情熱大陸 ドラム – 情熱大陸のドラムを、初心者の女性のためにシンプル化アレンジ(プチ楽譜&レッスン付き)

ドラム初心者の女性のための、シンプル化アレンジ

情熱大陸のドラムを、初心者の女性のためにシンプル化アレンジ(プチ楽譜&レッスン付き)

こんにちは。

オンラインドラム教室Enjoy Beatのドラム講師GOです^^

 

今回は、

ドラム初心者の女性が、楽しく曲を演奏できるように、

「ドラム講師GOが、ドラム初心者の女性のために、ドラム楽譜をシンプル化アレンジ&レッスン」

という内容のブログを、お届けしていきたいと思います。

 

シンプル化アレンジって

どんな感じの内容なの?

ダサい感じのアレンジになったりしない・・・?

ドラム講師GO
ドラム講師GO

「ドラムパートを初心者の女性のためにアレンジ」

というシリーズは、

 

1.原曲のノリやカッコ良さ、

雰囲気は、できるだけそのまま!

 

2.ドラム初心者の女性が演奏しやすい、

シンプルなパターンにアレンジ

 

3.簡単な楽譜と、プチレッスン付き♪

 

というシリーズです^^

じゃ、初心者の女性でも、

楽しくカッコよく、

曲を叩けるようになる・・・?!

ドラム講師GO
ドラム講師GO

個人差はあるかと思いますが、

本当に「ドラムを始めたばかりの人」でも、

1~2週間ほど練習すれば、

叩けるようにと思って、

プチレッスンさせて頂きます^^

楽しみ!

よろしくお願いしまーす!

ドラム講師GO
ドラム講師GO

原曲通りの楽譜を、

忠実に再現していくという形とは

チョット違います。

 

その部分については、

事前にご理解いただければと思います!

 

OKでーす!

ドラム講師GO
ドラム講師GO

Youtubeに動画レッスンも公開していますので、

そちらもあわせて、ご覧になってみてくださいね^^

 

「情熱大陸」のドラムを、初心者の女性が楽しく演奏できるようにアレンジ

さて今回は、葉加瀬太郎さんの「情熱大陸」ついて、

ドラム初心者の女性が楽しく演奏できるように、シンプル化アレンジをしてみたいと思います^^

 

ご紹介させていただいている内容で、1~2週間ほど練習をすれば、

「ドラムを始めたばかり」というドラム初心者の女性も、

1コーラス目を楽しく演奏していただけるようになるのではないかと思います。

(※もちろん、個人差があります)

 

バンドでのライブや、個人的に演奏できるようになりたい方など、

ドラム初心者の女性に、ご参考いただければ嬉しいです。

 

情熱大陸・・・ドラムの難易度や練習のテーマは?

今回、取り上げさせていただきました、情熱大陸について、

まずは「難易度」と、「練習のポイント」について、ご紹介をさせて頂きたいと思います。

 

難易度については、★3つとさせて頂いております。

今回の楽曲である「情熱大陸」は、すでに皆さんもご存じかとは思いますが、

様々なアレンジ・バージョンがあります。

 

ディスコ風にアレンジされたライブや、各楽器でソロをどんどん回していくロングバージョンなどなど、

いろんなパターンがありますよね。

 

つまりどういう事かと言うと・・・この曲は、アレンジによっていくらでも難易度を調整できちゃう、すごく練習になる曲なのです^^

 

シンプルにしようと思えば、★1つというレベルまでシンプル化アレンジが可能ですし、

★5つの難易度にアレンジすることも、できちゃうのですね。

 

そこで今回は、ちょうど中間である★3つという形でシンプル化アレンジをさせて頂きました。

 

練習のポイントは、大きく2つあります。

16ビートの軽快なノリを、しっかり出していくこと

キメをしっかりと合わせていくこと

この2点です。

 

この曲は、サンバのノリと言えば良いでしょうか・・・ノリノリで、ダンサブルな感じになっていますよね。

その、踊りだしたくなるようなノリを出しているのが、16ビートなのです。

ですので、その16ビートをしっかりと、ノリよく演奏できるようにすることが、一番のポイントかなと思います。

 

2点目は、キメですね。

この曲には、いくつかの大切な「キメ」が出てきます。

バンド全体で、同じリズムで動く「キメ」が何度か出てきますので、それを合わせていくようにするのが、2つ目のポイントかなと思います。

 

情熱大陸のドラム、初心者の女性のためにシンプル化アレンジ(プチ楽譜&レッスン付き)

さてそれでは、葉加瀬太郎さんの「情熱大陸」について、

プチ楽譜付きレッスンへと、入っていきましょう!

 

今回、お伝えをさせていただくレッスン内容について、まずはご紹介をさせて頂きたいと思います。

 

イントロのパターンと、キメ

Aメロのパターンと、キメ

Aメロのブレイク

サビ前のブレイク

サビのパターンとフィルイン

 

こうやって改めて一覧にすると分かりやすいのですが、

とにかくキメが多く出てきますね。

 

これらのキメを練習していくことが、情熱大陸を楽しく、カッコよく演奏する上でのポイントとなりますので、

一つずつ、見ていきましょう!

 

イントロのパターンと、キメ

まずイントロの基本パターンについてご紹介をいたします。

イントロは、ハイハットとバスドラムだけ(スネアが入らない)の、16ビートのパターンとなっています。

 

これは、バスドラを4分音符で、それぞれの拍の頭に入れながら、

ハイハットを16分音符で刻んでいくだけですので、すぐにクリアできる方も多いのではないかと思います。

 

練習ポイントとなるのは、最後のキメとなる部分ですね。

「タタンタ、ンタンタ、タン」という、裏打ちの連続となっており、

手順はこのような感じとなります。

裏打ちということで、最初と最後以外の4発を、全て左手で打つような形になっています。

 

これは、動画の中でも解説をさせて頂いておりますのが、

この部分の直線まで、両手でハイハットを叩いているというのがあります。

 

そんな、両手で16分音符を叩いている流れのまま、この小節に入ると、

右手で叩く部分が、ほとんどお休み・・・という感じになるのですね。

そのため、左手で叩くような形にしています。

 

この部分は、動画の方が分かりやすいかもしれませんので、

分かりにくい方は、そちらも一緒にチェックしてみていただければと思います。

 

Aメロのパターンと、キメ

Aメロは、はず冒頭にキメが出てきます。

とは言え、これは誰もが知る情熱大陸の有名なフレーズですよね(笑)

それに合わせるように、バスドラムとシンバルを打っていく形になっています。

 

ここでのポイントは、その最後に入っている4拍目のスネアドラムです。

装飾音符が付いた音がありますが、これをしっかりと、外さないように入れられるように、練習してみていただければと思います。

専門用語で「フラム」と呼ばれる音となっており、これはいろんな場面で、ちょくちょく登場します^^

 

Aメロの基本パターンは、冒頭のイントロと同じになりますので、

この曲ノリやテンポ感を失わないように、軽快に叩けるように、練習していきましょう!

 

Aメロのブレイクその1、3連符系

Aメロの途中に、このようなキメが登場します。

「タタタ、ンタタ、タ」という、三連符系のキメです。

 

これも、情熱大陸の有名なフレーズの1つですので、

頭でアレコレと理論的なことを考えるよりも、曲に合わせにいく感じで打ってしまう方が、

演奏しやすいかもしれません。

 

リズムの形としては、1拍目が三連符。

2拍目は、三連符の頭一つがお休みになっており、そのまま3拍目の四分音符に入っていく感じです。

 

練習のポイントとなるのは、「それまで16ビートで刻んでいたのが、いきなり3連符になる」というブブになってくる部分かなと感じます。

16ビートのフィールから、パッと三連符に切り替わりますので、それをしっかりと切り替えていけるように、練習してみていただければと思います。

 

サビ前のフィルイン

サビ前のフィルインは、動画レッスンでも解説をさせて頂いておりますが、

1拍目のクラッシュシンバルを、左手でパッと切ってしまうテクニックを使ってみています。

 

さほど難しいテクニックではないのですが、

シンバルを右手で打った後に、左手でパッと止める事で、

いつもなら「シャーーーン!」となるシンバルが「シャッ!!」という感じで、

アクセントが強調されたような音になるのですね。

 

これは、バンド全体が1拍目でバンっとブレイクしているので、

それに合わせて、ドラムもバンっと切ってみている感じです。

 

この小節については、左手がお休みの状態ですので、

比較的、チャレンジしやすいのではないかと思います。

難易度としてはさほど高くありませんが、見た目のインパクトも強いテクニックですので、

ぜひ、やってみていただければと思います^^

 

サビのパターンとフィルイン

サビのパターンは、このような形にしてみています。

 

基本的には、16ビートのシンプルなパターンとなっていますが、

バスドラムをずっと4分音符で打ち続けながらの16ビートになりますので、

ちょっと、忙しいと感じるかもしれません。

 

2拍目と4拍目の1発目をスネアに移動する以外は、

これまでに出てきた16ビートのパターンと同じですので、

しっかりと動きを確認して、叩けるように練習してみていただければと思います。

 

 

そしてフィルインについては、このような手順で叩いていきましょう。

これも、冒頭のイントロのパターンで出てきたフィルインと同じで、

「両手で16ビートを打っている」という流れの中で登場するフィルインですね。

 

そのため、「タタンタ、タタンタ、タタンタ、タンタン」という、

最初の3拍分については、「右、左、左」という手順で打っています。

 

多くの方は、利き手が右だと思いますので、

こういった早めのテンポで左手が連続して出てくるのは大変かもしれませんが、

しっかりと曲の流れに乗って左手を打てるように、練習してみていただければと思います!

 

今回のまとめ

今回は、葉加瀬太郎さんの「情熱大陸」を取り上げさせていただきました。

ライブで演奏しても、すごく盛り上がる楽曲ですし、個人的に、音源に合わせて練習していても、すごく楽しいですよね^^

 

難易度を幅広く調整できる!という曲でもありますので、

ぜひ長く、じっくりと演奏し続けていける、レパートリーの一つにしてみていただければと思います。

女性のための、ドラム基礎練習メルマガ

【自宅リビングで、スティックだけでできる、ドラム初心者の女性のための基礎練習を配信中!】

//-//-//-//-//-//-//-//-//

男性と女性では、体格もライフスタイルも違います。

一般的なドラムの基礎練習は、ほとんどが「男性向け」です。

女性には、女性の体格やライフスタイルに合わせたドラムの基礎練習をする方が、楽しく、スムーズに上達します(^^)

この無料メルマガでは、そんな女性のためのドラム基礎練習を、お届けしています。

 

★無料メルマガにご登録いただきました方には、【ドラムを始めた初心者の女性のための、基礎練習の動画レッスン】をプレゼントさせていただいております。

ぜひ、お気軽にご登録ください^^

個人情報の管理・取扱いについて


ご記入頂いた個人情報は、メールマガジン配信その他当サイトのからのご案内のみに使用させていただくものです。

岡田以外の第三者が情報を閲覧、使用することは一切ありません。

詳しくはプライバシーポリシーをご覧下さい。当サイトのプライバシーポリシーはコチラ

 

女性のためのオンライン基礎練LIVE

【好きな曲が叩けるようになる!オンラインドラム基礎練習ライブ配信】

参加無料!

毎週月曜日15時半からライブ配信

自宅リビングで参加OK!

スティックなし、手ぶらでも参加OK!

後から録画版の視聴もOK!

 

基礎練習って、自分一人でやっていると、「これで合っているの・・・?」と、不安になったりしませんか?

そんなドラム初心者の女性のために、オンライン基礎練習LIVEを配信しています。

オンラインで一緒に練習してみませんか?(^^)

 

■女性のためのオンライン基礎練LIVEの詳細は、Facebookページ、Twitter、Instagramでお知らせしています。

ぜひお気軽にフォローしていただき、ライブにご参加くださいませ(^^)

 

・Facebookページ

女性のためのドラム練習ブログ
女性のためのドラム練習ブログ – 「いいね!」43件 – 憧れの曲が叩けるようになる!ドラム初心者の女性のための、ドラム練習ブログのFacebookページです。

 

・Instagram

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

 

・Twitter

ドラマー/ドラム講師GO(@go_okada_jp)さんはTwitterを利用しています

 

■ブログ執筆者について
プロドラマー/ドラム講師
プロドラマー/ドラム講師GO

【ブログ執筆者について】

■名前 岡田剛(オカダ ゴウ)

※配達の方に、よく「ツヨシさん、お届け物でーす」と間違えられてしまいますが(笑) 名前は「ゴウ」と読みます。

■お仕事 プロドラマー/ドラム講師

地元でドラム教室を始めたら、生徒さんの8割以上が女性という状況になる。

そんな女性メインのレッスンの中で「女性と男性では、教え方が違う」という事に気が付きはじめる。

そして、その違いの原因が、「体格とライフスタイル」であることにも気が付き、教え方を変えたところ・・・

短期間で上手になって「最近、ドラムが楽しくて仕方がないです!」という生徒さんが急増。

そんなレッスンの現場で得た経験を、ブログで公開していこうと思い、「女性のためのドラム練習ブログ」を立ち上げる。

■ブログをご覧いただきました方へのメッセージ

ドラムセットという楽器は、男性的なイメージがあります。

ですので、ドラムのレッスンは「男性向け」になってしまっていることもあります。

女性が、男性向けのレッスンでドラムを練習しても、上手くならなかったり、楽しくなかったりして、悩んでしまう事もあるかと思います。

このブログでは、そんな女性のライフスタイルや体格に合わせた、ドラムの練習方法をご紹介しています。

もし何かのお役に立てていただけたら嬉しいです(^^)

■ドラム歴 30年以上

・小学1年生の時に、初めてドラムを演奏。曲は、光GENJIさんの「パラダイス銀河」

・高校でブラスバンド部に入り、パーカッションと指揮者を担当。毎日、ドラムの練習をしていました。

・キャットミュージックカレッジ専門学校、演奏科ドラム専攻へ入学。首席で卒業。

■その他の音楽歴やプライベート

・二児のオトーサンです。

・ピアノ30年以上(ブラバン顧問の先生に「ピアノ弾けるなら打楽器をやれ!」と言われ、ドラムと長く付き合うことになりました。その理由は、またブログで…)

・作曲20年以上(Youtubeに、「赤ちゃんが寝る音楽」などアップさせていただいております)

プロドラマー/ドラム講師GOをフォローする
ドラム初心者の女性のための、シンプル化アレンジ 難易度 ★★★☆☆ 葉加瀬太郎
プロドラマー/ドラム講師GOをフォローする
ドラム 練習 – 憧れの曲が叩けるようになる!女性のためのドラム練習ブログ
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました