クリープハイプ 栞 – ドラム初心者の女性のためのレッスン

ドラム初心者の女性のための、シンプル化アレンジ

クリープハイプ 栞 – ドラム初心者の女性のためのレッスン

こんにちは。

オンラインドラム教室Enjoy Beatのドラム講師GOです^^

 

さて今日は、クリープハイプさんの「栞」を選んでみました!

初心者の女性が、この曲を、楽しくドラムで演奏できるようになるには、

どんな感じで練習を進めていけば良いの?という事について、ご紹介をしてみたいと思います。

 

Youtubeに動画の方も公開していますので、

ぜひそちらも、ご覧になってみてくださいね~!

 

クリープハイプ「栞」は、ハイテンポ&ハイテンションの楽曲!

さて今回は、クリープハイプさんの「栞」について、

初心者の女性が楽しく演奏できるようになるためには、どういう感じでレッスンを進めていけば良いのかを、

ご紹介していきたいと思うのですが、

今回の曲のポイントは、

リズムパターンの基本は、8ビート

ただし、めっちゃ速い!

イントロに二拍三連が出てきます

ハーフオープン&4分音符のハイハットパターン

この辺りを、ご紹介していきたいと思います。

 

そして、いつも前置きとして書かせていただいておりますのが、

オンラインドラム教室【Enjoy Beat】では、

1.ドラム初心者の女性が、できるだけ早く、曲に合わせて楽しく演奏できるようになるように!

2.お一人お一人のレベルアップにもつながる課題も盛り込む!

3.原曲の持つノリや雰囲気をキープしつつ、経験値に合わせてアレンジ!

という形でレッスンを行っております。

 

原曲通りの楽譜を、忠実に再現していくという形とは少し違いますので、

その部分については、事前にチェックしていただければと思います!

 

それでは、まいりましょう!

まずはイントロのパターンをご紹介

それでは、イントロのパターンから順番に行ってみましょう。

リズムパターンを楽譜にすると、このような感じになっています。

このリズムを練習していく上でのポイントは、大きく2つあります!

まずは、ハイハットがハーフオープンの4分音符になっているという点ですね。

 

もう一つは、バスドラムが1拍目から2発入っているという点です。

 

このイントロのパターンは、この楽曲全体を通した基本的なパターンになるのですが、

練習する際に気を付けたいのは、

「ハイハットが、バスドラムにつられないようにする事」です。

 

ハイハットが4分音符で刻んでいるところに、バスドラムが8分音符で出てきますので、

バスドラムにつられて、ハイハットが8分音符になっちゃう、

という事が起こっちゃうのですね。

 

動画の中で、僕も思わずつられてしまっていますが(苦笑)

アレは悪い例です(^^;)

 

つられないように、ハイハットをしっかりと4分で刻んだ状態で、

バスドラムを8分音符で打てるように、練習をしてみていただければと思います!

 

二拍三連を練習してみましょう!

冒頭の4小節の最後に登場するのが、この曲の一番目の難関ともいえる、二拍三連です。

楽譜にすると、このようになっています。

 

この二拍三連というリズムの形は、理屈、理論で言うと・・・こうなります。

3連符を2回、叩く中で、左手だけを抜いたら、二拍三連になる・・・という感じですね。

 

この説明だけを聞いても「はい?」となる方も多いかと思うのですが、

もし、こういった理論の部分の話を聞いてから練習する方がラク!という場合は、

理論的な部分から入ってみていただければと思います。

 

逆に、理論的な話では、意味がワカラン!という場合は、

原曲を何度も聞いて、その音楽に合わせて、ぶつけにいく形で練習する方が、早いかなと思います。

 

これらは、どちらが正しいというワケではなく、

理論から入る方がラクな時と、実践から入る方がラクな時と、両方がありますので、

その都度、「こっちの方が練習しやすい!」という方で、進めてみていただければと思います。

 

そして、この二拍三連の手順ですが、すべて右手で打っていますね。

実は、ドラムを上手にプレイする上で、手順というのは一つのポイントになるのですね。

 

今回、ミュージックビデオを確認すると、全て右手で打っていますが、

これは、改めて考えてみると、理論の通り、セオリー通りに叩いている、という事になります。

 

動画での解説の中では、「なにか理由があって、そうしているハズ」と話していますが、

恐らく、セオリー通り、基本に忠実にプレイされているのだと思います。

 

ご自身で練習される際は、左右を交互に打っても、全くOKですが、

原曲通りに、セオリー通りにやってみたい方は、

「三連×2回の、左手抜き」という形となる、右手のみの形で、練習してみていただければと思います!

 

Aメロの基本パターンは、バスドラムを正確に打つ練習をしてみましょう!


それでは次に、Aメロのパターンについて、ご紹介をしていきたいと思います。

まずは楽譜ですが、このような感じになっています。

 

この基本パターンを練習していく上でのポイントは、バスドラムを打つポイントです。

 

冒頭のパターンでお話した内容と、少しかぶってしまうかと思いますが、

ハイハットが4分音符のパターンになっていることで、

ちょっと、難易度が上がっているのですね。

 

楽譜で言うと、この部分のバスドラムを入れる際に、

ドラム初心者の方は、引っかかってしまう事が多いのですね。

 

練習の進め方としては、まず、ハイハットを8分音符のカタチに戻してみて・・・

バスドラムがどう入っているのかを確認し、

リズムパターンを、音で頭の中に入れてしまってから、

ハイハットを4分音符に戻していくのが、良いかなと思います。

 

ハイテンポでの8ビートは、どう練習したらよい!?

クリープハイプさんの「栞」を演奏する上で、最大の難所は、テンポです。

 

動画でもお話をしていますが、この楽曲のテンポは、

少し200を超える…という速さになっているのですね。

 

そうなってくると、シンプルな8ビートのパターンであっても、

グンと難易度が上がる感じなるのですね。

 

特に、ドン・タン・ドド・タン、という、

足を2発打つ部分を、どうしたら良いのか?が、一つの課題になってくるのです。

サビの部分では、このバスドラム2連打が、何回も繰り返し登場しますので、

この部分は、まずゆっくりのテンポから、じっくりと練習をしてみていただければと思います。

 

サビのパターン、バスドラムの2連打をどうクリアしていく?

さて続いては、この曲の最大の難関ポイントと言っても良い、サビのパターンについて、

ご紹介をしていきたいと思います。

 

まず楽譜は、こんな感じですね。

足の2連打が何度も続きますので、

もし、これが叩けなくて逆にストレスになる!という事であれば、

1発打ちにしてしまっても良いかなと思います。

 

楽譜で言うと、こんな感じです。

このパターンでも、テンポ200となってくると、すごく練習になりますし、

この曲の特徴である、ハイテンポ&ハイテンションの雰囲気も出せますので、

どうしてもできない!つまらなくなりそう!という方は、まずはこちらのパターンで、

練習をしてみていただければと思います。

 

バスドラムをハイテンポで演奏する際の、ポイントについて

バスドラムを、このテンポで演奏するためのポイントは、実は「省エネ」だったりします。

 

バスドラムを演奏するためのペダルがありますが、

このペダルには、こういったスプリングがセットされています。

そうすると、動画の中でも解説をしていますが、

全てを自分のチカラで、ビーターを動かそうとしなくても、

ペダルに付いているスプリングが、ある程度まで動かしてくれるのですね。

ですので、このスプリングと仲良くなり、

いかに省エネでペダルを踏んでいけるか?というのが、

練習のポイントになるのかなと思います。

 

その省エネポイントが分かってきた上で、

スライドやスワイブ、ヒールトゥといった、バスドラムのダブルのためのテクニックを練習していく事で、

かなりの早いダブルでも、演奏できるようになるかなと思います。

 

最初はなかなか掴みづらいかもしれませんが、少しずつ、チャレンジしてみていただければと思います!

 

サビ前のハーフタイプと、サビ途中の頭打ちパターンをご紹介

それでは次に、サビ前に登場するハーフタイプのリズムパターンについて、

ご紹介をいたします。

 

楽譜は、こんな感じですね。

これが、通常の8ビートのパターンを、半分のテンポにすれば良い、という感じになります。

 

そこから、最後にスネアドラムの連打が入る、という流れになりますね。

楽譜にすると、こんな感じになります。

ただ・・・めちゃくちゃ速いです(笑)

テンポ200の16分音符ですので、かなりシンドイ感じになるかもしれません。

その場合は、最後の1小節だけを元の8ビートに戻す、というパターンでもOKです!

楽譜にすると、こんな感じですね。

サビの中に登場する、頭打ちのパターンについて

サビの中に登場するのが、こんな楽譜のパターンです。

表拍に、ハイハットとスネアを打つというパターンなのですが、

これができるようになる事で、よりハイテンションな雰囲気を出せるようになるかなと思います。

 

もし、上記の楽譜のように、裏拍でバスドラムを入れるのが難しい場合は、

バスドラムを抜いて、スネアとハイハットのみの形でも、十分に雰囲気を出すことができます。

 

オープンリムショットで叩けると、より雰囲気が出せるかも・・・です!

動画の中で、最後に余談として、オープンリムショットの話をしてみていますが、

奏法としては、こんな感じになります。

リムと打面を同時に叩く、という感じですね。

動画の中で、音の違いをご紹介させていただいておりますが、正直、分かりにくいですね(苦笑)

 

スネアだけを叩く形で比較すれば、もう少し分かりやすかったのでは…と、反省しておりますが、

サウンドとしては、「パキン!」という高音が響くようなサウンドになります。

 

ですので、サビの部分のスネアを、こういったオープンリムショットにすることで、

よりハイテンションな感じを出せるかなと思います。

もし面白そうだなと思われましたら、チャレンジしてみていただければと思います!

 

クリープハイプ 栞 – ドラム初心者の女性のためのレッスン まとめ

さて今回は、クリープハイプさんの「栞」について、

ドラム初心者の女性が、どうやって練習を進めたら、楽しく曲を叩けるようになるかをご紹介してみました。

 

この曲の課題は、とにかく「テンポ」です。速い!

ハイハットのハーフオープン&4分音符打ちも、バスドラムの8分音符2連打も、

サビ前のフィルインで登場する16分音符も、

全て、課題は「テンポが速いこと」になります。

 

これがもし、テンポ100くらいの曲なら、サラリと課題クリアできるかと思うのですが、

200という速さになっていることで、シンプルなパターンでも、難易度がグンと上がっている、

という感じですね。

 

基本は「ゆっくりから」ということで、練習をしてみていただければと思います!

女性のための、ドラム基礎練習メルマガ

【自宅リビングで、スティックだけでできる、ドラム初心者の女性のための基礎練習を配信中!】

//-//-//-//-//-//-//-//-//

男性と女性では、体格もライフスタイルも違います。

一般的なドラムの基礎練習は、ほとんどが「男性向け」です。

女性には、女性の体格やライフスタイルに合わせたドラムの基礎練習をする方が、楽しく、スムーズに上達します(^^)

この無料メルマガでは、そんな女性のためのドラム基礎練習を、お届けしています。

 

★無料メルマガにご登録いただきました方には、【ドラムを始めた初心者の女性のための、基礎練習の動画レッスン】をプレゼントさせていただいております。

ぜひ、お気軽にご登録ください^^

個人情報の管理・取扱いについて


ご記入頂いた個人情報は、メールマガジン配信その他当サイトのからのご案内のみに使用させていただくものです。

岡田以外の第三者が情報を閲覧、使用することは一切ありません。

詳しくはプライバシーポリシーをご覧下さい。当サイトのプライバシーポリシーはコチラ

 

女性のためのオンライン基礎練LIVE

【好きな曲が叩けるようになる!オンラインドラム基礎練習ライブ配信】

参加無料!

毎週月曜日15時半からライブ配信

自宅リビングで参加OK!

スティックなし、手ぶらでも参加OK!

後から録画版の視聴もOK!

 

基礎練習って、自分一人でやっていると、「これで合っているの・・・?」と、不安になったりしませんか?

そんなドラム初心者の女性のために、オンライン基礎練習LIVEを配信しています。

オンラインで一緒に練習してみませんか?(^^)

 

■女性のためのオンライン基礎練LIVEの詳細は、Facebookページ、Twitter、Instagramでお知らせしています。

ぜひお気軽にフォローしていただき、ライブにご参加くださいませ(^^)

 

・Facebookページ

女性のためのドラム練習ブログ
女性のためのドラム練習ブログ – 「いいね!」40件 · 2人が話題にしています – 憧れの曲が叩けるようになる!ドラム初心者の女性のための、ドラム練習ブログのFacebookページです。

 

・Instagram

女性のためのオンラインドラム練習サロン (@enjoy.beat) • Instagram photos and videos
9 Followers, 0 Following, 30 Posts – See Instagram photos and videos from 女性のためのオンラインドラム練習サロン (@enjoy.beat)

 

・Twitter

好きな曲が叩けるようになる!女性のためのオンラインドラム練習サロン(@go_okada_jp)さん | Twitter
好きな曲が叩けるようになる!女性のためのオンラインドラム練習サロン (@go_okada_jp)さんの最新ツイート。好きな曲が叩けるようになる、女性のためのオンラインドラム練習サロン【Enjoy Beat】は、

大人になってドラムを再開したい方や、昔から憧れていたドラムを始めてみたい方のために、女性に合ったドラム練習…

 

■ブログ執筆者について
プロドラマー/ドラム講師
プロドラマー/ドラム講師GO

【ブログ執筆者について】

■名前 岡田剛(オカダ ゴウ)

※配達の方に、よく「ツヨシさん、お届け物でーす」と間違えられてしまいますが(笑) 名前は「ゴウ」と読みます。

■お仕事 プロドラマー/ドラム講師

地元でドラム教室を始めたら、生徒さんの8割以上が女性という状況になる。

そんな女性メインのレッスンの中で「女性と男性では、教え方が違う」という事に気が付きはじめる。

そして、その違いの原因が、「体格とライフスタイル」であることにも気が付き、教え方を変えたところ・・・

短期間で上手になって「最近、ドラムが楽しくて仕方がないです!」という生徒さんが急増。

そんなレッスンの現場で得た経験を、ブログで公開していこうと思い、「女性のためのドラム練習ブログ」を立ち上げる。

■ブログをご覧いただきました方へのメッセージ

ドラムセットという楽器は、男性的なイメージがあります。

ですので、ドラムのレッスンは「男性向け」になってしまっていることもあります。

女性が、男性向けのレッスンでドラムを練習しても、上手くならなかったり、楽しくなかったりして、悩んでしまう事もあるかと思います。

このブログでは、そんな女性のライフスタイルや体格に合わせた、ドラムの練習方法をご紹介しています。

もし何かのお役に立てていただけたら嬉しいです(^^)

■ドラム歴 30年以上

・小学1年生の時に、初めてドラムを演奏。曲は、光GENJIさんの「パラダイス銀河」

・高校でブラスバンド部に入り、パーカッションと指揮者を担当。毎日、ドラムの練習をしていました。

・キャットミュージックカレッジ専門学校、演奏科ドラム専攻へ入学。首席で卒業。

■その他の音楽歴やプライベート

・二児のオトーサンです。

・ピアノ30年以上(ブラバン顧問の先生に「ピアノ弾けるなら打楽器をやれ!」と言われ、ドラムと長く付き合うことになりました。その理由は、またブログで…)

・作曲20年以上(Youtubeに、「赤ちゃんが寝る音楽」などアップさせていただいております)

プロドラマー/ドラム講師GOをフォローする
ドラム初心者の女性のための、シンプル化アレンジ クリープハイプ
プロドラマー/ドラム講師GOをフォローする
ドラム 練習 – 憧れの曲が叩けるようになる!女性のためのドラム練習ブログ
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました