前前前世 ドラム – 前前前世のドラムを、初心者の女性のためにシンプル化アレンジ(プチ楽譜&レッスン付き)

RADWIMPS

前前前世のドラムを、初心者の女性のためにシンプル化アレンジ(プチ楽譜&レッスン付き)

こんにちは。

オンラインドラム教室Enjoy Beatのドラム講師GOです^^

 

今回は、

ドラム初心者の女性が、楽しく曲を演奏できるように、

「ドラム講師GOが、ドラム初心者の女性のために、ドラム楽譜をシンプル化アレンジ&レッスン」

という内容のブログを、お届けしていきたいと思います。

 

シンプル化アレンジって

どんな感じの内容なの?

ダサい感じのアレンジになったりしない・・・?

ドラム講師GO
ドラム講師GO

「ドラムパートを初心者の女性のためにアレンジ」

というシリーズは、

 

1.原曲のノリやカッコ良さ、

雰囲気は、できるだけそのまま!

 

2.ドラム初心者の女性が演奏しやすい、

シンプルなパターンにアレンジ

 

3.簡単な楽譜と、プチレッスン付き♪

 

というシリーズです^^

じゃ、初心者の女性でも、

楽しくカッコよく、

曲を叩けるようになる・・・?!

ドラム講師GO
ドラム講師GO

個人差はあるかと思いますが、

本当に「ドラムを始めたばかりの人」でも、

1~2週間ほど練習すれば、

叩けるようにと思って、

プチレッスンさせて頂きます^^

楽しみ!

よろしくお願いしまーす!

ドラム講師GO
ドラム講師GO

原曲通りの楽譜を、

忠実に再現していくという形とは

チョット違います。

 

その部分については、

事前にご理解いただければと思います!

 

OKでーす!

ドラム講師GO
ドラム講師GO

Youtubeに動画レッスンも公開していますので、

そちらもあわせて、ご覧になってみてくださいね^^

 

「前前前世」のドラムを、初心者の女性が楽しく演奏できるようにアレンジ

さて今回は、Radwinpsの「前前前世」ついて、

ドラム初心者の女性が楽しく演奏できるように、シンプル化アレンジをしてみたいと思います^^

 

ご紹介させていただいている内容で、1~2週間ほど練習をすれば、

「ドラムを始めたばかり」というドラム初心者の女性も、

1コーラス目を楽しく演奏していただけるようになるのではないかと思います。

(※もちろん、個人差があります)

 

バンドでのライブや、個人的に演奏できるようになりたい方など、

ドラム初心者の女性に、ご参考いただければ嬉しいです。

 

前前前世・・・ドラムの難易度や練習のテーマは?

今回、取り上げさせていただいた、Radwinpsの「前前前世」について、

まずは難易度と、練習のテーマについて、お伝えをさせて頂きたいと思います。

 

曲の難易度についてですが、ドラム初心者の方にとって、今回のこの曲は、なかなかの難易度です。

星の数としては、5つよりの4つ…というイメージでしょうか。

 

もちろん、シンプル化アレンジということで、原曲をそのままコピーするよりも、

難易度は下がっているかと思いますのが、それでも決して易しい曲という印象ではありません。

 

では具体的に、どんな部分が練習のテーマになるのかについても、ご紹介をいたします。

前前前世を練習していく上でポイントとなる、練習のテーマは、大きく分けて3つあります。

1.テンポがむちゃくちゃ速い

2.頭打ちやシンコペーション、ハーフタイムなど、練習するバリエーションが多い

3.フィルインに3連符系が入る

 

この3つの練習テーマをクリアしていく事が、

前前前世をカッコよく演奏していただく上で、重要なポイントになってくるかなと思います。

 

とにかくテンポが速く、テンポ200前後の速さになっているのに加えて、

リズムのパターンも、バリエーションが多く、

フィルインも、16分音符や8分音符だけではなく、3連符系が入ってくるという事で、

練習する内容が多いのですが、それだけに、叩けるようになるとすごく楽しいかなと思います^^

 

映画も人気で、知っている方もすごく多いと思いますので、

ドラム初心者の女性で、この曲を叩いてみたい!という方は、ぜひご参考いただければと思います。

 

「前前前世」のドラム、プチ楽譜付きレッスン


それでは、「前前前世」のプチ楽譜付きレッスンを始めていきましょう!

 

今回は、

イントロ前半

イントロ後半

Aメロ~フィルイン

Bメロ前半

Bメロ後半~フィルイン

サビ

サビのラスト

このような感じで、盛沢山となっておりますが、一つずつ、ゆっくりと進めていきましょう。

 

イントロ前半は、ハイハットをしっかりと叩けるように練習しましょう

この曲の冒頭は、ハイハットが印象的なフレーズとなっています。

今回のアレンジでは、バスドラムが4分音符となっていて、そこにハイハットが8分音符で乗っかる形にしています。

楽譜だけを見るとシンプルで、すぐにできそうですが、ポイントは「速い」ということです。

テンポが200前後といった速さになっていますので、しっかりと付いて行けるように、練習をしてみていただければと思います。

 

そして、イントロ後半へとつながるフィルインは、二拍三連と呼ばれるリズムになっています。

動画の中では、ちょっと理論的はお話もさせていただいてはおりますが、

曲が、「ダ・ダ・ダ、ダ・ダ・ダ」といったように、バンド全体でキメとなっていますので、

そこにぶつけに行くような形でも、全然OKです!

 

ドラム講師GO
ドラム講師GO

ワンポイントアドバイス

 

■1.ハイハットをしっかりと演奏してみましょう。

 

■2.二拍三連は、曲に当てていく感じでもOKです。

イントロ後半は、高速の頭打ちのパターン

イントロ後半は、いきなり難易度がバンっと跳ね上がります。

 

シンプル化アレンジでも、やっぱりここは「頭打ちパターン」で演奏をした方が、

カッコよく、ノリも原曲に近い状態でできるようになるからです。

 

とは言え、この速いテンポでの頭打ちで、ずっと裏にバスドラムが入るというパターンは、

ドラム初心者の女性にとって、とても難しいパターンになるかと思いますので、

どうしても難しい場合は、バスドラムも両手と同時に打つパターンに変えていただいても、OKです。

 

まずはゆっくりから練習をしていただき、徐々にテンポを速めていく、

という感じで進めてみていただければと思います。

 

Aメロに入る際のフィルインも、すごく速い連打になっていますが、

ここは、できるだけ正確に打つことを心掛けつつ、

でも、遅れないように勢いに乗って、Aメロに突っ込んでいくという、

正確さと勢いのバランスを取りつつ、叩いてみていただければと思います。

 

ドラム講師GO
ドラム講師GO

ワンポイントアドバイス

 

■1.高速の頭打ちパターンでは、バスドラムを正確に打てるように練習をしていきましょう。

 

■2.フィルインは、正確さと勢いのバランスを取って、思い切って叩いてみましょう。

 

Aメロは、ちょっと休憩できる?!(笑)

これだけのテンポの速い曲を演奏していると、ゼーゼーハーハーなってしまいそうですが・・・

Aメロに入ると、少し音数の少ないパターンになります。

 

ハイハットとバスドラムを、四分音符で打つパターンですね。

ここまで、イントロでものすごくチカラが入ってしまっていた方は、

少し落ち着けるポイントとなるかもしれません。

 

ですが、Bメロへと入っていくフィルインは、タムタムを裏打ちで入れていくパターンとなっています。

動画レッスンでも解説をさせて頂いておりますが、

しっかりと、タムタムを裏に入れていけるように練習もしつつ、

どうしても難しい場合は、バスドラムを抜いてやってみていただく形でもOKです。

ドラム講師GO
ドラム講師GO

ワンポイントアドバイス

 

■1.イントロでリキんでしまっている方は、ここはちょっと脱力を意識しましょう。

 

■2.Bメロへのフィルインは、タムを裏に正確に入れていけるように練習してみましょう。

Bメロ前半の基本パターン

Bメロの前半は、イントロ後半と同じ、高速の頭打ちパターンとなっています。

Aメロで少し落ち着いたという方も、またここから忙しくなってくる感じですね(笑)

 

サビに向かって盛り上がっていく部分でもあるのですが、

Aメロのパターンから、頭打ちのパターンへと、しっかりと切り替えていけるように練習してみましょう。

 

フィルインは、「タンタタ、トントン、トントン」という、シンプルなタム回しとなっていますが、

やはりテンポが速いですので、スネアからタム、タムからフロアタムへと、

正確に移動していけるように、ゆっくりと動きを確認しながら、練習をしてみてくださいね。

 

ドラム講師GO
ドラム講師GO

ワンポイントアドバイス

 

■1.Aメロからの切り替えを、しっかりと行っていきましょう。

 

■2.フィルインのタム回しは、高速で移動していくことを、ポイントに練習してみましょう。

Bメロ後半~サビへのフィルイン

Bメロ後半は、ハーフタイムの8ビートが登場します。

「ハーフタイム」という横文字を見ると、なんだかパートのシフトみたいなイメージがあるかもしれませんが・・・(笑)

テンポが半分に感じるような、ゆっくりと聞こえるパターンになっている、といった感じになります。

 

動画レッスンでもご紹介をさせて頂いておりますが、

聴いた感じは、「シンプルな8ビート」となっていますので、スッとクリアできる方も多いのではないかと思います^^

 

そして、途中からは通常のテンポ感の8ビートに変わり、

フィルインは、また16分音符の連打となりますので、

正確さと勢いのバランスを取りながら、しっかりとキメて頂ければと思います。

 

サビのパターン

サビのパターンは、もうここだけで一本のブログを書けるのではないかと思うくらい、

テンコ盛りな感じになっています。

 

まず、最初の2小節は、シンコペーションのパターンとなっています。

シンコペーションというのは、ちょっと前のめりになった、勢いを感じるリズムパターンです。

 

この速さのテンポでのシンコペーションは、叩けるようになると、

とにかくスピード感、ドライブ感が出ますので、すごく楽しく叩けるようになるのではないかと思います。

 

今回は、シンコペーションの基本的なパターンという形で、ご紹介させていただいておりますので、

ぜひ、チャレンジをしてみていただければと思います。

 

1小節目の2小節目の間の部分・・・1小節目の4拍目の裏に、バスドラとクラッシュシンバルをしっかり入れて演奏できるようになる点を、意識してみていただければと思います。

 

その後、3連符でのフィルイン、ハーフタイム8ビート、タム回しと、

これまでに練習してきたことが、全部出てくる幹事となっておりますので、

一つずつ、しっかりとクリアしていけるように、練習をしてみてください!^^

ドラム講師GO
ドラム講師GO

ワンポイントアドバイス

 

■1.とにかく盛沢山。一つずつゆっくりとクリアしていきましょう。

 

■2.最大の課題はシンコペーションです。4拍目裏のシンバルとバスドラを、しっかりと入れられるように練習していきましょう。

 

今回のまとめ

今回は、Radwimpsの「前前前世」を取り上げてみました。

練習すべきポイントがとても多くて、プチ楽譜付きレッスンでは、ザっと流すだけの感じになってしまいましたが、

少しでもご参考にしてみていただけると嬉しいです。

 

とにかくテンポが速いですので、それにしっかりと付いて行けるように、

もう「楽譜を見なくても演奏できる」という感じで、暗譜をしてしまうのも、良い方法かもしれませんね。

 

ぜひ、チャレンジしてみていただければと思います!

 

女性のための、ドラム基礎練習メルマガ

【自宅リビングで、スティックだけでできる、ドラム初心者の女性のための基礎練習を配信中!】

//-//-//-//-//-//-//-//-//

男性と女性では、体格もライフスタイルも違います。

一般的なドラムの基礎練習は、ほとんどが「男性向け」です。

女性には、女性の体格やライフスタイルに合わせたドラムの基礎練習をする方が、楽しく、スムーズに上達します(^^)

この無料メルマガでは、そんな女性のためのドラム基礎練習を、お届けしています。

 

★無料メルマガにご登録いただきました方には、【ドラムを始めた初心者の女性のための、基礎練習の動画レッスン】をプレゼントさせていただいております。

ぜひ、お気軽にご登録ください^^

個人情報の管理・取扱いについて


ご記入頂いた個人情報は、メールマガジン配信その他当サイトのからのご案内のみに使用させていただくものです。

岡田以外の第三者が情報を閲覧、使用することは一切ありません。

詳しくはプライバシーポリシーをご覧下さい。当サイトのプライバシーポリシーはコチラ

 

女性のためのオンライン基礎練LIVE

【好きな曲が叩けるようになる!オンラインドラム基礎練習ライブ配信】

参加無料!

毎週月曜日15時半からライブ配信

自宅リビングで参加OK!

スティックなし、手ぶらでも参加OK!

後から録画版の視聴もOK!

 

基礎練習って、自分一人でやっていると、「これで合っているの・・・?」と、不安になったりしませんか?

そんなドラム初心者の女性のために、オンライン基礎練習LIVEを配信しています。

オンラインで一緒に練習してみませんか?(^^)

 

■女性のためのオンライン基礎練LIVEの詳細は、Facebookページ、Twitter、Instagramでお知らせしています。

ぜひお気軽にフォローしていただき、ライブにご参加くださいませ(^^)

 

・Facebookページ

女性のためのドラム練習ブログ
女性のためのドラム練習ブログ – 「いいね!」41件 – 憧れの曲が叩けるようになる!ドラム初心者の女性のための、ドラム練習ブログのFacebookページです。

 

・Instagram

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

 

・Twitter

https://twitter.com/go_okada_jp

 

■ブログ執筆者について
プロドラマー/ドラム講師
プロドラマー/ドラム講師GO

【ブログ執筆者について】

■名前 岡田剛(オカダ ゴウ)

※配達の方に、よく「ツヨシさん、お届け物でーす」と間違えられてしまいますが(笑) 名前は「ゴウ」と読みます。

■お仕事 プロドラマー/ドラム講師

地元でドラム教室を始めたら、生徒さんの8割以上が女性という状況になる。

そんな女性メインのレッスンの中で「女性と男性では、教え方が違う」という事に気が付きはじめる。

そして、その違いの原因が、「体格とライフスタイル」であることにも気が付き、教え方を変えたところ・・・

短期間で上手になって「最近、ドラムが楽しくて仕方がないです!」という生徒さんが急増。

そんなレッスンの現場で得た経験を、ブログで公開していこうと思い、「女性のためのドラム練習ブログ」を立ち上げる。

■ブログをご覧いただきました方へのメッセージ

ドラムセットという楽器は、男性的なイメージがあります。

ですので、ドラムのレッスンは「男性向け」になってしまっていることもあります。

女性が、男性向けのレッスンでドラムを練習しても、上手くならなかったり、楽しくなかったりして、悩んでしまう事もあるかと思います。

このブログでは、そんな女性のライフスタイルや体格に合わせた、ドラムの練習方法をご紹介しています。

もし何かのお役に立てていただけたら嬉しいです(^^)

■ドラム歴 30年以上

・小学1年生の時に、初めてドラムを演奏。曲は、光GENJIさんの「パラダイス銀河」

・高校でブラスバンド部に入り、パーカッションと指揮者を担当。毎日、ドラムの練習をしていました。

・キャットミュージックカレッジ専門学校、演奏科ドラム専攻へ入学。首席で卒業。

■その他の音楽歴やプライベート

・二児のオトーサンです。

・ピアノ30年以上(ブラバン顧問の先生に「ピアノ弾けるなら打楽器をやれ!」と言われ、ドラムと長く付き合うことになりました。その理由は、またブログで…)

・作曲20年以上(Youtubeに、「赤ちゃんが寝る音楽」などアップさせていただいております)

プロドラマー/ドラム講師GOをフォローする
RADWIMPS 難易度 ★★★★☆
プロドラマー/ドラム講師GOをフォローする
ドラム 練習 – 憧れの曲が叩けるようになる!女性のためのドラム練習ブログ
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました