Pretender ドラム – Pretenderのドラムを、初心者の女性のためにシンプル化アレンジ(プチ楽譜&レッスン付き)

ドラム初心者の女性のための、シンプル化アレンジ

Pretenderのドラムを、初心者の女性のためにシンプル化アレンジ(プチ楽譜&レッスン付き)

こんにちは。

オンラインドラム教室Enjoy Beatのドラム講師GOです^^

 

今回は、

ドラム初心者の女性が、楽しく曲を演奏できるように、

「ドラム講師GOが、ドラム初心者の女性のために、ドラム楽譜をシンプル化アレンジ&レッスン」

という内容のブログを、お届けしていきたいと思います。

 

シンプル化アレンジって

どんな感じの内容なの?

ダサい感じのアレンジになったりしない・・・?

ドラム講師GO
ドラム講師GO

「ドラムパートを初心者の女性のためにアレンジ」

というシリーズは、

 

1.原曲のノリやカッコ良さ、

雰囲気は、できるだけそのまま!

 

2.ドラム初心者の女性が演奏しやすい、

シンプルなパターンにアレンジ

 

3.簡単な楽譜と、プチレッスン付き♪

 

というシリーズです^^

じゃ、初心者の女性でも、

楽しくカッコよく、

曲を叩けるようになる・・・?!

ドラム講師GO
ドラム講師GO

個人差はあるかと思いますが、

本当に「ドラムを始めたばかりの人」でも、

1~2週間ほど練習すれば、

叩けるようにと思って、

プチレッスンさせて頂きます^^

楽しみ!

よろしくお願いしまーす!

ドラム講師GO
ドラム講師GO

原曲通りの楽譜を、

忠実に再現していくという形とは

チョット違います。

 

その部分については、

事前にご理解いただければと思います!

 

OKでーす!

ドラム講師GO
ドラム講師GO

Youtubeに動画レッスンも公開していますので、

そちらもあわせて、ご覧になってみてくださいね^^

 

Pretenderのドラムを、初心者の女性が楽しく演奏できるようにアレンジ

さて今回は、Official髭男dismさんの「Pretender」ついて、

ドラム初心者の女性が楽しく演奏できるように、シンプル化アレンジをしてみたいと思います^^

 

ご紹介させていただいている内容で、1~2週間ほど練習をすれば、

「ドラムを始めたばかり」というドラム初心者の女性も、

1コーラス目を楽しく演奏していただけるようになるのではないかと思います。

(※もちろん、個人差があります)

 

とても人気で、カラオケでもよく歌われている、Official髭男dismさんの『Pretender』を、

叩けるようになってみたい方は、ぜひご参考にされてみてくださいね!

 

pretenderって、どう読むの?意味は?

ところで、今回の楽曲のタイトルである『pretender』ですが、

そもそも、どう読むのでしょうか?

ぼくは最初、「どう読むのだろう…(汗)」とちょっと分からなかったのですが、

プリテンダーと読むみたいですね。

 

実を言いますと・・・、ハズカシイ上に失礼で、恐縮の限りなのですが、

最初は「プレテンダー」と呼んでしまっておりました。

 

意味は「ふりをする」ということで、

こちらはもう、1コーラス目Aメロのサビを聴いてすぐに、「ああ」と感じました。

 

さて、今回はそんなOfficial髭男dismさんの人気楽曲である、

pretenderについて、シンプル化アレンジ&プチ楽譜付きレッスンを、お届けしていきたいと思います!

 

pretenderのドラムの難易度について

まずは、今回の楽曲であるOfficial髭男dismの「pretender」の難易度について、

少しコメントをしてみたいと思います。

 

原曲の楽譜の通りに練習して、完コピ(完全にコピーすること)するとなると、

初心者の方には、少し難しいかも・・・?という印象です。

 

理由はいくつかありますが、

Bメロに、ダブルストロークを使ったゴーストノートが入っている

Bメロの右足(バスドラム)のパターンが、少し複雑

この2点です。

 

簡単に言うと「ドラムにとって、Bメロがちょっとムズカシイ」という印象ですね。

 

それ以外の部分については、ある程度まで原曲の通りに練習しても、

叩けるようになるかもしれません。

 

pretenderをバンドで演奏されたい方のための、ワンポイントアドバイス

pretenderの、シンプル化アレンジ&プチ楽譜付きレッスンに入る前に、

「バンドでこの曲を演奏したい!」という方のための、ワンポイントアドバイスを、

させて頂きたいと思います。

 

今回の楽曲の、ドラムパートのポイントは、16ビートのハイハットです。

 

特にサビが分かりやすいのですが、

ハイハットが「チキチキチキチキ…」という感じで入っています。

 

これは「16分音符」となっていて、MVを見ても、

ドラマーの松浦さんが、両手でハイハットを16分音符で刻んでいるのが見えますね。

Official髭男dism – Pretender[Official Video]

これを、いかにしっかりと演奏できるようになるかがポイントとなります。

それでは、シンプル化アレンジ&プチ楽譜付きレッスンに、入っていきましょう!

 

pretender ドラム初心者の女性のための、シンプル化アレンジ&プチ楽譜付きレッスン

さてそれでは、ドラム初心者女性のためのシンプル化アレンジ&プチ楽譜付きレッスン、

本題へと入っていきましょう!

 

今回の内容は、

イントロのパターン

Aメロのパターン

Bメロ(今回のポイント部分です^^)

フィルイン その1(イントロ&サビ)

フィルイン その2(サビ前)

サビのパターン

このような感じになっています。

 

それでは、進めていきましょう!

イントロのパターンは、サビと共通した16ビートのパターン

曲の冒頭・・・あの特徴的なギターのフレーズで始まったあと、

ドラムも入って来るのですが、それがこちらのパターンです。

 

ポイントとなるのは、ハイハットが16分音符で刻まれているという点ですね。

これは、16ビートと呼ばれます。

 

ドラムを始めて習う方は、まず8ビートというリズムから練習をして、その次に、この16ビートを練習する・・・という感じで進んでいく事が多いのですが、

ドラムをやっていると、よく出てくるパターンの一つです。

 

8ビートは、両手を交差させて、右手がハイハット、左でがスネアになります。

ですが今回の16ビートは、両手でハイハットを打ち、2拍目と4拍目の頭だけ、右手がスネアに移動する形になります。

 

最初のうちは「んんん?」と違和感を感じるかもしれませんので、

じっくりと練習して、両手でハイハットを叩く感じになれていって頂ければと思います。

 

イントロの途中に出てくる、スネア4連打のフィルイン

イントロの途中に出てくる、「ダダダダ!」というフィルインは、こんな感じの楽譜になります。

 

プチレッスン動画では、ぼくが曲に合わせて演奏する動画の中に、

一緒に楽譜も表示させておりますので、「このパターン、どこに出てくるの?」という方は、

ぜひ動画をチェックしてみてくださいね^^

 

叩き方としては、シンプルに「右手、左手、右手、左手」という形での4連打となります。

 

Aメロは、右足(バスドラム)の練習になる?!

Aメロのパターンは、こんな感じにしてみています。

ほぼほぼ原曲通りのパターンになっているかと思いますが、ポイントは、右足(バスドラム)です。

 

よく見たらすぐにお分かりになるかと思いますが、

右足のパターンは、先ほどのイントロのパターンと、まったく同じなのですね。

ですが、手のパターンが全く変わっていることで、叩いた時の感覚は、ずいぶんと違ってくるのではないかな、と思います。

 

ドラムには、「音の数が減ることで、逆に難しくなる」というリズムパターンが、けっこうあるのですが、

このAメロのパターンは、その一つかもしれません。

 

右手で打つハイハットが、2拍目と4拍目だけに減ってしまいますので、

右足(バスドラム)を踏むタイミングが、ちょっと取りづらくなってしまう事があるのですね。

 

逆に言えば、このパターンは、とてもシンプルで音の数が少ないことで、

バスドラムをしっかりと曲に合わせ打つ、良い練習になるのではないかなと思います。

 

この曲の最大のポイントとなる、Bメロのパターン

Bメロのパターンは、この曲を演奏する上で、最もポイントとなる部分ではないかなと思います。

 

動画でも解説をさせて頂いておりますが、4拍目の裏に入っているハイハットとバスドラムが、

次の小節の頭のハイハット、バスドラムと、半円のような線でつながれています。

 

これは「タイ」と呼ばれるもので、

繋がれている後ろ側の音は、演奏せず、その長さ分を伸ばしてくださいね、

といった意味の記号になります。

 

2小節目の、頭のハイハットとバスドラムは、楽譜に書いてあるけど叩かない、ということですね。

 

こういったリズムの事を「シンコペーション」と呼びます。

雰囲気としては、「ちょっと前のめりに、突っ込んだ感じが出せる」といった感じでしょうか。

 

これは、本当に様々な曲の、様々なシーンで登場するパターンですので、

ぜひ、じっくりと練習をしてみていただければと思います。

このシンコペーションが、しっかりと打てるかどうかで、この曲全体の仕上がりが決まるかも?

というくらい、ポイントとなるパターンです。

 

Bメロのフィルイン

Bメロの途中に、このようなフィルインが出てきます。

これも、先ほどのBメロのリズムパターンと同じで、4拍目の裏の音が、タイで次の小節の音と繋がっており、シンコペーションとなっています。

 

手順としては、こんな感じになります。

このフィルインも、よく出てくる形ですので、

この機会に、覚えてみていただければと思います^^

サビ前のフィルインパターン

サビ前のパターンは、このような感じです。

1小節のフィルインが入った後に、バスドラムだけになる形にしてみました。

 

手順は、こんな感じです^^

スネア2発+ハイタム → スネア2発+ロータム → ロータム2発+フロアタム

という組み合わせてで、タタトン、タタトン、トトトン、という感じでタムを回していきます。

 

しっかりテンポに乗せて叩けるように、練習してみてくださいね!

 

サビのパターンの課題は、クラッシュからハイハットへの移動

最後にサビのパターンをご紹介いたします。

サビのパターンが、イントロのパターンと同じであることは、先ほども書かせていただいた通りなのですが、

ここでは、頭にクラッシュシンバルを入れて、そこからハイハットへと移動する、という形の楽譜にしてみています。

 

頭にクラッシュが入るのは、4小節おき、あるいは8小節おき、もしくはフィルインが入った次の小節の頭、という事になるのですが、

ポイントは、クラッシュシンバルを右手で打った後に、スムーズにハイハットに戻ってくることです。

 

ドラムセットという楽器は、大きくアチラコチラへと手を移動させて演奏する楽器ですので、

今回のような、クラッシュシンバル→ハイハットシンバル、といった移動は、

たくさん登場します。

 

そういった、あっちからこっち、へといった移動の、基本的な一つのパターンについて、ぜひ、このサビのパターンで練習してみていただければと思います^^

 

まとめ

さて今回は、ドラム初心者の女性のための、シンプル化アレンジということで、

Official髭男dismの「Pretender」を取り上げてみました、

 

とても有名で人気のある曲ですし、演奏されている方も多い曲ですので、

楽しくチャレンジしてみていただければと思います!

 

それでは~(^^)

 

 

女性のための、ドラム基礎練習メルマガ

【自宅リビングで、スティックだけでできる、ドラム初心者の女性のための基礎練習を配信中!】

//-//-//-//-//-//-//-//-//

男性と女性では、体格もライフスタイルも違います。

一般的なドラムの基礎練習は、ほとんどが「男性向け」です。

女性には、女性の体格やライフスタイルに合わせたドラムの基礎練習をする方が、楽しく、スムーズに上達します(^^)

この無料メルマガでは、そんな女性のためのドラム基礎練習を、お届けしています。

 

★無料メルマガにご登録いただきました方には、【ドラムを始めた初心者の女性のための、基礎練習の動画レッスン】をプレゼントさせていただいております。

ぜひ、お気軽にご登録ください^^

個人情報の管理・取扱いについて


ご記入頂いた個人情報は、メールマガジン配信その他当サイトのからのご案内のみに使用させていただくものです。

岡田以外の第三者が情報を閲覧、使用することは一切ありません。

詳しくはプライバシーポリシーをご覧下さい。当サイトのプライバシーポリシーはコチラ

 

女性のためのオンライン基礎練LIVE

【好きな曲が叩けるようになる!オンラインドラム基礎練習ライブ配信】

参加無料!

毎週月曜日15時半からライブ配信

自宅リビングで参加OK!

スティックなし、手ぶらでも参加OK!

後から録画版の視聴もOK!

 

基礎練習って、自分一人でやっていると、「これで合っているの・・・?」と、不安になったりしませんか?

そんなドラム初心者の女性のために、オンライン基礎練習LIVEを配信しています。

オンラインで一緒に練習してみませんか?(^^)

 

■女性のためのオンライン基礎練LIVEの詳細は、Facebookページ、Twitter、Instagramでお知らせしています。

ぜひお気軽にフォローしていただき、ライブにご参加くださいませ(^^)

 

・Facebookページ

女性のためのドラム練習ブログ
女性のためのドラム練習ブログ – 「いいね!」40件 · 2人が話題にしています – 憧れの曲が叩けるようになる!ドラム初心者の女性のための、ドラム練習ブログのFacebookページです。

 

・Instagram

女性のためのオンラインドラム練習サロン (@enjoy.beat) • Instagram photos and videos
9 Followers, 0 Following, 30 Posts – See Instagram photos and videos from 女性のためのオンラインドラム練習サロン (@enjoy.beat)

 

・Twitter

好きな曲が叩けるようになる!女性のためのオンラインドラム練習サロン(@go_okada_jp)さん | Twitter
好きな曲が叩けるようになる!女性のためのオンラインドラム練習サロン (@go_okada_jp)さんの最新ツイート。好きな曲が叩けるようになる、女性のためのオンラインドラム練習サロン【Enjoy Beat】は、

大人になってドラムを再開したい方や、昔から憧れていたドラムを始めてみたい方のために、女性に合ったドラム練習…

 

■ブログ執筆者について
プロドラマー/ドラム講師
プロドラマー/ドラム講師GO

【ブログ執筆者について】

■名前 岡田剛(オカダ ゴウ)

※配達の方に、よく「ツヨシさん、お届け物でーす」と間違えられてしまいますが(笑) 名前は「ゴウ」と読みます。

■お仕事 プロドラマー/ドラム講師

地元でドラム教室を始めたら、生徒さんの8割以上が女性という状況になる。

そんな女性メインのレッスンの中で「女性と男性では、教え方が違う」という事に気が付きはじめる。

そして、その違いの原因が、「体格とライフスタイル」であることにも気が付き、教え方を変えたところ・・・

短期間で上手になって「最近、ドラムが楽しくて仕方がないです!」という生徒さんが急増。

そんなレッスンの現場で得た経験を、ブログで公開していこうと思い、「女性のためのドラム練習ブログ」を立ち上げる。

■ブログをご覧いただきました方へのメッセージ

ドラムセットという楽器は、男性的なイメージがあります。

ですので、ドラムのレッスンは「男性向け」になってしまっていることもあります。

女性が、男性向けのレッスンでドラムを練習しても、上手くならなかったり、楽しくなかったりして、悩んでしまう事もあるかと思います。

このブログでは、そんな女性のライフスタイルや体格に合わせた、ドラムの練習方法をご紹介しています。

もし何かのお役に立てていただけたら嬉しいです(^^)

■ドラム歴 30年以上

・小学1年生の時に、初めてドラムを演奏。曲は、光GENJIさんの「パラダイス銀河」

・高校でブラスバンド部に入り、パーカッションと指揮者を担当。毎日、ドラムの練習をしていました。

・キャットミュージックカレッジ専門学校、演奏科ドラム専攻へ入学。首席で卒業。

■その他の音楽歴やプライベート

・二児のオトーサンです。

・ピアノ30年以上(ブラバン顧問の先生に「ピアノ弾けるなら打楽器をやれ!」と言われ、ドラムと長く付き合うことになりました。その理由は、またブログで…)

・作曲20年以上(Youtubeに、「赤ちゃんが寝る音楽」などアップさせていただいております)

プロドラマー/ドラム講師GOをフォローする
ドラム初心者の女性のための、シンプル化アレンジ Official 髭男dism 難易度 ★★☆☆☆
プロドラマー/ドラム講師GOをフォローする
ドラム 練習 – 憧れの曲が叩けるようになる!女性のためのドラム練習ブログ
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました