、かなり細かいリズムパターンとなっていて、

Aメロとサビでは、そもそもドラムの音自体が違うという形になっていますが、

それらを、ドラム初心者の女性が楽しく演奏できて、なおかつ上達にも繋がるように、ご紹介をしてみました。

 

ポイントは、ハーフタイムだという点です。

ゆっくりと動きを確認しながら、楽曲にも合わせていける曲となりますので、

ぜひ、チャレンジしてみていただければと思います。

 

 

女性のためのオンライン基礎練LIVE

【自宅リビングで、スティックだけで参加できる、オンライン基礎練習LIVEを配信しています】

基礎練習って、自分一人でやっていると、「これで合っているの・・・?」と、不安になったりしませんか?

そんな方のために、オンラインで一緒に「キソレン」ができる、オンライン基礎練習LIVEを配信しています。

オンラインで一緒にキソレンしませんか?(^^)

 

■女性のためのオンライン基礎練LIVEの詳細は、Facebookページ、Twitter、Instagramでお知らせしています。

ぜひお気軽にフォローしていただき、ライブにご参加くださいませ(^^)

 

・Facebookページ

女性のためのドラム練習ブログ
女性のためのドラム練習ブログ – 「いいね!」39件 · 2人が話題にしています – ドラムを始めた女性のためのドラム練習ブログの、Facebookページです(^^)

 

・Instagram

ドラムを始めた女性のためのドラム練習ブログ (@enjoy.beat) • Instagram photos and videos
ドラムを始めた女性のためのドラム練習ブログ's Instagram profile has 24 photos and videos. Follow them to see all their posts.

 

・Twitter

https://twitter.com/go_okada_jp

 

女性のための、ドラム基礎練習メルマガ

【自宅リビングで、スティックだけでできる、ドラム初心者の女性のための基礎練習を配信中!】

//-//-//-//-//-//-//-//-//

男性と女性では、体格もライフスタイルも違います。

一般的なドラムの基礎練習は、ほとんどが「男性向け」です。

女性には、女性の体格やライフスタイルに合わせたドラムの基礎練習をする方が、楽しく、スムーズに上達します(^^)

この無料メルマガでは、そんな女性のためのドラム基礎練習を、お届けしています。

 

★無料メルマガにご登録いただきました方には、【ドラムを始めた初心者の女性のための、基礎練習の動画レッスン】をプレゼントさせていただいております。

ぜひ、お気軽にご登録ください^^

個人情報の管理・取扱いについて


ご記入頂いた個人情報は、メールマガジン配信その他当サイトのからのご案内のみに使用させていただくものです。

岡田以外の第三者が情報を閲覧、使用することは一切ありません。

詳しくはプライバシーポリシーをご覧下さい。当サイトのプライバシーポリシーはコチラ
■ブログ執筆者について
プロドラマー/ドラム講師
プロドラマー/ドラム講師GO

【ブログ執筆者について】

■名前 岡田剛(オカダ ゴウ)

※配達の方に、よく「ツヨシさん、お届け物でーす」と間違えられてしまいますが(笑) 名前は「ゴウ」と読みます。

■お仕事 プロドラマー/ドラム講師

地元でドラム教室を始めたら、生徒さんの8割以上が女性という状況になる。

そんな女性メインのレッスンの中で「女性と男性では、教え方が違う」という事に気が付きはじめる。

そして、その違いの原因が、「体格とライフスタイル」であることにも気が付き、教え方を変えたところ・・・

短期間で上手になって「最近、ドラムが楽しくて仕方がないです!」という生徒さんが急増。

そんなレッスンの現場で得た経験を、ブログで公開していこうと思い、「女性のためのドラム練習ブログ」を立ち上げる。

■ブログをご覧いただきました方へのメッセージ

ドラムセットという楽器は、男性的なイメージがあります。

ですので、ドラムのレッスンは「男性向け」になってしまっていることもあります。

女性が、男性向けのレッスンでドラムを練習しても、上手くならなかったり、楽しくなかったりして、悩んでしまう事もあるかと思います。

このブログでは、そんな女性のライフスタイルや体格に合わせた、ドラムの練習方法をご紹介しています。

もし何かのお役に立てていただけたら嬉しいです(^^)

■ドラム歴 30年以上

・小学1年生の時に、初めてドラムを演奏。曲は、光GENJIさんの「パラダイス銀河」

・高校でブラスバンド部に入り、パーカッションと指揮者を担当。毎日、ドラムの練習をしていました。

・キャットミュージックカレッジ専門学校、演奏科ドラム専攻へ入学。首席で卒業。

■その他の音楽歴やプライベート

・二児のオトーサンです。

・ピアノ30年以上(ブラバン顧問の先生に「ピアノ弾けるなら打楽器をやれ!」と言われ、ドラムと長く付き合うことになりました。その理由は、またブログで…)

・作曲20年以上(Youtubeに、「赤ちゃんが寝る音楽」などアップさせていただいております)

プロドラマー/ドラム講師GOをフォローする
女性のためのドラムの曲レッスン flumpool
プロドラマー/ドラム講師GOをフォローする
ドラム 練習 – 女性のためのドラム練習ブログ
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました