DIVE TO BLUE ドラム – DIVE TO BLUEのドラムを、初心者の女性のためにシンプル化アレンジ(プチ楽譜&レッスン付き)

ドラム初心者の女性のための、シンプル化アレンジ

DIVE TO BLUEのドラムを、初心者の女性のためにシンプル化アレンジ(プチ楽譜&レッスン付き)

こんにちは。

オンラインドラム教室Enjoy Beatのドラム講師GOです^^

 

今回は、

ドラム初心者の女性が、楽しく曲を演奏できるように、

「ドラム講師GOが、ドラム初心者の女性のために、ドラム楽譜をシンプル化アレンジ&レッスン」

という内容のブログを、お届けしていきたいと思います。

 

シンプル化アレンジって

どんな感じの内容なの?

ダサい感じのアレンジになったりしない・・・?

ドラム講師GO
ドラム講師GO

「ドラムパートを初心者の女性のためにアレンジ」

というシリーズは、

 

1.原曲のノリやカッコ良さ、

雰囲気は、できるだけそのまま!

 

2.ドラム初心者の女性が演奏しやすい、

シンプルなパターンにアレンジ

 

3.簡単な楽譜と、プチレッスン付き♪

 

というシリーズです^^

じゃ、初心者の女性でも、

楽しくカッコよく、

曲を叩けるようになる・・・?!

ドラム講師GO
ドラム講師GO

個人差はあるかと思いますが、

本当に「ドラムを始めたばかりの人」でも、

1~2週間ほど練習すれば、

叩けるようにと思って、

プチレッスンさせて頂きます^^

楽しみ!

よろしくお願いしまーす!

ドラム講師GO
ドラム講師GO

原曲通りの楽譜を、

忠実に再現していくという形とは

チョット違います。

 

その部分については、

事前にご理解いただければと思います!

 

OKでーす!

ドラム講師GO
ドラム講師GO

Youtubeに動画レッスンも公開していますので、

そちらもあわせて、ご覧になってみてくださいね^^

「DIVE TO BLUE」のドラムを、初心者の女性が楽しく演奏できるようにアレンジ

さて今回は、L’Arc~en~Cielの「DIVE TO BLUE」ついて、

ドラム初心者の女性が楽しく演奏できるように、シンプル化アレンジをしてみたいと思います^^

 

ご紹介させていただいている内容で、1~2週間ほど練習をすれば、

「ドラムを始めたばかり」というドラム初心者の女性も、

1コーラス目を楽しく演奏していただけるようになるのではないかと思います。

(※もちろん、個人差があります)

 

バンドでのライブや、個人的に演奏できるようになりたい方など、

ドラム初心者の女性に、ご参考いただければ嬉しいです。

 

DIVE TO BLUE・・・ドラムの難易度や練習のテーマは?

それではまず、今回の楽曲である「DIVE TO BLUE」について、

曲の「難易度」と、「練習テーマ」を、ご紹介をさせて頂きたいと思います。

 

難易度については・・・今回は、★4つというレベルでアレンジをさせて頂きました。

L’Arc~en~Cielの楽曲は、どれもカッコよくて練習したくなるフレーズがたくさん登場するのですが

だからこそ逆に、難易度がどの曲も平均より高い、といった特徴もあります。

 

今回も、DIVE TO BLUEの、あの独特な浮遊感、開放感を表現するために、

できるだけ外したくない音がたくさんあり、結果的に、

ドラム初心者の方にとって、★4つという難易度となりました。

 

そんなDIVE TO BLUEの練習ポイントは、大きく3つあります。

ゴーストノート

1拍目の頭に、バスドラムが入らないリズムパターン

連打系フィルイン

 

それでは、こちらの3つの点を中心に、

今回も、イントロから1コーラス目のサビまでについて、

プチ楽譜付きレッスンブログをお届けさせていただきたいと思います!

 

DIVE TO BLUEのドラム 初心者の女性のためのシンプル化アレンジ(プチ楽譜&レッスン付き)

それでは、L’Arc~en ~CielのDIVE TO BLUEについて、

シンプル化アレンジ&プチ楽譜付きレッスンを始めていきましょう。

 

今回、お伝えをさせて頂くのは、

イントロのハーフタイムのパターン

イントロ後半

Aメロのパターン

Bメロのパターン

サビの前半のパターン

サビの後半のパターン

これらの6つとなります。

 

冒頭のパターンは、ハーフタイムのリズム

それではまず、イントロのパターンから始めていきましょう^^

 

DIVE TO BLUEは、イントロから特徴的な印象がありますが、

この部分は、ハーフタイムのリズムパターンとなっています。

 

ハーフタイムというのは、リズムがゆっくりに感じるようなパターンのことを言うのですが、

通常のリズムパターンは、小節の中の2拍目と4拍目にスネアが入ります。

ですがハーフタイムは、3拍目にスネアが入るのですね。

そうすることで、「2小節を使って、一つのリズムパターンになる」といった形となります。

 

始めての方にとっては、逆にスムーズに叩けるようになるパターンかもしれません。

逆に、ある程度の練習をされていて、「2拍目と4拍目にスネアが入る」というのに慣れていると、

少し違和感があるかもしれません。

 

それに加えて、右手のハイハットが、四分音符+八分音符2発、という組み合わせになっていて、

通常とは少し違うパターンになっていますので、

そちらも、しっかりと動きを確認しながら、練習をしてみて頂ければと思います。

フィルインについては、連打系になっていますので、

入るタイミングと、手順をゆっくりと確認していただきながら、打てるように練習してみて頂ければと思います。

 

イントロ後半に入る前のフィルインも、連打系となっており、

手順はこんな感じになっています。

1拍目が、バスドラムとなっていますので、

その裏に入ってくる、八分音符のスネアを、しっかりと入れられるように、

練習をしてみて頂ければと思います。

 

イントロ後半は、シンプルな8ビート

イントロの後半は、シンプルな8ビートとなりますので、

サクッとクリアできる方も、多いのではないかと思います。

 

3拍目の裏に入っているバスドラムが、このイントロの部分の雰囲気を出す、大切な音となっていますので、しっかりと打っていけるように練習をしてみましょう^^

 

そして、ここで出てくるフィルインのパターンは、

今後も何度か登場しますので、もう「覚えちゃう」くらいのつもりで、

練習をしてみて頂ければと思います。

 

Aメロは、頭のバスドラムがない&ゴーストノートが登場する8ビートのパターン

Aメロに入ると、「1拍目の頭にバスドラムが入らない」という、

ちょっと変わったタイプの8ビートパターンが登場します。

 

「でも、最初の小節には、1拍目の頭にバスドラが・・・」

と思られるかもおられるかと思います。

 

これはどういう事なのかというと、上の楽譜の1小節目について、

1拍目の頭にバスドラムが入っていますが、

このバスドラムは、先ほどのイントロ後半の最後のフィルインで叩く、4拍目裏のバスドラムと、タイでつながっていて・・・

カンタンに言えば、「表現のために楽譜には書かれているけど、実際には演奏しない音」なのです。

 

 

これは、シンコペーション系の8ビートパターンといった言い方をされることもあるのですが、

疾走感や、ドライブ感が出るといった特徴があります。

 

ですが、1拍目の頭にバスドラムが入らない、となると、

叩く際の違和感を感じたり、あるいは、小節の頭が分かりにくくなって、

リズムが乱れやすくなることもあります。

 

それらの点に気を付けながら、練習をしてみて頂きたいのが、まず1点目です。

 

もう一つは、ゴーストノートです。

赤い点線で囲った部分について、

8分音符のハイハットの間に、スネアドラムが入っています。

 

DIVE TO BLUEのリズムパターンの特徴は、

この音が、すごく目立っていて、前面に出てきている事です。

 

ですので、この1発のスネアドラムが入るか、入らないかによって、

印象が大きく変わってくるのではないかなと思います。

 

この1発がちゃんと入るようになるだけで、すごくカッコよく、

原曲に近いノリで演奏できるようになりますので、

ぜひ、このスネアドラムを入れて叩けるように、練習をしてみて頂ければと思います。

 

Bメロのは、シンプルな8ビートと、頭打ちのフィルイン

Bメロのパターンは、このような感じになっています。

シンプルな8ビートのパターンが続いた後、

「2拍目から4拍目の頭にスネアドラムが入る」という、頭打ちのパターンが来て、

そして、先ほどイントロ後半の部分で、「何度か登場します」とお伝えしていたフィルインが入ってきます。

 

Bメロでは、サビに入る前ということで、

こんな感じにパターンがどんどんと変わっていきますが、

一つ一つのパターンは、ゆっくり練習をしていただくことで、演奏できるようになるかと思いますので、

それらをスムーズに繋げて演奏できるように、練習をしてみて頂ければと思います。

 

サビは、2つのパターンが交互に登場します

サビは、2つのパターンが交互に出てくる構成となっています。

 

まずは、3拍目に16分音符のバスドラムが入ってくるパターンですね。

これは、Aメロのパターンに近い雰囲気のリズムパターンとなっています。

 

それが4小節続いたあとは、シンプルな8ビートのパターンに変わって、

そして、この曲で何度か登場しているフィルインパターンに入り、また最初に戻る、

といった流れとなっています。

 

ポイントは、この赤い点線で囲った部分です。

この、16分音符のバスドラムが入ることで、

軽快感がより出せるような感じになるのですね。

 

ドラム初心者の方にとっては、少し難しい音になるかもしれませんが、

この音も、あるのと無いのとでは、大きく印象が変わってきますので、

打てるようにチャレンジしてみて頂ければと思います。

 

そして、サビの最後はこのような感じのフィルインになっています。

1拍目のウラにスネアドラムが入るのに加えて、

2拍目の16分ウラにも、スネアが入ってきます。

これは、Aメロで出てきたゴーストノートの部分と、同じ動きになっていますね。

 

3拍目からは、バスドラムが最初に入る連打のパターンということで、

この1小節で、DIVE TO BLUEをおさらいできるようなフィルインになっています。

 

今回のまとめ

さて、今回はL’Arc~en~CielのDIVE TO BLUEをお届けしてみましたが、いかがだったでしょうか?

 

L’Arc~en~Cielは、本当に演奏していて楽しい曲がたくさんありますが、

今回のDIVE TO BLUEも、その中の1曲ですね。

 

ぜひ練習をしていただいて、楽しく演奏してみて頂ければと思います^^

女性のための、ドラム基礎練習メルマガ

【自宅リビングで、スティックだけでできる、ドラム初心者の女性のための基礎練習を配信中!】

//-//-//-//-//-//-//-//-//

男性と女性では、体格もライフスタイルも違います。

一般的なドラムの基礎練習は、ほとんどが「男性向け」です。

女性には、女性の体格やライフスタイルに合わせたドラムの基礎練習をする方が、楽しく、スムーズに上達します(^^)

この無料メルマガでは、そんな女性のためのドラム基礎練習を、お届けしています。

 

★無料メルマガにご登録いただきました方には、【ドラムを始めた初心者の女性のための、基礎練習の動画レッスン】をプレゼントさせていただいております。

ぜひ、お気軽にご登録ください^^

個人情報の管理・取扱いについて


ご記入頂いた個人情報は、メールマガジン配信その他当サイトのからのご案内のみに使用させていただくものです。

岡田以外の第三者が情報を閲覧、使用することは一切ありません。

詳しくはプライバシーポリシーをご覧下さい。当サイトのプライバシーポリシーはコチラ

 

女性のためのオンライン基礎練LIVE

【好きな曲が叩けるようになる!オンラインドラム基礎練習ライブ配信】

参加無料!

毎週月曜日15時半からライブ配信

自宅リビングで参加OK!

スティックなし、手ぶらでも参加OK!

後から録画版の視聴もOK!

 

基礎練習って、自分一人でやっていると、「これで合っているの・・・?」と、不安になったりしませんか?

そんなドラム初心者の女性のために、オンライン基礎練習LIVEを配信しています。

オンラインで一緒に練習してみませんか?(^^)

 

■女性のためのオンライン基礎練LIVEの詳細は、Facebookページ、Twitter、Instagramでお知らせしています。

ぜひお気軽にフォローしていただき、ライブにご参加くださいませ(^^)

 

・Facebookページ

女性のためのドラム練習ブログ
女性のためのドラム練習ブログ – 「いいね!」41件 – 憧れの曲が叩けるようになる!ドラム初心者の女性のための、ドラム練習ブログのFacebookページです。

 

・Instagram

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

 

・Twitter

https://twitter.com/go_okada_jp

 

■ブログ執筆者について
プロドラマー/ドラム講師
プロドラマー/ドラム講師GO

【ブログ執筆者について】

■名前 岡田剛(オカダ ゴウ)

※配達の方に、よく「ツヨシさん、お届け物でーす」と間違えられてしまいますが(笑) 名前は「ゴウ」と読みます。

■お仕事 プロドラマー/ドラム講師

地元でドラム教室を始めたら、生徒さんの8割以上が女性という状況になる。

そんな女性メインのレッスンの中で「女性と男性では、教え方が違う」という事に気が付きはじめる。

そして、その違いの原因が、「体格とライフスタイル」であることにも気が付き、教え方を変えたところ・・・

短期間で上手になって「最近、ドラムが楽しくて仕方がないです!」という生徒さんが急増。

そんなレッスンの現場で得た経験を、ブログで公開していこうと思い、「女性のためのドラム練習ブログ」を立ち上げる。

■ブログをご覧いただきました方へのメッセージ

ドラムセットという楽器は、男性的なイメージがあります。

ですので、ドラムのレッスンは「男性向け」になってしまっていることもあります。

女性が、男性向けのレッスンでドラムを練習しても、上手くならなかったり、楽しくなかったりして、悩んでしまう事もあるかと思います。

このブログでは、そんな女性のライフスタイルや体格に合わせた、ドラムの練習方法をご紹介しています。

もし何かのお役に立てていただけたら嬉しいです(^^)

■ドラム歴 30年以上

・小学1年生の時に、初めてドラムを演奏。曲は、光GENJIさんの「パラダイス銀河」

・高校でブラスバンド部に入り、パーカッションと指揮者を担当。毎日、ドラムの練習をしていました。

・キャットミュージックカレッジ専門学校、演奏科ドラム専攻へ入学。首席で卒業。

■その他の音楽歴やプライベート

・二児のオトーサンです。

・ピアノ30年以上(ブラバン顧問の先生に「ピアノ弾けるなら打楽器をやれ!」と言われ、ドラムと長く付き合うことになりました。その理由は、またブログで…)

・作曲20年以上(Youtubeに、「赤ちゃんが寝る音楽」などアップさせていただいております)

プロドラマー/ドラム講師GOをフォローする
ドラム初心者の女性のための、シンプル化アレンジ 難易度 ★★★★☆ L'Arc~en~Ciel
プロドラマー/ドラム講師GOをフォローする
ドラム 練習 – 憧れの曲が叩けるようになる!女性のためのドラム練習ブログ
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました