あいみょんさん、マリーゴールドを初心者でも叩けるようにレッスン

ドラム初心者の女性のための、シンプル化アレンジ

あいみょんさん、マリーゴールドを初心者でも叩けるようにレッスン

こんにちは。

オンラインドラム教室Enjoy Beatのドラム講師GOです^^

 

さて今日は、あいみょんさんの「マリードールド」について、

初心者の女性でも、楽しくドラムを叩けるように、どんな感じで練習を進めていけば良いのかについて、

ご紹介をしてみたいと思います。

 

Youtubeに動画の方も公開していますので、

ぜひそちらも、ご覧になってみてくださいね。

 

マリーゴールドは、オーソドックスな8ビート

まず、あいみょんさんの「マリーゴールド」は、

とてもオーソドックスな8ビートのパターンになります。

 

8ビートについては、たくさんのドラマーの方が、叩き方の解説動画をYoutubeにアップされていますので、

すでにいくつか見たよ、という方もおられるかなと思います。

 

一番、シンプルな8ビートのパターンの楽譜をご紹介すると、

こんな感じですね。

一番上の、×のところが、ハイハットシンバルです。

一番下のおたまじゃくしが、バスドラムですね。

そして真ん中のオタマジャクシが、スネアドラムになります。

 

右手で、ハイハットを「チチチチ、チチチチ・・・」と、8分音符で刻みつつ、

左手のスネアドラムと、右足のバスドラムで、

ドン、タン、ドド、タン・・・

という感じで叩くのが、このシンプルな8ビートのパターンになります。

 

マリーゴールドは、これが叩けたら、一応は最後まで行けます(笑)

 

とは言え、やっぱりこれだけでは、ちょっと味気ないと言うか、

面白みに欠けるなぁ~、というのもあるかなと思いますので、

今回は、

 

まずは8ビートのパターンを叩けるようになる!

簡単な、フィル印を入れてみる!

ゴーストノートを、ちょこっとだけやってみる!

ハイハットのオープンクローズをやってみる!

ハイハットの、ダウンアップ奏法を・・・やってみる?

 

こんな感じのメニューで、進めてみたいと思います^^

 

まずは基本の8ビートを、練習してきましょう

さて、それではまず、先ほどのシンプルな8ビートのパターンなのですが、

こちらを、テンポ100くらいで練習してみましょう。

 

マリーゴールドのテンポが、だいたい104~108の間というくらいとなっていますので、

少し遅めの、テンポ100で8ビートが叩けるようになると、良い感じかなと思います。

 

「いきなりテンポ100で叩くというのは、ちょっとムリ!」という方もおられるかと思いますので、

その場合は、テンポ60や、80くらいから練習を始めていただいてもOKです。

というか、最初はメトロノームを消した状態で、一つずつ、手足の動きを確認するのが、一番スムーズに上達するのではないかな、と思います!

 

あと、動画内でも解説をしていますが、

ハイハットを踏んでいる左足ですね。

これは、プロドラマーはもちろん、経験値の高いドラマーさんであれば、ずっと動いているんです。

ですが、初心者の方は、いきなりこの左足を動かすことは、やらなくても大丈夫です。

なぜかと言うと、頭がこんがらがっちゃって、全く前に進まなくなる方が多いからです。

 

ある程度、叩けるようになってきた段階で、ちょっとずつ、

左足を動かすのに挑戦されると良いのかなと思います^^

 

ちょっとしたフィルインを、入れてみよう!

さて、8ビートが叩けるようになってきたら、次は少しずつ、フィルインに挑戦をしてみましょう!

 

フィルインというのは、動画の中でもお話をさせていただいておりますが、

AメロからBメロに入っていく時や、サビに向かって盛り上がっていく時に、

タムタムなどで、いろいろドドドド・・・っとやることを言います。

オカズと言ったりもしますね^^

 

今回、ちょっとやってみよう!というフィルインは、こちらの楽譜のようなパターンになります。

4拍目に、16分音符のスネアを2発打った後、ハイタムを8分音符で1発、という形になります。

(あ・・・バスドラの4拍目、2小節とも休符を書き忘れてしまっています・・・すみません)

 

これは、けっこう良く出てくるフィルインのパターンなので、

覚えておくと、また別の曲で登場する可能性も高いです。

なんでしょうね・・・お惣菜のポテトサラダと言うか。

「あ、このお弁当にもポテサラ入ってる」みたいな感じで、このフィルインは、色んな曲に入ってきます。

 

注意点を解説します^^

まず一つ目の注意点としては、4拍目からフィルインが始まる、という点ですね。

 

初心者の女性の生徒さんにレッスンをしていると、思わず3拍目から入ってしまった!

という方も、けっこうおられます。

フィルインって、「来るぞ…来るぞ…」って、ちょっと緊張しちゃうんですよね(^^;)

 

ですので、落ち着いて、4拍目からスタートさせましょう。

 

もう一点、注意したいのは、フィルインの後です。

 

フィルインの後は、クラッシュシンバルを打つというのが、ほとんどお約束のようになっているのです。

 

ですので、8ビート→フィルイン→クラッシュを打ちつつの8ビート

という形で、体を動かしていかなくちゃいけない、という感じになります。

 

この、「クラッシュを打つ」という時に、ちょっとバランスが崩れてしまうなど、

動きが少し変わることで、混乱しちゃう方もおられるのですが、

とにかくゆっくりと練習をして、動きを覚えていくのが良いかなと思います。

 

クラッシュシンバルを打った後に、8ビートに戻ってくるのですが、

その際、動画でもご説明している通り、4分音符で帰ってくるパターンと、

8分音符で帰ってくるパターンとがあります。

 

※ *←こんなマークの表記が、クラッシュシンバルです。

 

まぁ・・・どっちゃでも良いのですが(爆)

表現したい内容に合わせて変える時もありますし、テンポの速さによって変えることもあります。

今回のマリーゴールとのテンポであれば、両方ともできるように練習できたら、それが良いかと思いますが、

まずはどちらか、やりやすい方から渡来されてみると良いかなと思います。

 

4分音符で帰ってくる方が叩きやすい!という方もおられますし、

8分音符で帰ってこないとキモチワルイ!という方もおられますので、

とりあえずは好みに合う方から、練習されるのが良いかなと思います。

 

ゴーストノートを入れてみよう!

それでは次に、ゴーストノート・・・と呼ばれる音を、入れてみましょう。

ゴーストノートというのは、ゴースト(幽霊)のノート(音)ということで、

通常よりも、小さい音でスネアを叩くことを言います。

 

ゴーストノートは、初心者の方にとって、少し難しいテクニックになるかと思いますが、

もしできれば、かなりリズムのノリが変わってきて、

より、あいみょんさんのマリーゴールドのノリに近いリズムパターンで、叩けるようになります。

 

ですので、シンプルな8ビートもできるようになったし、簡単なフィルインもできるようになった!

という方は、ちょっと挑戦をしてみていただければと思います。

 

楽譜は、こんな感じです。

 

通常の8ビートに、1発だけスネアドラムが入るだけなのですが、

この1発が入るだけで、ずいぶんと動きがややこしく感じると思います。

 

慣れてしまえば、ほとんど意識しないでも、ポトポトっとスネアにスティックを落とすだけで、

サラッとゴーストノートを入れられるようになるのですが、

最初は、「はい???」という動きになるかと思います。

 

色んな練習方法がありますが、基本は、「そんなに!?」というくらい、

ゆっくりと練習をして、動きを覚えていくのが良いのではないかなと思います。

 

動画の中では、ゴーストノートがあるバージョンと、無いバージョンとで、

ノリがどんな風に変わるかを試してみていますが、

やっぱり、ゴーストが入っている方が、マリーゴールドっぽくなります。

 

ですので、よりマリーゴールドの原曲に近いノリで叩けるようになりたい!

という方は、ぜひとも挑戦をしてみていただければと思います!

 

ハイハットオープンを入れてみよう

それでは次に、ハイハットのオープンについて、ご紹介をしてみたいと思います。

 

ちなみに・・・ですが、このハイハットオープンと、先ほどのゴースト・ノートは、

どちらから先に練習をしていただいても、全然OKです!

「ゴーストノート、よく分からん!できない!」という場合は、このハイハットオープンから、

先に挑戦していただいても、良いかと思います。

 

それでは楽譜についてなのですが、こんな感じです。

ハイハットの楽譜の上に、白丸が付いていると思いますが

これが、「ハイハットをオープンさせてね」という記号になります。

 

ハイハットオープンには、いくつかの楽譜の書き方があるのですが、

この白丸で書くスタイルが、一番多いのではないかなと思います。

 

それでは、練習方法をご紹介してみたいと思うのですが、

基本、ゆっくり練習するというのは変わりません。

4拍目の裏がオープンとなっていますので、そこを叩くときに、左足を浮かせてハイハットをオープンさせます。

この時に、2点ほど注意がありますので、そちらをご説明いたします^^

 

注意点その1 左足の動かし方について

まずは左足のカカトを、写真の赤丸のあたりに乗せます。

そして、ハイハットをオープンさせる部分にが来たら、軽くつま先を上げて、ハイハットをオープンする、というのが、今回の曲では良いかなと感じます。

 

というのは、ドラマーは、経験値が高くなっていくと、

左足を常に動かすのが基本スタイルとなっていきます。

そうすると、

この赤丸の部分に、つま先を乗せて、貧乏ゆすりをするようなスタイルで、

左足を動かす感じになるのですね。

その流れの中でハイハットオープンをするとなると、足を丸ごと浮かせて、ハイハットオープンをする方が、やりやすい!

というケースもあったりするんです。

 

パターン1.かかとを付けて、つま先を上げてオープン

パターン2.つま先を付けて、足を丸ごと浮かせてオープン

 

ハイハットオープンには、この2パターンがある・・・という感じです。

 

これは、曲のテンポや、ハイハットオープンのタイミングなどによって使い分ける

といったイメージになります。

今回の場合は、パターン1.がやりやすいかな?と思います!

 

注意点その2 ハイハットオープンの微妙なタイミング調整

ハイハットオープンは、タイミングが思ったよりシビアだったりします。

 

どういうこと?と言うと、

「ハイハットオープンを叩いたつもりだったけど、左足でハイハットを開けるタイミングがちょっと遅くて、ちゃんとオープンの音が鳴らなかった」

といった事が起こったりするのです。

 

右手でハイハットを叩くと同時に、左足を動かしてハイハットをオープンさせたつもりが、

微妙に、左足の動きが遅かった・・・という感じですね。

 

これは、ゆっくり練習するのはもちろんなのですが、

ある程度、原曲に近いテンポの中で練習して、しっかりオープンの音が鳴るタイミングを掴んでいくのも良いかなと思います。

くじけずに、何度も繰り返しトライしてみましょう!

 

ハイハットのダウンアップ奏法を・・・やってみる?

それでは最後に・・・ハイハットのダウンアップ(アップダウン)奏法について、ご紹介をしてみたいと思います。

 

これは、もう、

「ゴーストノートもできたし、ハイハットオープンもできたし、

ゴーストノートとハイハットオープンの組み合わせもできた! 」

という方に、挑戦をしてみていただければと思います。

 

なぜかと言うと、けっこうムズカシイからです(^^;)

 

動画の中で解説をしてみていますが、

ダウンアップ奏法は、ハイハットを、こんな感じで叩くイメージです。

これはあくまで、練習のための極端な表記です。

1拍目から4拍目まで、表にアクセントが付いているような感じですね。

しかし実際には、楽譜にこのように表記されることは、まずありません。

 

それぞれの曲のノリや、グルーヴを感じ取って、ドラマーが各々、表現をするという感じです。

 

さて、それでは練習の方法についてですが、

まずスティックを振り下ろしながら1発、打ちます。

そして、次にスティックを振り上げながら1発、軽くハイハットに当てる感じで打ちます。

これを繰り返す・・・という感じですね。

 

ダウンアップ(アップダウン)奏法の、コツとポイント

ダウンアップ奏法のコツやポイントは、いくつかありますが、

とにかく、リキまない事かな・・・と思います。

 

リキんでしまうと、動きがカクカクしてロボットみたいな感じになってしまったり、

テンポ感が不安定になったりする事もあります。

 

ですので、まずはゆっくりと動きを確認して、

8ビートの中で、ゆっくりリキまずに身体を動かせるよう、練習をしていきましょう。

動きを覚えて、慣れてきたら、だんだんと原曲のテンポに上げていく、という感じですね!

 

最初の内は、「なんじゃ、こりゃーー!」となる方も多いのですが、

繰り返しトライしていれば、だんだんとできるようになってきます!

 

ダウンアップ奏法の8ビートで、マリーゴールドを演奏すると、

すごく原曲っぽい雰囲気になりますので、ぜひ、ガンバってみてくださいね!

 

それでは、あいみょんさんのマリーゴールドは、以上となります^^

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

女性のための、ドラム基礎練習メルマガ

【自宅リビングで、スティックだけでできる、ドラム初心者の女性のための基礎練習を配信中!】

//-//-//-//-//-//-//-//-//

男性と女性では、体格もライフスタイルも違います。

一般的なドラムの基礎練習は、ほとんどが「男性向け」です。

女性には、女性の体格やライフスタイルに合わせたドラムの基礎練習をする方が、楽しく、スムーズに上達します(^^)

この無料メルマガでは、そんな女性のためのドラム基礎練習を、お届けしています。

 

★無料メルマガにご登録いただきました方には、【ドラムを始めた初心者の女性のための、基礎練習の動画レッスン】をプレゼントさせていただいております。

ぜひ、お気軽にご登録ください^^

個人情報の管理・取扱いについて


ご記入頂いた個人情報は、メールマガジン配信その他当サイトのからのご案内のみに使用させていただくものです。

岡田以外の第三者が情報を閲覧、使用することは一切ありません。

詳しくはプライバシーポリシーをご覧下さい。当サイトのプライバシーポリシーはコチラ

 

女性のためのオンライン基礎練LIVE

【好きな曲が叩けるようになる!オンラインドラム基礎練習ライブ配信】

参加無料!

毎週月曜日15時半からライブ配信

自宅リビングで参加OK!

スティックなし、手ぶらでも参加OK!

後から録画版の視聴もOK!

 

基礎練習って、自分一人でやっていると、「これで合っているの・・・?」と、不安になったりしませんか?

そんなドラム初心者の女性のために、オンライン基礎練習LIVEを配信しています。

オンラインで一緒に練習してみませんか?(^^)

 

■女性のためのオンライン基礎練LIVEの詳細は、Facebookページ、Twitter、Instagramでお知らせしています。

ぜひお気軽にフォローしていただき、ライブにご参加くださいませ(^^)

 

・Facebookページ

女性のためのドラム練習ブログ
女性のためのドラム練習ブログ – 「いいね!」41件 – 憧れの曲が叩けるようになる!ドラム初心者の女性のための、ドラム練習ブログのFacebookページです。

 

・Instagram

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

 

・Twitter

https://twitter.com/go_okada_jp

 

■ブログ執筆者について
プロドラマー/ドラム講師
プロドラマー/ドラム講師GO

【ブログ執筆者について】

■名前 岡田剛(オカダ ゴウ)

※配達の方に、よく「ツヨシさん、お届け物でーす」と間違えられてしまいますが(笑) 名前は「ゴウ」と読みます。

■お仕事 プロドラマー/ドラム講師

地元でドラム教室を始めたら、生徒さんの8割以上が女性という状況になる。

そんな女性メインのレッスンの中で「女性と男性では、教え方が違う」という事に気が付きはじめる。

そして、その違いの原因が、「体格とライフスタイル」であることにも気が付き、教え方を変えたところ・・・

短期間で上手になって「最近、ドラムが楽しくて仕方がないです!」という生徒さんが急増。

そんなレッスンの現場で得た経験を、ブログで公開していこうと思い、「女性のためのドラム練習ブログ」を立ち上げる。

■ブログをご覧いただきました方へのメッセージ

ドラムセットという楽器は、男性的なイメージがあります。

ですので、ドラムのレッスンは「男性向け」になってしまっていることもあります。

女性が、男性向けのレッスンでドラムを練習しても、上手くならなかったり、楽しくなかったりして、悩んでしまう事もあるかと思います。

このブログでは、そんな女性のライフスタイルや体格に合わせた、ドラムの練習方法をご紹介しています。

もし何かのお役に立てていただけたら嬉しいです(^^)

■ドラム歴 30年以上

・小学1年生の時に、初めてドラムを演奏。曲は、光GENJIさんの「パラダイス銀河」

・高校でブラスバンド部に入り、パーカッションと指揮者を担当。毎日、ドラムの練習をしていました。

・キャットミュージックカレッジ専門学校、演奏科ドラム専攻へ入学。首席で卒業。

■その他の音楽歴やプライベート

・二児のオトーサンです。

・ピアノ30年以上(ブラバン顧問の先生に「ピアノ弾けるなら打楽器をやれ!」と言われ、ドラムと長く付き合うことになりました。その理由は、またブログで…)

・作曲20年以上(Youtubeに、「赤ちゃんが寝る音楽」などアップさせていただいております)

プロドラマー/ドラム講師GOをフォローする
ドラム初心者の女性のための、シンプル化アレンジ あいみょん
プロドラマー/ドラム講師GOをフォローする
ドラム 練習 – 憧れの曲が叩けるようになる!女性のためのドラム練習ブログ
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました