中島美嘉 GLAMOROUS SKY – ドラム初心者の女性のためのレッスン

ドラム初心者の女性のための、シンプル化アレンジ

中島美嘉 GLAMOROUS SKY – ドラム初心者の女性のためのレッスン

こんにちは。

オンラインドラム教室Enjoy Beatのドラム講師GOです^^

 

さて今日は、中島美嘉さんの「GLAMOROUS SKY」について、

初心者の女性でも、楽しくドラムを叩けるように、どんな感じで練習を進めていけば良いのかについて、

ご紹介をしてみたいと思います。

 

Youtubeに動画の方も公開していますので、

ぜひそちらも、ご覧になってみてくださいね。

 

GLAMOROUS SKYは、いわゆるロック系の8ビートが練習できる楽曲

さて今回は、中島美嘉さんのGLAMOROUS SKYを、初心者の女性でも、楽しく叩けるように、

レッスンの動画をお届けしてみたいと思います。

 

いつもお伝えしている内容ではありますが、Enjoy Beatのドラムレッスンは、

原曲通りに楽譜を追いかけて、叩いていく・・・というレッスンスタイルではありません。

 

生徒さんお一人お一人の、現在の状況に合わせて楽譜をアレンジして、

いかに、今の自分でも楽しく叩けるように進めていくか?

ということを、大切にしています。

さてそれでは、今回の中島美嘉さんのGLAMOROUS SKYですが、基本は「ロックの8ビート!」という感じになっています。

特徴としては、まずハイハットがハーフオープンになっているという点ですね。

それと、フィルインには連打系が多い、という点。

もう一つは、サビのパターンです。

 

サビのパターンには、バスドラムに16分音符のフレーズが入ってきます。

これは、初心者の方にはちょっとしたチャレンジというような内容になるかと思います。

 

16分音符のフレーズを、バスドラムで叩くというのは、それ自体が、初心者の方にとって、

一つのハードルとなるのですが、

今回の曲では、ハイハットが4分音符のハーフオープンという事で、これが余計に、難易度を上げています。

 

そして最後の特徴は、シンコペーションと呼ばれるパターンが入っているという点ですね。

いろいろと盛り込まれている曲ですが、全てマスターすれば、カッコ良く、気持ちよく叩けるようになるかと思いますので、ちょっとずつ、ゆっくりと進めていきましょう!

 

GLAMOROUS SKYのテーマをまとめると、

いわゆるロック系8ビート

ハイハットはハーフオープン

連打系のフィルイン

バスドラムの16分系フレーズ

シンコペーション

このような感じになります。

 

ハイハットがハーフオープンの8ビートを、練習してみましょう!


それではまず、GLAMOROUS SKYの基本リズムパターンである、ハイハットのハーフオープンの8ビートを、見てみましょう!

リズムパターンを楽譜でご紹介すると、このような感じになります。

 

まず練習のポイントは、ハイハットのハーフオープンです。

 

ちょっとだけハイハットをオープンにするのですが、

これが意外に、難しかったりします。

ハイハットのペダルの、この赤丸の位置にカカトを置いて、つま先をちょっと浮かせるような形にすると、ハイハットオープンの音になります。

ただ、このハイハットを開ける足の動きについては、いろんなやり方をするドラマーがいますので、自分に合う方法を、ちょっと研究してみるのも良いかもしれません!

 

次に気を付けて練習したいのが、3拍目です。

3拍目は、バスドラムが8分音符で2発となっているのですが、ハイハットは4分音符で1発だけです。

この時、ハイハットを叩く右手が、足の2発につられて2発になっちゃう、という方が多いのですね。

 

ですので、ゆっくりと、右手のハイハットを4分音符でキープしたまま、

バスドラムだけ2発!というのを、練習してみていただければと思います。

 

冒頭のパターンは、手足のコンビネーション


それでは次に、冒頭のパターンについて、ご紹介をしてみたいと思います。

この曲で、最大の難所と言ってもいいと思うのですが、そんな難所が冒頭に出てくる・・・という(笑)

曲を最初から順番に練習すると、いきなり最初で止まってしまって、先に全然進めない!

となってしまう事もありますので、あえて、基本パターンの8ビートから先に練習をしているのですが、ぜひゆっくりと練習して、この手足のコンビネーションにチャレンジしてみていただければと思います!

 

楽譜はこのような感じになります。

「はい?」となる方もおられるのではないかと思いますが、

手と足が交互に出てきて、組み合わさっているパターンになります。

 

こちらは、動画もあわせてチェックしていただきながら、ゆっくりと練習してみていただければと思います。

次が、こちらですね。

上の2小節をやった後に、下の2小節となるのですが、

単純な繰り返しではなく、最後はスネアの連打となります。

 

これは、色んな曲でよく出てくる手足のコンビネーションとなりますので、

知っている方にとっては、「あ、別の曲で似たようなフレーズをやったことある!」という感じだと思いますが、

初めてみる方にとっては、「なんだこれはー!?」という感じになってしまうと思います。

 

ですので、手・足・足・手・足・足・手・・・というように、

動きをゆっくりと確認しながら、練習を進めてみていただければと思います。

 

サビ前の、シンコペーションを含めたフィルインに、挑戦してみよう!


次にご紹介していきたいのが、サビ前の、シンコペーションを含んだフィルインです。

とてもカッコ良いのですので、ぜひともチャレンジしていただきたいなと思います!

楽譜は、こんな感じになります。

動画の中では、シンコペーションについて、少しだけ説明をさせて頂いておりますが、

こういったシンコペーション系のパターンについては、

・楽譜を見ながらの方が叩きやすい人

と、

・楽譜より、音に合わせに行った方が叩きやすい人

と、大体ザックリと分かれるかなと思います。

 

ですので、「耳で聞いて、音に合わせに行く方が叩きやすい!という方は、その方法で。

「楽譜を見ながらの方が叩きやすい!」という方は、その方法で。

それぞれ、自分に合った形で練習をしてみていただければと思います。

 

ポイントとしては、全体的に「ちょっと前のめりに食った感じの流れになる」というところです。

 

音楽的には、強拍と弱拍といった理論的な話にもなってくるのですが、

この辺りは、まぁ、追い追いで大丈夫です(笑)

まずは体の動きがどうなっていくのか?という所を、自分の中で整理しながら、

練習を進めていってみていただければと思います。

 

シンコペーションの特徴って?

シンコペーションの特徴は、やっぱり「ドライブ感」ではないかと思います。

今回のGLAMOROUS SKYで言えば、サビに向かって、より加速感を出すために、シンコペーションが使われている・・・という印象です。

 

やっぱり、盛り上がるサビというのは、加速感やドライブ感といったノリが欲しくなるのですが、

実際にテンポを速くしちゃうと、それは「ハシっている状態」となってしまいます。

これは、ドライブ感というより、「焦っている感」に繋がってしまう事が多いので、ちょっとアレなんですね。

 

ですので、テンポはあくまで一定の状態でキープしつつ、そこにドライブ感や加速感、テンションを上げていく感じを表現したい時に、シンコペーションが登場することが多いです。

 

これができるようになると、一気に楽曲の流れが良くなりますので、

ぜひ、チャレンジしてみていただければと思います!

 

サビの、16分音符のフレーズを練習してみましょう!


それでは最後に、サビのパターンをやってみましょう!

これは、足に16分音符のフレーズが入ってきますので、ちょっと「おおお?!」となってしまうかもしえれませんが、

ゆっくりと練習していけば、だんだんとできるようになってきますので、少しずつやっていきましょう。

 

それでは楽譜ですが、このような感じになっています。

左が、本番として曲に合わせて叩くときのパターンです。

そして右が、本番用のための練習用パターンです。

 

「本番用のパターンの方が、音が少ないじゃん!」

と思われるかもしれませんが、これは、音が少なくなることで逆に難しくなる、というパターンの典型なのです。

 

というのは、楽譜をよく見ていただければお分かりの通り

1拍めの頭の1発以外、もうバスドラムが、どの音とも重ならないのです。

 

特に、ハイハットがハーフオープンの4分音符となっていますので、

音がない空間の中に、タイミングよくバスドラムを打っていかなければいけないという事で、

イメージとしては、「補助輪なしの自転車に、いきなり乗る」というような感じになります。

 

練習のポイントをご紹介!

これにはいくつかの練習ポイントがありますが、

一つは、ハイハットだけを手で打ちながら、バスドラムとスネアドラムのフレーズを、

口で歌ってみる・・・という練習です。

 

右手でハイハットを打ちながら、「ドーンド・タ・ド・・・ド・タン」といった感じで、

フレーズを口ずさんでみる方法ですね。

 

もう一つは、上の楽譜にもあります通り、ハイハットを8分音符に変換して練習してみる方法です。

ハイハットの音が増えることで、ガイドとなる音が増えますので、

どこでバスドラムを打てばいいのかが、分かりやすくなります!

 

このサビのフレーズは、一つ前に「シンコペーションのフィルイン」をご紹介した際に、

「サビに向かう加速感や、ドライブ感のために、シンコペーションを入れている」

というお話をしたと思います。

 

そうやって、フィルインでスピード感を出して・・・からの、サビ!ということで、

サビにはスピード感が欲しい!という事になりますよね。

その時に、普通の8ビートだと、なんだか失速したような表現になってしまうのです。

 

そこで、16分音符のバスドラムを入れたり、8分音符ウラのバスドラムを入れて、

スピード感を表現しつつ、ハイハットのハーフオープンで、激しさも表現している、

という感じのフレーズなのですね。

 

このサビのドラムパターンが、GLAMOROUS SKYという曲全体の表現を左右する、

と言っても過言ではないくらい、特徴的なフレーズですので、

ぜひ、チャレンジしてみていただければと思います!

 

GLAMOROUS SKYのまとめ


さて、今回は中島美嘉さんのGLAMOROUS SKYについて、

ドラム初心者の女性が、できるだけ早く叩けるようになって、楽しめるようなレッスンを、ご紹介してみました。

 

といっても、「けっこうムズカシイです・・・」という印象をお受けになられた方も、多いのではないかと思います(苦笑)

 

これは、

曲の表現や、カッコ良さをキープする

できるだけシンプルで叩きやすい形にする

というバランスの中で、今回は、「カッコ良さのキープ」を優先したため、ちょっと難しい感じにしてみました。

 

ドラムという楽器は、やろうと思えば、とことんカンタンな楽譜にできてしまう・・・という特徴があります。

だからといって、あまりにカンタンにし過ぎてしまうと、カッコ良さが失われてしまいます。

そのバランスが大切になるのですが、生徒さんの現状の経験値によっては、もっとカンタンなフレーズにしてレッスンを行うことも、よくあります(^^)

 

今回は、少しカッコ良さ優先で(NANAがカッコ良過ぎるので・・・笑)レッスンをしてみましたが、もしよろしければ、ご参考いただければなと思います。

 

女性のための、ドラム基礎練習メルマガ

【自宅リビングで、スティックだけでできる、ドラム初心者の女性のための基礎練習を配信中!】

//-//-//-//-//-//-//-//-//

男性と女性では、体格もライフスタイルも違います。

一般的なドラムの基礎練習は、ほとんどが「男性向け」です。

女性には、女性の体格やライフスタイルに合わせたドラムの基礎練習をする方が、楽しく、スムーズに上達します(^^)

この無料メルマガでは、そんな女性のためのドラム基礎練習を、お届けしています。

 

★無料メルマガにご登録いただきました方には、【ドラムを始めた初心者の女性のための、基礎練習の動画レッスン】をプレゼントさせていただいております。

ぜひ、お気軽にご登録ください^^

個人情報の管理・取扱いについて


ご記入頂いた個人情報は、メールマガジン配信その他当サイトのからのご案内のみに使用させていただくものです。

岡田以外の第三者が情報を閲覧、使用することは一切ありません。

詳しくはプライバシーポリシーをご覧下さい。当サイトのプライバシーポリシーはコチラ

 

女性のためのオンライン基礎練LIVE

【好きな曲が叩けるようになる!オンラインドラム基礎練習ライブ配信】

参加無料!

毎週月曜日15時半からライブ配信

自宅リビングで参加OK!

スティックなし、手ぶらでも参加OK!

後から録画版の視聴もOK!

 

基礎練習って、自分一人でやっていると、「これで合っているの・・・?」と、不安になったりしませんか?

そんなドラム初心者の女性のために、オンライン基礎練習LIVEを配信しています。

オンラインで一緒に練習してみませんか?(^^)

 

■女性のためのオンライン基礎練LIVEの詳細は、Facebookページ、Twitter、Instagramでお知らせしています。

ぜひお気軽にフォローしていただき、ライブにご参加くださいませ(^^)

 

・Facebookページ

女性のためのドラム練習ブログ
女性のためのドラム練習ブログ – 「いいね!」41件 – 憧れの曲が叩けるようになる!ドラム初心者の女性のための、ドラム練習ブログのFacebookページです。

 

・Instagram

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

 

・Twitter

https://twitter.com/go_okada_jp

 

■ブログ執筆者について
プロドラマー/ドラム講師
プロドラマー/ドラム講師GO

【ブログ執筆者について】

■名前 岡田剛(オカダ ゴウ)

※配達の方に、よく「ツヨシさん、お届け物でーす」と間違えられてしまいますが(笑) 名前は「ゴウ」と読みます。

■お仕事 プロドラマー/ドラム講師

地元でドラム教室を始めたら、生徒さんの8割以上が女性という状況になる。

そんな女性メインのレッスンの中で「女性と男性では、教え方が違う」という事に気が付きはじめる。

そして、その違いの原因が、「体格とライフスタイル」であることにも気が付き、教え方を変えたところ・・・

短期間で上手になって「最近、ドラムが楽しくて仕方がないです!」という生徒さんが急増。

そんなレッスンの現場で得た経験を、ブログで公開していこうと思い、「女性のためのドラム練習ブログ」を立ち上げる。

■ブログをご覧いただきました方へのメッセージ

ドラムセットという楽器は、男性的なイメージがあります。

ですので、ドラムのレッスンは「男性向け」になってしまっていることもあります。

女性が、男性向けのレッスンでドラムを練習しても、上手くならなかったり、楽しくなかったりして、悩んでしまう事もあるかと思います。

このブログでは、そんな女性のライフスタイルや体格に合わせた、ドラムの練習方法をご紹介しています。

もし何かのお役に立てていただけたら嬉しいです(^^)

■ドラム歴 30年以上

・小学1年生の時に、初めてドラムを演奏。曲は、光GENJIさんの「パラダイス銀河」

・高校でブラスバンド部に入り、パーカッションと指揮者を担当。毎日、ドラムの練習をしていました。

・キャットミュージックカレッジ専門学校、演奏科ドラム専攻へ入学。首席で卒業。

■その他の音楽歴やプライベート

・二児のオトーサンです。

・ピアノ30年以上(ブラバン顧問の先生に「ピアノ弾けるなら打楽器をやれ!」と言われ、ドラムと長く付き合うことになりました。その理由は、またブログで…)

・作曲20年以上(Youtubeに、「赤ちゃんが寝る音楽」などアップさせていただいております)

プロドラマー/ドラム講師GOをフォローする
ドラム初心者の女性のための、シンプル化アレンジ 中島美嘉
プロドラマー/ドラム講師GOをフォローする
ドラム 練習 – 憧れの曲が叩けるようになる!女性のためのドラム練習ブログ
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました