HANABI ドラム – HANABI のドラムを、初心者の女性のためにシンプル化アレンジ(プチ楽譜&レッスン付き)

ドラム初心者の女性のための、シンプル化アレンジ

HANABI のドラムを、初心者の女性のためにシンプル化アレンジ(プチ楽譜&レッスン付き)

こんにちは。

オンラインドラム教室Enjoy Beatのドラム講師GOです^^

 

今回は、

ドラム初心者の女性が、楽しく曲を演奏できるように、

「ドラム講師GOが、ドラム初心者の女性のために、ドラム楽譜をシンプル化アレンジ&レッスン」

という内容のブログを、お届けしていきたいと思います。

 

シンプル化アレンジって

どんな感じの内容なの?

ダサい感じのアレンジになったりしない・・・?

ドラム講師GO
ドラム講師GO

「ドラムパートを初心者の女性のためにアレンジ」

というシリーズは、

 

1.原曲のノリやカッコ良さ、

雰囲気は、できるだけそのまま!

 

2.ドラム初心者の女性が演奏しやすい、

シンプルなパターンにアレンジ

 

3.簡単な楽譜と、プチレッスン付き♪

 

というシリーズです^^

じゃ、初心者の女性でも、

楽しくカッコよく、

曲を叩けるようになる・・・?!

ドラム講師GO
ドラム講師GO

個人差はあるかと思いますが、

本当に「ドラムを始めたばかりの人」でも、

1~2週間ほど練習すれば、

叩けるようにと思って、

プチレッスンさせて頂きます^^

楽しみ!

よろしくお願いしまーす!

ドラム講師GO
ドラム講師GO

原曲通りの楽譜を、

忠実に再現していくという形とは

チョット違います。

 

その部分については、

事前にご理解いただければと思います!

 

OKでーす!

ドラム講師GO
ドラム講師GO

Youtubeに動画レッスンも公開していますので、

そちらもあわせて、ご覧になってみてくださいね^^

「HANABI」のドラムを、初心者の女性が楽しく演奏できるようにアレンジ

さて今回は、Mr.Childrenの「HANABI」ついて、

ドラム初心者の女性が楽しく演奏できるように、シンプル化アレンジをしてみたいと思います^^

 

ご紹介させていただいている内容で、1~2週間ほど練習をすれば、

「ドラムを始めたばかり」というドラム初心者の女性も、

1コーラス目を楽しく演奏していただけるようになるのではないかと思います。

(※もちろん、個人差があります)

 

バンドでのライブや、個人的に演奏できるようになりたい方など、

ドラム初心者の女性に、ご参考いただければ嬉しいです。

 

HANABI・・・ドラムの難易度や練習のテーマは?

それではまず、今回の楽曲である「HANABI」について、

曲の「難易度」と、「練習テーマ」を、ご紹介をさせて頂きたいと思います。

 

難易度については・・・今回は、★3つというレベルでアレンジをさせて頂きました。

 

原曲自体が、難し過ぎず、カンタン過ぎず、ドラム初心者の方にとって、

ちょうど良いレベルとなっている良い楽曲ではないかと感じます^^

ただ、ハイハットのオープン・クローズが多かったり、原曲通りだと少し、難しい部分もあったりします。

 

それらをできるだけシンプルにアレンジさせていただき、原曲のカッコ良さやノリも、できる限りそのままという形で、★3つという感じとなっています。

 

今回、取り上げさせていただいた楽曲、HANABIの練習ポイントについては、大きく3つとなっております。

 

この、HANABIのドラムを演奏するために必要なテクニックの中には、

ドラム初心者の方にとって、あまり見たことのなかった内容が出てくるかもしれませんが、

どのテクニックも、ドラム初心者の方がレッスン教室で習う内容となっているのではないかなと思います。

 

また、練習をしておくことで、今後も登場するかもしれないテクニックかなとも思いますので、

ぜひ練習をしてみて頂ければと思います。

 

具体的には、

クローズド・リムショット

ハイハット・オープンクローズ

手を交差しながらのタム回し

この3つが、今回の曲の練習ポイントになってくるかなと思います。

 

HANABI のドラム 初心者の女性のためのシンプル化アレンジ(プチ楽譜&レッスン付き)

それでは、HANABIのドラムについて、シンプル化アレンジ&プチ楽譜付きレッスンへと入っていきたいと思います。

 

Mr.Childrenの楽曲は、どの曲もアレンジが素晴らしく、

ドラムのパターンも、練習になる内容がたくさん登場します。

 

特に、ドラム初心者の方にとって、Mr.Childrenというアーティストは、

「10曲くらい練習すれば、それだけで、実践的なテクニックをたくさん学べるのでは?」

と感じるくらい、すごく練習になると思います。

 

今回はHANABIを取り上げさせていただきましたが、

練習テーマとなる3つのポイントは、今後も、別の曲で登場する可能性が高い内容ばかりですので、

ぜひご参考いただければ嬉しいです。

 

イントロのパターンは、クローズド・リムショットの連発

イントロのパターンは、このような感じになっています。

右手でハイハット、左手でクローズド・リムショットを打つ形になっており、

クローズド・リムショットは、全ての拍の頭に入っていきます。

 

このパターンは、ドラム初心者の女性にとって、「初めて見た!」という方も多いかもしれません。

実際、そこまで頻繁に出てくるパターンではありませんが、

今後、ドラムを続けていく上で、何度かは出会うかも?と思うくらい、意外によく登場するパターンとなっています。

 

クローズド・リムショットは、グリップエンドをスネアドラムの打面に置いて・・・

(※写真は、チップ側を握る持ち方となっています。この方がクローズド・リムショットで、安定した良い音が出しやすいためです。

ですが、今回の楽曲は、通常通りの持ち方でクローズド・リムショットを打っています。)

ドラム リムショット コツ

 

そして、スネアドラムのふちの部分を、写真のような感じで打つことで「カツッ!」といった、独特な音がなります。

ドラム リムショット コツ

クローズド・リムショットは、スティックのどの部分を、スネアドラムのふちに当てるかで、

大きく音が変わりますので、

実際にスネアドラムを使って練習される際には、「もっともよく響いて、心地よいと感じるポイント」を探してみて頂ければと思います。

 

イントロからAメロで登場するフィルインは、ハイハット・オープンクローズ

先ほどのイントロのパターンは、1コーラス目のAメロからBメロまで、ずっと続いていくのですが、

その中で出てくるフィルインが、このハイハット・オープンクローズになっています。

 

上の楽譜のように、3拍目のウラにハイハット・オープンが入るパターンと、

イントロの楽譜のように、4拍目のウラに入るパターンと、二つのパターンが登場します。

どちらも、1発だけのオープンとなっていますので、

タイミングを合わせて、ハイハットを開けられるように練習をしてみて頂ければと思います。

 

原曲には、このハイハット・オープンクローズがたくさん登場しますので、

原曲通りに叩いてみたい方は、この部分を、「ハイハットを開けたいと思った特に、いつでもスムーズに開けられる」

というくらいまで、練習をされると良いかもしれません。

 

この、ハイハット・オープンの後にタムが入っているパターンについて、

タムを打つ手順は、動画では「右・右」となっているかと思います。

ですが、「左・右」という順番でもOKですので、どちらか動かしやすい方で、練習をしていただければと思います。

 

サビ前のフィルインは、左手一本でタムを回すパターン

今回の楽曲の、最大の練習ポイントが、このサビ前の長いフィルインとなります。

 

リズムパターンとフィルインの中間のようなイメージでもありますが、

右手でハイハットを打ち続けながら、左手でタムを回していくというパターンです。

このパターンも、ドラム初心者の女性にとっては初めての内容かもしれませんが、

これも、意外によく出てきたりするのですね。

 

ですので、この機会に練習をされることで、今後また登場したときに「あ、やった事ある!」となるのではないかなと思います^^

 

練習のポイントは、ハイハットを右手でゆっくり叩きながら、

「どのタイミングのハイハットの時に、どのタムを左手で打っていったら良いの?」

という手順を、ゆっくりと掴んでいただくことです。

 

まずは手順や、体の動きを、ゆっくりと確認していただき、

ゆっくりしたテンポでメトロノームを鳴らして、それに合わせて叩けるように、練習を進めていただく事で、だんだんとできるようになってくるのではないかと思います。

 

最後の部分は、シンコペーションが入っていますが、

基本は、「両手両足打ち」という基礎練習と同じで、

右手がフロアタム、左手がスネアドラムという形で、バスドラムも一緒に、同時に叩くパターンとなっています。

このシンコペーションというのは、ドラムをやっていると本当によく出てきます。

上の楽譜の、赤い点線で囲った部分が、シンコペーションと呼ばれる部分ですね。

 

本当なら、次の小節の1拍目の頭に入る、強い音が、

前の小節の、4拍目裏に入ってくる事で、ちょっと突っ込んだ感じや、前のめりになった感じが出せる、というのが、シンコペーションになります。

疾走感、ドライブ感、といった感じを表現したい時に、よく登場します。

 

繰り返しになりますが、ドラムを練習していると、このシンコペーションは、

何度も登場しますので、楽譜を見た瞬間に「あ、シンコペーションだ。OK!」

となるくらい、覚えちゃっても良いかもしれません。

 

サビのパターンにも、左手タム回しのパターンが登場します

サビのパターンは、このような感じになっています。

基本のリズムパターンは、シンプルな8ビートとなっていますね。

 

そして、フィルインの部分になると、

まずシンコペーションで、シンバルとバスドラムを打った後に、

左手一本でタムを回すパターンに入り、4拍目は、両手で「右・右・左」とフロアタムを打つ、

という感じになっています。

この部分のポイントは、左手で打つタムの2つ目が、2拍目の16分ウラで入っている、という点です。

 

どういう事かと言いますと、先ほどのサビ前のパターンでは、

左手で打つタムの全てが、右手のハイハットのどれかの音と、同時になっていました。

ですが、ここでは、2発目のタム(ロータム)だけ、右手で打つハイハットと、同時になっていないのですね。

 

ここが少し難しいかもしれませんので、まずはゆっくりと、テンポを落とした状態で、

「どのハイハットを打った後に、タムが入るの?」という、動きをチェックしながら、

練習をしてみていただければと思います。

 

今回のまとめ

SIRUP Pool - ドラム初心者の女性のためのレッスン

今回は、Mr.ChildrenのHANABIを取り上げさせていただきました。

 

クローズド・リムショットから始まり、ハイハット・オープンクローズや、左手一本でのタム回しなど、

ドラム初心者の女性にとって、新しいテクニックもあったのではないかなと思います。

 

それらのテクニックを、ぜひ練習してみて、ご自身の技の一つにしていただければと思います^^

 

女性のための、ドラム基礎練習メルマガ

【自宅リビングで、スティックだけでできる、ドラム初心者の女性のための基礎練習を配信中!】

//-//-//-//-//-//-//-//-//

男性と女性では、体格もライフスタイルも違います。

一般的なドラムの基礎練習は、ほとんどが「男性向け」です。

女性には、女性の体格やライフスタイルに合わせたドラムの基礎練習をする方が、楽しく、スムーズに上達します(^^)

この無料メルマガでは、そんな女性のためのドラム基礎練習を、お届けしています。

 

★無料メルマガにご登録いただきました方には、【ドラムを始めた初心者の女性のための、基礎練習の動画レッスン】をプレゼントさせていただいております。

ぜひ、お気軽にご登録ください^^

個人情報の管理・取扱いについて


ご記入頂いた個人情報は、メールマガジン配信その他当サイトのからのご案内のみに使用させていただくものです。

岡田以外の第三者が情報を閲覧、使用することは一切ありません。

詳しくはプライバシーポリシーをご覧下さい。当サイトのプライバシーポリシーはコチラ

 

女性のためのオンライン基礎練LIVE

【好きな曲が叩けるようになる!オンラインドラム基礎練習ライブ配信】

参加無料!

毎週月曜日15時半からライブ配信

自宅リビングで参加OK!

スティックなし、手ぶらでも参加OK!

後から録画版の視聴もOK!

 

基礎練習って、自分一人でやっていると、「これで合っているの・・・?」と、不安になったりしませんか?

そんなドラム初心者の女性のために、オンライン基礎練習LIVEを配信しています。

オンラインで一緒に練習してみませんか?(^^)

 

■女性のためのオンライン基礎練LIVEの詳細は、Facebookページ、Twitter、Instagramでお知らせしています。

ぜひお気軽にフォローしていただき、ライブにご参加くださいませ(^^)

 

・Facebookページ

女性のためのドラム練習ブログ
女性のためのドラム練習ブログ – 「いいね!」41件 – 憧れの曲が叩けるようになる!ドラム初心者の女性のための、ドラム練習ブログのFacebookページです。

 

・Instagram

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

 

・Twitter

https://twitter.com/go_okada_jp

 

■ブログ執筆者について
プロドラマー/ドラム講師
プロドラマー/ドラム講師GO

【ブログ執筆者について】

■名前 岡田剛(オカダ ゴウ)

※配達の方に、よく「ツヨシさん、お届け物でーす」と間違えられてしまいますが(笑) 名前は「ゴウ」と読みます。

■お仕事 プロドラマー/ドラム講師

地元でドラム教室を始めたら、生徒さんの8割以上が女性という状況になる。

そんな女性メインのレッスンの中で「女性と男性では、教え方が違う」という事に気が付きはじめる。

そして、その違いの原因が、「体格とライフスタイル」であることにも気が付き、教え方を変えたところ・・・

短期間で上手になって「最近、ドラムが楽しくて仕方がないです!」という生徒さんが急増。

そんなレッスンの現場で得た経験を、ブログで公開していこうと思い、「女性のためのドラム練習ブログ」を立ち上げる。

■ブログをご覧いただきました方へのメッセージ

ドラムセットという楽器は、男性的なイメージがあります。

ですので、ドラムのレッスンは「男性向け」になってしまっていることもあります。

女性が、男性向けのレッスンでドラムを練習しても、上手くならなかったり、楽しくなかったりして、悩んでしまう事もあるかと思います。

このブログでは、そんな女性のライフスタイルや体格に合わせた、ドラムの練習方法をご紹介しています。

もし何かのお役に立てていただけたら嬉しいです(^^)

■ドラム歴 30年以上

・小学1年生の時に、初めてドラムを演奏。曲は、光GENJIさんの「パラダイス銀河」

・高校でブラスバンド部に入り、パーカッションと指揮者を担当。毎日、ドラムの練習をしていました。

・キャットミュージックカレッジ専門学校、演奏科ドラム専攻へ入学。首席で卒業。

■その他の音楽歴やプライベート

・二児のオトーサンです。

・ピアノ30年以上(ブラバン顧問の先生に「ピアノ弾けるなら打楽器をやれ!」と言われ、ドラムと長く付き合うことになりました。その理由は、またブログで…)

・作曲20年以上(Youtubeに、「赤ちゃんが寝る音楽」などアップさせていただいております)

プロドラマー/ドラム講師GOをフォローする
ドラム初心者の女性のための、シンプル化アレンジ 難易度 ★★★☆☆ Mr.children
プロドラマー/ドラム講師GOをフォローする
ドラム 練習 – 憧れの曲が叩けるようになる!女性のためのドラム練習ブログ
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました