紅蓮華 ドラム – 紅蓮華のドラムを、初心者の女性のためにシンプル化アレンジ(プチ楽譜&レッスン付き)

ドラム初心者の女性のための、シンプル化アレンジ

紅蓮華のドラムを、初心者の女性のためにシンプル化アレンジ(プチ楽譜&レッスン付き)

こんにちは。

オンラインドラム教室Enjoy Beatのドラム講師GOです^^

 

今回は、

ドラム初心者の女性が、楽しく曲を演奏できるように、

「ドラム講師GOが、ドラム初心者の女性のために、ドラム楽譜をシンプル化アレンジ&レッスン」

という内容のブログを、お届けしていきたいと思います。

 

シンプル化アレンジって

どんな感じの内容なの?

ダサい感じのアレンジになったりしない・・・?

ドラム講師GO
ドラム講師GO

「ドラムパートを初心者の女性のためにアレンジ」

というシリーズは、

 

1.原曲のノリやカッコ良さ、

雰囲気は、できるだけそのまま!

 

2.ドラム初心者の女性が演奏しやすい、

シンプルなパターンにアレンジ

 

3.簡単な楽譜と、プチレッスン付き♪

 

というシリーズです^^

じゃ、初心者の女性でも、

楽しくカッコよく、

曲を叩けるようになる・・・?!

ドラム講師GO
ドラム講師GO

個人差はあるかと思いますが、

本当に「ドラムを始めたばかりの人」でも、

1~2週間ほど練習すれば、

叩けるようにと思って、

プチレッスンさせて頂きます^^

楽しみ!

よろしくお願いしまーす!

ドラム講師GO
ドラム講師GO

原曲通りの楽譜を、

忠実に再現していくという形とは

チョット違います。

 

その部分については、

事前にご理解いただければと思います!

 

OKでーす!

ドラム講師GO
ドラム講師GO

Youtubeに動画レッスンも公開していますので、

そちらもあわせて、ご覧になってみてくださいね^^

紅蓮華のドラムを、初心者の女性が楽しく演奏できるようにアレンジ

さて今回は、LiSAさんの「紅蓮華」ついて、

ドラム初心者の女性が楽しく演奏できるように、シンプル化アレンジをしてみたいと思います^^

 

ご紹介させていただいている内容で、1~2週間ほど練習をすれば、

「ドラムを始めたばかり」というドラム初心者の女性も、

1コーラス目を楽しく演奏していただけるようになるのではないかと思います。

(※もちろん、個人差があります)

 

アニメ「鬼滅の刃」のテーマ曲でもある、LiSAさんの歌う紅蓮華を、

叩けるようになってみたい方は、ぜひご参考にされてみてくださいね!

 

紅蓮華は、初心者には難しい!?

ドラムという楽器は、そもそもドラムをやっている人数が少ないという事で、

「ドラムを始めたよ!」と、楽器をやっている友人に話すと、

「え?!じゃ、ドラム手伝ってくれない?!」と言われたりもします(笑)

 

ぼくがレッスンさせていただいている生徒さんでは、12歳の女の子が、

大人のバンドに「手伝ってほしい」とお願いされたケースもあります。

 

そんなこんなで

「ドラムでお手伝いすることになった!」

「曲は、紅蓮華!」

となった方も、おられたりするかもしれません。

 

そこで、LiSAさんの紅蓮華について、曲の難易度をお伝えしたいと思いますが、

ぼくの感覚では、「初心者には、かなり難しい」という印象です。

ですが、シンプル化バージョンであれば、

しっかり練習していただくことで、ドラム初心者の方でも、

短期間に、曲に合わせて演奏できるようになるかと思いますので、

ご参考いただければと思います。

 

ドラム初心者の女性のための、紅蓮華のプチ楽譜とレッスン

今回も、これまでにお届けさせていただいてきました、シンプル化アレンジシリーズと同じく、

 

曲のカッコ良さやノリは、できるだけキープした状態でアレンジ

演奏のポイントや、練習のコツを、プチレッスン

ドラム初心者の女性が、短期間で演奏できるようにシンプル化

 

という形でお届けをしていきたいと思います。

ぜひ、ご参考いただければ嬉しいです。

 

紅蓮華を、ドラム初心者の女性のためにアレンジ!プチ楽譜&レッスン

それでは、プチ楽譜&レッスンへと、入っていきたいと思います。

今回は、

イントロのパターン

1コーラス目のAメロ

1コーラス目のサビ前パターン

1コーラス目のサビ

フィルイン2パターン

これらについて、プチ楽譜と簡単なレッスンをご紹介させていただきます。

 

紅蓮華のイントロは、16分音符のバスドラが入るパターン

まずは紅蓮華のイントロ部分ですが、シンプル化アレンジのプチ楽譜は、

このような感じになります。

 

右手・・・ハイハットで8分音符

左手・・・2拍目、4拍目にスネアドラム

右足・・・1拍目と3拍目に、この曲のノリを出すポイントとなるパターン

 

今回の「紅蓮華」という曲が持つ、

あの「激しく疾走感のあるリズム」を出すためのポイントは、

右足の1拍目と3拍目のパターンです。

 

リズムの形としては、8ビートになりますが、

16分音符が入ったバスドラムが入ることで、疾走感が出ている感じですね^^

 

そして、このリズムパターンは、紅蓮華では何度も登場しますので、

ぜひ、じっくりと練習してみていただければと思います。

1コーラス目Aメロパターン

次にAメロのパターンを練習してきましょう。

原曲では、シンセドラムの打ち込みとなっていますが、バンドなどで演奏する際には、

プレイできる状態にしておく方が良いですよね。

 

ポイントとなるのは、2拍目の左手…スネアドラムの部分です。

2拍目の裏の、16分音符の裏に、1発入っているスネアドラムです

 

これは、ゴースト・ノートといった呼ばれ方をする音になりますが、

これがちゃんと入っていることで、シンプル化アレンジでも、原曲のノリを失わないで演奏できるかと思います!

 

サビ前のパターン

続いて、サビ前のパターンについては、こんな感じです。

ここは、原曲のパターン自体がシンプルですので、プチ楽譜もそのまま原曲通りにしてみました。

 

あえてシンプル化するとしたら、こんな感じもアリかなと思います。

 

ポイントは、右手のハイハットがないので、ビートを頭で感じないといけない、という部分です。

 

ドラムは意外に「シンプル化したことで、逆に難しくなる」ということも多いのですが、

これは、その代表的なケースかもしれません。

音は少ないのですが、ハイハットがないので、ちょっと難しく感じる場合があるのですね。

 

ぜひ、ゆっくりと練習をしてみていただければと思います。

紅蓮華のサビのパターンの注意点

サビのパターンですが、お気付きの方もおられます通り、イントロのパターンとほとんど同じです。

ちなみにイントロのパターンは・・・

コレでした。

 

サビのパターンで変化を付けたのは、1拍目のクラッシュシンバルです。

ココですね。

サビに入った一番最初のハイハットに、アクセント記号を付けてみました。

 

これは、どういう事なのかと言いますと、

「できる方は、右手でクラッシュシンバルを、ジャーン!と入れて欲しい!」

「でも、テンポ132でクラッシュを入れると、その後の、【クラッシュからハイハットへの移動】が大変なので、難しい場合は、ハイハットを強く入れる!」

ということで、ハイハットシンバルにアクセント記号を付けた形にしてみています。

 

紅蓮華のフィルイン、その1

これは、サビ前の、ちょっと静かになる部分に入る手前に出てくるフィルインです。

 

スネアからタムを回していく「タム回し」と呼ばれるパターンの、ちょっと変則版という感じでしょうか。

「タンタタ」というリズムで、「スネア→ハイタム→ロータム→フロアタム」と、タムを叩いていくパターンです。

 

この曲のテンポで、このリズムパターンでタムを回していくのは、

思った以上に大変な場合もありますので、こちらも、ゆっくりのテンポから、

じっくりと練習してみていただければと思います。

 

紅蓮華のフィルイン、その2

それでは最後に、連打系のフィルインをご紹介いたします。

一つ目は、サビの中間部分で登場する、スネアの連打系のフィルインです。

こんなパターンですね。

 

そして次が、サビの最後に出てくる、このパターンです。

こちらも、スネアの連打系で、最後に「バン!」と止まる形になっています。

 

ポイントは、テンポ132という速さでの連打です。

ドラムの初心者の女性にとって、テンポ132の16分音符連打は、けっこう速いかなと思います。

 

もちろん個人差がありますし、特に高校生の女子生徒さんの場合、一気に叩けてしまう事も多いのですが(笑)

132というテンポは「速い!!」と感じる方も多いですので、しっかりと「ダダダダダダ・・・」と打てるように、練習してみていただければと思います。

 

今回のまとめ&ステップアップアドバイス

SIRUP Pool - ドラム初心者の女性のためのレッスン

さて今回は、紅蓮華について「シンプル化アレンジ」のプチ楽譜とレッスンをお届けしてみました。

 

人気の曲となっていますので、色んな所で演奏されているのではないかなぁと感じています。

この曲のポイントは、とにかく「激しい疾走感」です。

一言に疾走感と言っても、さわやかな疾走感もあったりするのですが、この曲は「激しい疾走感」ですよね。

 

そうすると、今回のシンプル化アレンジで演奏できるようになった、次のステップとしては、

サビやイントロのパターンで、ハイハットをハーフオープンにする

といった点を追加してみたり、

バスドラムやスネアの、16分音符系をもう少し入れてみる

といった点の遣いなどなど、激しい疾走感をより出せるような音を足して、

練習してみていただければと思います。

 

ぜひ、ご参考にしてみて頂けたら嬉しいです。

女性のための、ドラム基礎練習メルマガ

【自宅リビングで、スティックだけでできる、ドラム初心者の女性のための基礎練習を配信中!】

//-//-//-//-//-//-//-//-//

男性と女性では、体格もライフスタイルも違います。

一般的なドラムの基礎練習は、ほとんどが「男性向け」です。

女性には、女性の体格やライフスタイルに合わせたドラムの基礎練習をする方が、楽しく、スムーズに上達します(^^)

この無料メルマガでは、そんな女性のためのドラム基礎練習を、お届けしています。

 

★無料メルマガにご登録いただきました方には、【ドラムを始めた初心者の女性のための、基礎練習の動画レッスン】をプレゼントさせていただいております。

ぜひ、お気軽にご登録ください^^

個人情報の管理・取扱いについて


ご記入頂いた個人情報は、メールマガジン配信その他当サイトのからのご案内のみに使用させていただくものです。

岡田以外の第三者が情報を閲覧、使用することは一切ありません。

詳しくはプライバシーポリシーをご覧下さい。当サイトのプライバシーポリシーはコチラ

 

女性のためのオンライン基礎練LIVE

【好きな曲が叩けるようになる!オンラインドラム基礎練習ライブ配信】

参加無料!

毎週月曜日15時半からライブ配信

自宅リビングで参加OK!

スティックなし、手ぶらでも参加OK!

後から録画版の視聴もOK!

 

基礎練習って、自分一人でやっていると、「これで合っているの・・・?」と、不安になったりしませんか?

そんなドラム初心者の女性のために、オンライン基礎練習LIVEを配信しています。

オンラインで一緒に練習してみませんか?(^^)

 

■女性のためのオンライン基礎練LIVEの詳細は、Facebookページ、Twitter、Instagramでお知らせしています。

ぜひお気軽にフォローしていただき、ライブにご参加くださいませ(^^)

 

・Facebookページ

女性のためのドラム練習ブログ
女性のためのドラム練習ブログ – 「いいね!」41件 – 憧れの曲が叩けるようになる!ドラム初心者の女性のための、ドラム練習ブログのFacebookページです。

 

・Instagram

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

 

・Twitter

https://twitter.com/go_okada_jp

 

■ブログ執筆者について
プロドラマー/ドラム講師
プロドラマー/ドラム講師GO

【ブログ執筆者について】

■名前 岡田剛(オカダ ゴウ)

※配達の方に、よく「ツヨシさん、お届け物でーす」と間違えられてしまいますが(笑) 名前は「ゴウ」と読みます。

■お仕事 プロドラマー/ドラム講師

地元でドラム教室を始めたら、生徒さんの8割以上が女性という状況になる。

そんな女性メインのレッスンの中で「女性と男性では、教え方が違う」という事に気が付きはじめる。

そして、その違いの原因が、「体格とライフスタイル」であることにも気が付き、教え方を変えたところ・・・

短期間で上手になって「最近、ドラムが楽しくて仕方がないです!」という生徒さんが急増。

そんなレッスンの現場で得た経験を、ブログで公開していこうと思い、「女性のためのドラム練習ブログ」を立ち上げる。

■ブログをご覧いただきました方へのメッセージ

ドラムセットという楽器は、男性的なイメージがあります。

ですので、ドラムのレッスンは「男性向け」になってしまっていることもあります。

女性が、男性向けのレッスンでドラムを練習しても、上手くならなかったり、楽しくなかったりして、悩んでしまう事もあるかと思います。

このブログでは、そんな女性のライフスタイルや体格に合わせた、ドラムの練習方法をご紹介しています。

もし何かのお役に立てていただけたら嬉しいです(^^)

■ドラム歴 30年以上

・小学1年生の時に、初めてドラムを演奏。曲は、光GENJIさんの「パラダイス銀河」

・高校でブラスバンド部に入り、パーカッションと指揮者を担当。毎日、ドラムの練習をしていました。

・キャットミュージックカレッジ専門学校、演奏科ドラム専攻へ入学。首席で卒業。

■その他の音楽歴やプライベート

・二児のオトーサンです。

・ピアノ30年以上(ブラバン顧問の先生に「ピアノ弾けるなら打楽器をやれ!」と言われ、ドラムと長く付き合うことになりました。その理由は、またブログで…)

・作曲20年以上(Youtubeに、「赤ちゃんが寝る音楽」などアップさせていただいております)

プロドラマー/ドラム講師GOをフォローする
ドラム初心者の女性のための、シンプル化アレンジ LiSA 難易度 ★★☆☆☆
プロドラマー/ドラム講師GOをフォローする
ドラム 練習 – 憧れの曲が叩けるようになる!女性のためのドラム練習ブログ
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました