Superfly フレア – ドラム初心者の女性でも叩けるようにレッスン

ドラム初心者の女性のための、シンプル化アレンジ

Superfly フレア – ドラム初心者の女性でも叩けるようにレッスン

こんにちは。

オンラインドラム教室Enjoy Beatのドラム講師GOです^^

 

さて今日は、Superflyさんの「フレア」について、

初心者の女性でも、楽しくドラムを叩けるように、どんな感じで練習を進めていけば良いのかについて、

ご紹介をしてみたいと思います。

 

Youtubeに動画の方も公開していますので、

ぜひそちらも、ご覧になってみてくださいね。

 

Superflyのフレアは、1曲で色んなパターンが練習できる曲!

今回、ご紹介をしていく、Superflyのフレアという曲は、

動画の中でも少し解説をしております通り、1曲で色んなパターンが練習できる、という、

盛りだくさんな内容となっています。

 

楽曲のレベルについても、難し過ぎず、かといって簡単過ぎず、ちょうど良い感じかな、という印象を受けます。

もちろん、原曲通りに表現しようとすると、難しい箇所がいくつもあったりしますが、

ドラムをやってみたい女性の方が、「この曲を演奏してみたい!」という場合は、とても楽しく練習できるのではないかなと思います。

 

お伝えする内容としては、

イントロのパターン

Aメロのパターン

ブレイク系のフィルイン

サビのパターン

という感じになります。

 

まずは冒頭のパターンを練習してみましょう

さて、それではさっそくイントロのパターンから、ご紹介をしていきたいと思います。

楽譜は、こんな感じですね。

ハイハットを8分音符で刻みつつ、

バスドラを、拍の頭に入れていくパターンです。

 

原曲では、ハイハットが裏打ちになっているのですが、

まず最初に練習をされる場合は、上記の楽譜のようなパターンで演奏するのがオススメかなと思います!

 

ポイントは、ダウンアップ奏法での演奏をしてみる・・・という部分かなと思います。

※ダウンアップ奏法の解説は、こちらです。

あいみょんさん、マリーゴールドを初心者でも叩けるようにレッスン
あいみょんさん、マリーゴールドを初心者でも叩けるようにレッスン こんにちは。 オンラインドラム教室Enjoy Beatのドラム講師GOです^^ さて今日は、あいみょんさんの「マリードールド」について、 初心者の女...

 

ただしこれは、初めてドラムセットに挑戦される女性は、いきなりできなくてOKです。

後回しにしましょう!

 

まずは右手で8分音符を刻みつつ、バスドラで拍の頭を出していく、というのが最初のステップになります。

 

サビに向かうフィルインと、ブレイクを練習!

 

それでは続いて、錆に向かうフィルインについて、ご紹介をしてみたいと思います。

サビの前は、こんな感じの楽譜になっています。

.

まずは、

ドン・タン・ドド・タン・・・という、シンプルな8ビートがきて、

次の、サビ直前となる小節は、3拍目でブレイクとなっています。

 

ブレイクは、他にも「キメ」と呼ばれたりするのですが、

演奏している人たちがみんな、同じポイントで、音をバンっと切るような場面のことを、意味しています。

楽譜で見ると、この赤丸の部分ですね。

ここで、バシッと音を切る形となっています。

そのブレイク、キメに向かっていくアプローチの仕方として、「フィルインあり」のパターンでは、

2拍目に、スネアの4連打が入っています。

 

これは、あってもなくても良いと言えば良いのですが、あった方がやっぱり、決まりますね。

ですので、ぜひ挑戦してみて欲しいと思います!

 

それともう一点、そもそも上記の楽譜に入る前に、1発だけスネアとハイハットを打っている部分があります。

こちらですね。

Aメロのパターンが終わった後、4小節だけ、歌だけになる部分があります。

その4小節目の4拍目に、スネアとハイハットオープンで1発打ってから、先ほどの、サビ前のパターンに繋げていく、

という感じになっています。

サビのパターンを、練習してみましょう!

それでは次に、錆のパターンをご紹介していきたいと思います。

まずは楽譜をチェックしたいと思いますが、こんな感じになっています。

右手を8分音符で刻みつつ、ドンタン・ドンタン・ドンタン・ドンタン・・・という形で、

バスドラムとスネアを、交互に打っていきます。

 

基本的には、まず足をそれぞれの拍の頭に入れつつ、

その裏に、スネアを入れていくという形になります。

練習していく上でのポイントは、何はともあれ、まずはゆっくりと体の動きを確認していくこと、です!

 

というのは、今回のようなサビのリズムパターンは、なかなか激しい動きになりますので、

だんだん疲れてきたり、体のバランスが崩れてきちゃったりすることがあるのですね。

 

ですので、ムダなチカラが入ってしまわないように、しっかりと力を抜きつつ、

一定の感じで叩いていけるように、練習をしてみていただければと思います。

 

サビの中に登場する、フィルインもチェックしてみよう

そして、サビの部分については、途中に何度かフィルインも出てきます。

今回の動画で解説をしているフィルインは、こんな感じの楽譜になります。

 

ドンタン・ドンタン・タタタ・タタトン

という感じですね。

シンプルなパターンですが、改めて原曲を聞いてみた所、もうちょっと違う形となっていました(苦笑)

ですので、原曲通りではないのですが、表現や雰囲気はとても近い感じになっていますので、

サビがずっと単調になってしまわないように、できる方はぜひ、トライしてみていただければと思います。

 

もう一点、付け加えたいのが、クラッシュシンバルですね。

これはどんな曲でも共通しているのですが、4小節を大きなひとかたまりとして捉えて、

その頭に、クラッシュシンバルを入れていく感じです。

 

こちらも、もしできそうな場合は、ぜひ挑戦してみていただければと思います。

クラッシュを打つ時のポイントは、右腕を前方向に動かすことになりますので、

動きが変わることで、焦ってしまわないように、まず動きを確認して、身に付けていく、という感じです。

 

ライドシンバルを使ったリズムパターンを、練習してきましょう

それでは次に、ライドシンバルを使ったリズムパターンについて、ご紹介をしていきたいと思います!

リズムパターンの楽譜は、こんな感じになります。

リズムパターン自体は、そんなに難しくありませんので、

ゆっくりと練習をしていくことで、わりとすぐに叩けるようになるのではないかなと思います。

 

これは、1コーラス目のサビが終わった後に、少しだけ登場するパターンですね。

 

ポイントはいくつかあるのですが、まず、そもそもライドシンバルが何なのか?!

という部分から、簡単にご紹介をしてみたいと思います。

 

ライドシンバルというのは、ザックリ言うと、クラッシュシンバルをデカくしたようなシンバルの事です。大体、ドラムセットの向かって右側にセッティングしてあります。

 

え?そんなテキトーな説明・・・と思われるかもしれませんが、

ライドシンバルは、深く語り始めると、”沼”なのです(笑)

 

各メーカーはもちろん、サイズや形状によって、音がぜんぜん違ってきますので、

とても奥深いドラムセットの中の楽器の一つなのですが、

ザックリ言うと、クラッシュシンバルのデカいの、です。

 

基本的な使い方は、ハイハットと似ています。

ビートを刻むための楽器ですね。

今回、ここでご紹介するパターンでも、8分音符を刻んでいますが、

そういった、ハイハットと同じような役割を担うことが多いです。

 

ライドシンバルで演奏する時の、ちょっとした注意点とは?

ライドシンバルでのリズムパターンを練習する時に、ちょっと気を付けたいのが、演奏の姿勢、フォームです。

普段、リズムを叩くときは、右手と左手をクロスさせて叩く方がほとんどだと思いますが(少ないですが、クロスさせないドラマーもいます^^)

ライドシンバルでリズムを叩くとなると、右手が大きく右側に移動して、

身体を開いて演奏する形になります。

ですので、体のバランスの取り方が変わってしまって、違和感があったり、上手く叩けなくなってしまったりする事があるのですね。

 

慣れてくる事で、だんだんと感覚になれてはくるのですが、

どうしても違和感があるな・・・という時は、セッティングのポジションを調整してみましょう。

 

ハイハットシンバルと比べて、ライドシンバルは、ずいぶんとセッティングのパターンがいろいろあるのです。

動画の中でも解説をしてますが、基本は右側の、フロアタムの後ろ辺りになります。

 

連打系タム回しのフィルインを、やってみましょう!

それでは、今回の一番の難所ともいえる、長めのフィルインについて、ご紹介をしてみたいと思います。

「難所」と書きましたが、ゆっくりと練習をすれば、初心者でも十分にできるようになっていきますし、何よりも、いかにも「ドラム叩いています!」という、爽快なフレーズですので、

ぜひトライしてみていただければと思います。

 

登場するのは、2コーラス目のあとに間奏が入りますが、そのラストですね。

楽譜は、このような感じになっています。

1拍目までは、それまでのリズムパターンを続けて、2拍目からフィルインが始まります。

 

ちょっと余談ですが、こういった、小節の途中から始まるフィルインって、

入るところを間違えちゃうと、「あ!」と焦って崩れちゃう生徒さんも、けっこうおられます。

 

今回の楽譜の場合は、2拍目からフィルインが始まる訳ですが、

思わず突っ込んじゃって、1拍目からフィルインを始めちゃう・・・という感じです。

 

そんな時は、ムリに修正しようとせず、そのままいっちゃう方が良かったりするのです(笑)

「自分は、こういう表現をしたかったんですけど・・・なにか?」

みたいな顔してると、周りも「そうなんだ」となるというか(爆)

ドラムセットは、そういう事が通用しちゃいやすい楽器だったりします。

 

さて、話を戻しますが、今回のフィルインは、いわゆる「タム回し」と呼ばれるパターンとなります。

動画では、リズムトラベラーを使っての解説でしたので、叩いているスネアとタムは、こんな感じですね。

1(16分音符4発)→2(16分音符4発)→3(16分音符4発)→1(16分音符8発)

もし、最後に6連符を入れるパターンの場合、

最後の1が、(16分音符4発 + 6連符)

という形になります。

 

同じパターンを、通常のドラムセットで演奏する場合は、こんな感じです。

楽譜での表記は、ロータム(2の右隣の3)となっていますが、

もう少し重厚感を出したい場合は、フロアタム(右下の3)を使ってもOKです。

 

動画の中でも解説をさせていただいていますが、

全て16分音符で埋めていくフィルインも良いですが、もうちょっと加速感を出したい場合、

最後の16分音符4発を、6連符に変えてしまっても良いですね。

原曲は、6連符系のフレーズになっています。

 

赤丸のパターンでやってみる、という感じです。

このパターンで叩けると、自分自身も楽しいですし、

聴いている人も、「おお!」という感じでテンションが上がるかなと思います。

 

全て16分音符のパターンができた!という方は、

ぜひ、6連符のパターンもやってみていただければと思います^^

 

Superfly フレアのドラム練習 まとめ

さて今回は、Superflyさんのフレアについて、

初心者の女性でも、短期間で曲の演奏を楽しめるように、というコンセプトで、

練習の進め方をご紹介してみました。

 

1曲の中に、通常の8ビートに加えて、ハーフタイムのリズム、倍テンのリズムが登場し、

さらには、タム回しも出てくるという事で、

初心者向けに最適な練習曲!という印象もありました。

 

かといって、決してカンタンにマスターできる楽曲ではなく、

徹底的に表現しようとすると、かなり高度で高いレベルを要求されます。

ですので、長く練習していける曲でもあるかなと感じます^^

 

朝ドラの主題歌になるなど、多くの方が知っている曲ですので、

「これが叩けるよ!」というと、ちょっとカッコ良かったりもしますよね(笑)

ぜひぜひ、トライしてみていただければと思います!

女性のための、ドラム基礎練習メルマガ

【自宅リビングで、スティックだけでできる、ドラム初心者の女性のための基礎練習を配信中!】

//-//-//-//-//-//-//-//-//

男性と女性では、体格もライフスタイルも違います。

一般的なドラムの基礎練習は、ほとんどが「男性向け」です。

女性には、女性の体格やライフスタイルに合わせたドラムの基礎練習をする方が、楽しく、スムーズに上達します(^^)

この無料メルマガでは、そんな女性のためのドラム基礎練習を、お届けしています。

 

★無料メルマガにご登録いただきました方には、【ドラムを始めた初心者の女性のための、基礎練習の動画レッスン】をプレゼントさせていただいております。

ぜひ、お気軽にご登録ください^^

個人情報の管理・取扱いについて


ご記入頂いた個人情報は、メールマガジン配信その他当サイトのからのご案内のみに使用させていただくものです。

岡田以外の第三者が情報を閲覧、使用することは一切ありません。

詳しくはプライバシーポリシーをご覧下さい。当サイトのプライバシーポリシーはコチラ

 

女性のためのオンライン基礎練LIVE

【好きな曲が叩けるようになる!オンラインドラム基礎練習ライブ配信】

参加無料!

毎週月曜日15時半からライブ配信

自宅リビングで参加OK!

スティックなし、手ぶらでも参加OK!

後から録画版の視聴もOK!

 

基礎練習って、自分一人でやっていると、「これで合っているの・・・?」と、不安になったりしませんか?

そんなドラム初心者の女性のために、オンライン基礎練習LIVEを配信しています。

オンラインで一緒に練習してみませんか?(^^)

 

■女性のためのオンライン基礎練LIVEの詳細は、Facebookページ、Twitter、Instagramでお知らせしています。

ぜひお気軽にフォローしていただき、ライブにご参加くださいませ(^^)

 

・Facebookページ

女性のためのドラム練習ブログ
女性のためのドラム練習ブログ – 「いいね!」41件 – 憧れの曲が叩けるようになる!ドラム初心者の女性のための、ドラム練習ブログのFacebookページです。

 

・Instagram

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

 

・Twitter

https://twitter.com/go_okada_jp

 

■ブログ執筆者について
プロドラマー/ドラム講師
プロドラマー/ドラム講師GO

【ブログ執筆者について】

■名前 岡田剛(オカダ ゴウ)

※配達の方に、よく「ツヨシさん、お届け物でーす」と間違えられてしまいますが(笑) 名前は「ゴウ」と読みます。

■お仕事 プロドラマー/ドラム講師

地元でドラム教室を始めたら、生徒さんの8割以上が女性という状況になる。

そんな女性メインのレッスンの中で「女性と男性では、教え方が違う」という事に気が付きはじめる。

そして、その違いの原因が、「体格とライフスタイル」であることにも気が付き、教え方を変えたところ・・・

短期間で上手になって「最近、ドラムが楽しくて仕方がないです!」という生徒さんが急増。

そんなレッスンの現場で得た経験を、ブログで公開していこうと思い、「女性のためのドラム練習ブログ」を立ち上げる。

■ブログをご覧いただきました方へのメッセージ

ドラムセットという楽器は、男性的なイメージがあります。

ですので、ドラムのレッスンは「男性向け」になってしまっていることもあります。

女性が、男性向けのレッスンでドラムを練習しても、上手くならなかったり、楽しくなかったりして、悩んでしまう事もあるかと思います。

このブログでは、そんな女性のライフスタイルや体格に合わせた、ドラムの練習方法をご紹介しています。

もし何かのお役に立てていただけたら嬉しいです(^^)

■ドラム歴 30年以上

・小学1年生の時に、初めてドラムを演奏。曲は、光GENJIさんの「パラダイス銀河」

・高校でブラスバンド部に入り、パーカッションと指揮者を担当。毎日、ドラムの練習をしていました。

・キャットミュージックカレッジ専門学校、演奏科ドラム専攻へ入学。首席で卒業。

■その他の音楽歴やプライベート

・二児のオトーサンです。

・ピアノ30年以上(ブラバン顧問の先生に「ピアノ弾けるなら打楽器をやれ!」と言われ、ドラムと長く付き合うことになりました。その理由は、またブログで…)

・作曲20年以上(Youtubeに、「赤ちゃんが寝る音楽」などアップさせていただいております)

プロドラマー/ドラム講師GOをフォローする
ドラム初心者の女性のための、シンプル化アレンジ Superfly
プロドラマー/ドラム講師GOをフォローする
ドラム 練習 – 憧れの曲が叩けるようになる!女性のためのドラム練習ブログ
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました