ルパン三世のテーマ ’78 ドラム – ルパン三世のテーマのドラムを、初心者の女性のためにシンプル化アレンジ(プチ楽譜&レッスン付き)

ドラム初心者の女性のための、シンプル化アレンジ

ルパン三世のテーマのドラムを、初心者の女性のためにシンプル化アレンジ(プチ楽譜&レッスン付き)

こんにちは。

オンラインドラム教室Enjoy Beatのドラム講師GOです^^

 

今回は、

ドラム初心者の女性が、楽しく曲を演奏できるように、

「ドラム講師GOが、ドラム初心者の女性のために、ドラム楽譜をシンプル化アレンジ&レッスン」

という内容のブログを、お届けしていきたいと思います。

 

シンプル化アレンジって

どんな感じの内容なの?

ダサい感じのアレンジになったりしない・・・?

ドラム講師GO
ドラム講師GO

「ドラムパートを初心者の女性のためにアレンジ」

というシリーズは、

 

1.原曲のノリやカッコ良さ、

雰囲気は、できるだけそのまま!

 

2.ドラム初心者の女性が演奏しやすい、

シンプルなパターンにアレンジ

 

3.簡単な楽譜と、プチレッスン付き♪

 

というシリーズです^^

じゃ、初心者の女性でも、

楽しくカッコよく、

曲を叩けるようになる・・・?!

ドラム講師GO
ドラム講師GO

個人差はあるかと思いますが、

本当に「ドラムを始めたばかりの人」でも、

1~2週間ほど練習すれば、

叩けるようにと思って、

プチレッスンさせて頂きます^^

楽しみ!

よろしくお願いしまーす!

ドラム講師GO
ドラム講師GO

原曲通りの楽譜を、

忠実に再現していくという形とは

チョット違います。

 

その部分については、

事前にご理解いただければと思います!

 

OKでーす!

ドラム講師GO
ドラム講師GO

Youtubeに動画レッスンも公開していますので、

そちらもあわせて、ご覧になってみてくださいね^^

「ルパン三世のテーマ」のドラムを、初心者の女性が楽しく演奏できるようにアレンジ

 

さて今回は、大野雄二さん作曲の「ルパン三世のテーマ」ついて、

ドラム初心者の女性が楽しく演奏できるように、シンプル化アレンジをしてみたいと思います^^

 

ご紹介させていただいている内容で、1~2週間ほど練習をすれば、

「ドラムを始めたばかり」というドラム初心者の女性も、

1コーラス目を楽しく演奏していただけるようになるのではないかと思います。

(※もちろん、個人差があります)

 

バンドでのライブや、個人的に演奏できるようになりたい方など、

ドラム初心者の女性に、ご参考いただければ嬉しいです。

 

ルパン三世のテーマ・・・ドラムの難易度や練習のテーマは?

それではまず、今回の楽曲である「ルパン三世のテーマ」について、

曲の「難易度」と、「練習テーマ」を、ご紹介をさせて頂きたいと思います。

 

難易度については・・・今回は、★4つというレベルでアレンジをさせて頂きました。

 

動画レッスンの中でも少しだけ触れていますが、

星5つに限りなく近いイメージの、★4つという感じのレベルになっているかなと思います。

 

ドラム初心者の方にとっては、難しいと感じる部分もいくつか出てくるかもしれませんが、

それをクリアするために必要な練習法もご紹介をしていきたいと思いますので、

ご参考いただければ嬉しいです。

 

ルパン三世のテーマ’78を演奏する上でのテーマは、

16ビート系のリズムパターン

キメの部分が多く登場する

パターンの切り替えが多い

といった部分になってくるかと思います。

 

基本のリズムパターンが16ビートとなっていますので、

まずはその基本パターンが演奏できるように、練習をしていきましょう。

 

そして、数多く出てくるキメの部分については、

基礎練習の積み重ねがポイントとなってきますので

そちらについても、ご紹介をしていければと思います。

 

3点目としては、パターンの切り替えが多い事です。

次々と演奏するパターンが切り替わっていきますので、

たとえば「あ、切り替える部分を間違えた!」といった場合の、

リカバリー方法についてなども、お伝えをしてみたいと思います。

 

ルパン三世のテーマのドラム 初心者の女性のためのシンプル化アレンジ(プチ楽譜&レッスン付き)

それでは、ルパン三世のテーマのシンプル化アレンジ&プチ楽譜付きレッスンを始めていきましょう!

今回、お届けをさせていただく部分を、まず整理しておきたいと思います。

 

イントロのパターンとキメ

Aメロのパターンとキメ

Bメロのパターンとキメ

繰り返し後のAメロ後半パターン

Cメロのパターンとキメ

 

この5つとなります。

もうすでに、パターンの数とキメの個所の多さが感じられますよね(笑)

 

クリアしていきたい部分が多い楽曲となっていますので、

じっくりと、ゆっくりと進めていきましょう^^

 

イントロは、ほぼ全てがキメとフィルインというパターン

まずイントロについては、このような楽譜となっています。

 

この部分は、とにかくキメやフィルインがたくさん登場します。

いきなり冒頭で、いろいろなテクニックのオンパレードといったような形になっていますので、

ドラム初心者の方にとっては、スタート開始から大変かもしれません。

 

ですがこの部分は、実は「カラ打ち」の基礎練習をされている方にとっては、

スッとクリアできてしまう可能性もあったりします。

 

カラ打ちというのは、「アクセント移動」という基礎練習の、真逆と言っても良い練習方法となります。

こちらは、アクセント移動のもっとも基本的な楽譜となりますが、

この楽譜のアクセントの部分を、わざと外す(空中でスティックを振るだけで、音を出さないようにする)というのが、カラ打ちという基礎練習の内容となります。

 

この練習をしていると、たとえば冒頭の1小節は、

カラ打ちの基礎練習をいくつかそのまま並べたような感じになっていますので、

スッとクリアできるようになる、といった感じですね。

 

イントロの部分の手順は、このような感じになっていますが、

スネアでのキメ(1小節目、3小節目)は、カラ打ちの基礎練習をされている方は、このような手順に、自然となるのではないかと思います。

 

そして、2小節目と4小節目のタム回しについては、叩きやすい手順で、まずはOKです。

 

最後の段は、ハイハットを16分音符で叩く16ビートのパターンに、

1拍目の表の2拍目のウラに、それぞれ16分音符の2連打が入る、という形になっています。

 

最後の部分も、スネアの連打部分は「カラ打ち」。

そして、最後の小節はシンプルなスネアとタムの組み合わせとなっています。

 

ドラム講師GO
ドラム講師GO

ワンポイントアドバイス

■1.基礎練習としては、アクセント移動とカラ打ちをやってみましょう!

 

■2.テンポが速く、リズムも複雑ですので、ゆっくりとから練習をしましょう。

Aメロのパターンは、16ビートの基本パターン

Aメロに入ると、まずは16ビートの基本パターンが登場します。

ハイハットを16分音符で刻みつつ、2拍目と4拍目にスネアドラムを打つというパターンですね。

バスドラムがシンプルな形となっていますので、すぐにクリアできる方も多いのではないかと思います。

 

キメの部分は、ほぼ全て右手から入るスネアのパターン(2段目2小節目の2拍目だけは左手)となっており、

先ほどの「カラ打ち」の基礎練習をされている方にとっては、クリアしやすい部分になるかなと思いいます。

 

ドラム講師GO
ドラム講師GO

ワンポイントアドバイス

 

■1.16ビートの基本パターンを、しっかりと練習してみましょう。

 

■2.スネアのキメの部分は、こちらも「カラ打ち」の練習が活きてきます。

Bメロは、ライドシンバルを打ちながらの、少し変則的なパターン

Bメロに入ると、このような感じのリズムパターンになります。

Bメロの最初4小節は、上の楽譜の1小節目を4回繰り返すのですが、

このパターンが、今回のルパン三世のテーマの中でも、一番、特殊なリズムパターンになるかなと思います。

 

まず、右手がハイハットではなく、ライドシンバルとなっていますね。

 

このライドシンバルを、右手で四分音符で打ちながら、

バスドラムとスネアが、通常とは少し違った位置に入ってくる、というパターンとなっています。

ポイントは1拍目だけになりますので、その部分だけを、ゆっくりと練習をされてみるのが、良いのではないかなと思います^^

ドラム講師GO
ドラム講師GO

ワンポイントアドバイス

 

■1.ライドシンバルを打ちながらのパターンに、まずは慣れていきましょう。

 

■2.ゆっくりと手足の動きを確認するところから、始めていきましょう。

 

繰り返した後のAメロのパターン

Bメロが終わって、Aメロに戻ってきたあと、

途中からこのようなリズムパターンに切り替わります。

と言っても、バスドラムの位置が、2拍目のウラから3拍目のウラに移るだけとなっておりますので、すぐにクリアできる方も、多いのではないかと思います。

 

このパターンは、16ビートの中でも特にシンプルで基本的なパターンとなっておりますので、

16ビートの基本練習としても、使っていただけるのではないかなと思います。

 

ドラム講師GO
ドラム講師GO

ワンポイントアドバイス

 

■1.16ビートの基本パターンとして、自分のモノにできるように練習をしてみましょう。

 

■2.バスドラムのパターンが切り替わっても、安定感が崩れないように気を付けましょう。

 

Cメロは、16ビート×シンコペーションのパターン&ハイハット・オープンクローズ

さて、それでは最後のCメロへと入っていきましょう!

すでに色んなパターンが登場しましたので、もうお腹いっぱい…という方もおられるかもしれませんが、

Cメロは、さらに新しいパターンが登場します。

 

まず一つは、16ビートのシンコペーションのパターンです。

赤い枠で囲った部分が、シンコペーションと呼ばれるパターンとなります。

この「シンコペーション」は、このブログをお読みいただいている方でしたら、すでに何度か出てきていますので、ご存じかもしれません。

初めての方は、ぜひこの「シンコペーション」という言葉を、覚えておいて頂ければと思います。

それくらい、頻繁に登場する形なのです^^

 

シンコペーションは、普通なら2小節目の頭に、シンバルなどの強い音が来るところを、

一小節前の、4拍目のウラなどに強い音を入れることで、

ちょっと突っ込んだ感じや、疾走感、ドライブ感を出すことができる、という内容のものになります。

 

今回の場合、16ビートとなっていますので、4拍目の頭のスネアドラムは右手、

その次のシンコペーションとなっているスネアドラムは、左手で打ち、

同時に右手でクラッシュシンバルを打つ、という手順が、やりやすいかなと思います。

 

まずはゆっくりと、体の動かし方を確認しながら、練習をしてみて頂ければと思います。

 

そして、最後に登場するのが、ハイハット・オープンクローズのキメです。

バスドラムが、2拍目の16ウラに入っており、

そこに、ハイハットオープンの音を合わせているのですが、

ハイハットオープンを打ったら、その直後にハイハットを左足で閉じる事で、

キレの良いハイハットサウンドを出す、といったテクニックとなっています。

 

このキメのパターンも、最初はなかなか上手く足が動かなかったりしますので、

ゆっくりと、動きを確認していきながら、練習をされてみるのが良いかなと思います。

 

コツとしては、動画レッスンの中でも解説をさせていただいておりますが、

バスドラム(右足)とハイハット(左足)を、交互に踏む形にすると、

上手くオープンクローズができるようになってくるのではないかなと思います!

 

ドラム講師GO
ドラム講師GO

ワンポイントアドバイス

 

■1.シンコペーションのパターンについて、ゆっくりと練習をしてみましょう。

 

■2.ハイハット・オープンクローズは、意外によく登場しますので、この機会に自分の技として身に付けてみましょう!

 

今回のまとめ

さて今回は、ルパン三世のテーマ’78を取り上げさせていただきました。

 

とても有名で、誰もが知る曲だと思いますので、

それなりの難易度ではありますが、ぜひ、チャレンジしてみて頂ければと思います^^

 

パターンが多く、どんどんと違うパターンへと変わっていきますので、

もし演奏の途中で、どこか分からなくなった場合は、

焦らずに周りの音を聴いて、復帰できるところを見極めて、帰ってくるようにすると、

良いのではないかなと思います。

 

ライブなど、人前で演奏される方は、こちらもご参考にしてみて頂ければと思います。

女性のための、ドラム基礎練習メルマガ

【自宅リビングで、スティックだけでできる、ドラム初心者の女性のための基礎練習を配信中!】

//-//-//-//-//-//-//-//-//

男性と女性では、体格もライフスタイルも違います。

一般的なドラムの基礎練習は、ほとんどが「男性向け」です。

女性には、女性の体格やライフスタイルに合わせたドラムの基礎練習をする方が、楽しく、スムーズに上達します(^^)

この無料メルマガでは、そんな女性のためのドラム基礎練習を、お届けしています。

 

★無料メルマガにご登録いただきました方には、【ドラムを始めた初心者の女性のための、基礎練習の動画レッスン】をプレゼントさせていただいております。

ぜひ、お気軽にご登録ください^^

個人情報の管理・取扱いについて


ご記入頂いた個人情報は、メールマガジン配信その他当サイトのからのご案内のみに使用させていただくものです。

岡田以外の第三者が情報を閲覧、使用することは一切ありません。

詳しくはプライバシーポリシーをご覧下さい。当サイトのプライバシーポリシーはコチラ

 

女性のためのオンライン基礎練LIVE

【好きな曲が叩けるようになる!オンラインドラム基礎練習ライブ配信】

参加無料!

毎週月曜日15時半からライブ配信

自宅リビングで参加OK!

スティックなし、手ぶらでも参加OK!

後から録画版の視聴もOK!

 

基礎練習って、自分一人でやっていると、「これで合っているの・・・?」と、不安になったりしませんか?

そんなドラム初心者の女性のために、オンライン基礎練習LIVEを配信しています。

オンラインで一緒に練習してみませんか?(^^)

 

■女性のためのオンライン基礎練LIVEの詳細は、Facebookページ、Twitter、Instagramでお知らせしています。

ぜひお気軽にフォローしていただき、ライブにご参加くださいませ(^^)

 

・Facebookページ

女性のためのドラム練習ブログ
女性のためのドラム練習ブログ – 「いいね!」41件 – 憧れの曲が叩けるようになる!ドラム初心者の女性のための、ドラム練習ブログのFacebookページです。

 

・Instagram

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

 

・Twitter

https://twitter.com/go_okada_jp

 

■ブログ執筆者について
プロドラマー/ドラム講師
プロドラマー/ドラム講師GO

【ブログ執筆者について】

■名前 岡田剛(オカダ ゴウ)

※配達の方に、よく「ツヨシさん、お届け物でーす」と間違えられてしまいますが(笑) 名前は「ゴウ」と読みます。

■お仕事 プロドラマー/ドラム講師

地元でドラム教室を始めたら、生徒さんの8割以上が女性という状況になる。

そんな女性メインのレッスンの中で「女性と男性では、教え方が違う」という事に気が付きはじめる。

そして、その違いの原因が、「体格とライフスタイル」であることにも気が付き、教え方を変えたところ・・・

短期間で上手になって「最近、ドラムが楽しくて仕方がないです!」という生徒さんが急増。

そんなレッスンの現場で得た経験を、ブログで公開していこうと思い、「女性のためのドラム練習ブログ」を立ち上げる。

■ブログをご覧いただきました方へのメッセージ

ドラムセットという楽器は、男性的なイメージがあります。

ですので、ドラムのレッスンは「男性向け」になってしまっていることもあります。

女性が、男性向けのレッスンでドラムを練習しても、上手くならなかったり、楽しくなかったりして、悩んでしまう事もあるかと思います。

このブログでは、そんな女性のライフスタイルや体格に合わせた、ドラムの練習方法をご紹介しています。

もし何かのお役に立てていただけたら嬉しいです(^^)

■ドラム歴 30年以上

・小学1年生の時に、初めてドラムを演奏。曲は、光GENJIさんの「パラダイス銀河」

・高校でブラスバンド部に入り、パーカッションと指揮者を担当。毎日、ドラムの練習をしていました。

・キャットミュージックカレッジ専門学校、演奏科ドラム専攻へ入学。首席で卒業。

■その他の音楽歴やプライベート

・二児のオトーサンです。

・ピアノ30年以上(ブラバン顧問の先生に「ピアノ弾けるなら打楽器をやれ!」と言われ、ドラムと長く付き合うことになりました。その理由は、またブログで…)

・作曲20年以上(Youtubeに、「赤ちゃんが寝る音楽」などアップさせていただいております)

プロドラマー/ドラム講師GOをフォローする
ドラム初心者の女性のための、シンプル化アレンジ 難易度 ★★★★☆ 大野雄二
プロドラマー/ドラム講師GOをフォローする
ドラム 練習 – 憧れの曲が叩けるようになる!女性のためのドラム練習ブログ
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました