リムショットのやり方やコツなどをご紹介 – ドラム初心者の女性のためのレッスン

女性のためのドラムテクニック講座

リムショットのやり方やコツなどをご紹介 – ドラム初心者の女性のためのレッスン

こんにちは。

オンラインドラム教室Enjoy Beatのドラム講師GOです^^

 

さて今日は、リムショットのコツややり方について、ご紹介をしてみたいと思います。

 

Youtubeに動画の方も公開していますので、

ぜひそちらも、ご覧になってみてくださいね~!

リムショットって、いったい何?!

それでは今回は、ドラムを始めた方が「何それ?」となりやすい、「リムショット」について、

ご紹介をしていきたいと思います。

 

そもそもドラムという打楽器は、決して、この打面だけを叩かなくてはいけない・・・

というルールがあるわけではないのです。

もちろん、打面が一番、ドラムらしい音がするのですが、他にも、側面や、フープと呼ばれる部分を叩いたりするのも、全然OKなのですね。

 

自分の表現したい音を、楽器を使って表現すればOKということですので、

特に打面だけしか叩いてはいけない、というルールや決まりごとはありません。

そんな中で、打面以外でよく使われるのが、この、「フープ」と呼ばれる部分を叩く、リムショットです。

ドラム リムショット コツ

リムというのは「縁」という意味ですね。

スネアドラムの縁を叩く事から、リムショットと呼ばれます。

 

このリムショットには、大きく分けて、

オープンリムショット

クローズドリムショット

この2つがあります。

 

今回のブログでは、この2つのリムショットについて、ご紹介をしていきたいと思います。

 

リムショットって、楽譜ではどう書くの?

それではまず、リムショットについて、

楽譜ではどのように表記するのかを、ご紹介をいたします。
まずは、通常の打面のみを叩くスネアドラムは、このように表記されます。

ドラム リムショット コツ

 

次に、クローズドリムショットですが、このようにペケポンで表記されます。

ドラム リムショット コツ

 

では、オープンリムショットはどうなのか…と言うと、

これは動画内でも解説をさせて頂いておりますが、特にコレといった表記法がないのです。

敢えて表記するとしたら、こういったアクセントを使った表記くらいでしょうか。

ドラム リムショット コツ

つまり、オープンリムショットというのは、ドラマーご自身の表現によって、

自由に使い分けてください、といった感じのテクニックになるのですね。

 

クローズドリムショットのやり方を、ご紹介

それでは、クローズドリムショットのやり方についてですが、

特に吹奏楽の世界だと、多いのではないかと思いますが、クローズドリムショットになると、

スティックの持ち方が変わったりするのです。

 

通常はこう持ちますが・・・

ドラム リムショット コツ

 

こうやって逆さまに持つのですね。

ドラム リムショット コツ

ただ、曲の中で持ち替えている余裕がない時は、そのまま通常の持ち方でクローズドリムショットに移ります。

 

 

さて、このクローズドリムショットですが、基本的なやり方は、

まず持っている側を打面に乗せて、

ドラム リムショット コツ

反対側で、フープをコツン!と叩きます。

ドラム リムショット コツ

クローズドリムショットのコツは?

クローズドリムショットのコツは、どこに、どこを、どう当てるか?という、

「叩くポジションを見つける事」になるかなと思います。

 

動画の中でもご紹介をさせていただいておりますが、

こうやって叩く場合と、

ドラム リムショット コツ

 

こうやる場合と、

ドラム リムショット コツ

 

あるいは、こうやる場合と・・・

ドラム リムショット コツ

微妙に音が違ってくるのですね。

動画内では小さいスネアドラムを使っているので、あまり変化はありませんが、

通常サイズのスネアの場合、もっとハッキリと音が変わります。

 

ですので、「どういうポジションで叩くか」が、一つのコツになるかなと思います。

 

オープンリムショットのやり方について

それでは続いて、オープンリムショットについて、ご紹介をいたします。

 

オープンリムショットは、フープと打面を、ほぼ同時に打つような形でスネアを鳴らすテクニックです。

一瞬だけ、フープに当てる方が早いイメージなのですが、タイミングや角度を失敗すると、

フープに当てた音だけしかしない、という感じになります。

ドラム リムショット コツ

この、オープンリムショットのコツなのですが、

これは、ドラマーの方によって、いくつかコツだと感じている部分が変わってくるかと思いますが、

僕の場合は、「セッティング」かなと感じています。

ドラム リムショット コツ

そもそもドラムセットというのは、セッティングがとても重要な楽器になります。

セッティングが変わるだけで、できなかった事ができるようになったり、

逆に、できていたハズの事が、できなくなる、といった事が起こるのです。

 

ピアノやギターといった別の楽器に比べて、セッティングによる違いが、より大きく出てくる・・・

というのが、ドラムセットという楽器の特徴の一つかなと思います。

 

たとえば、

椅子の高さ

スネアの高さ

スネアとハイハットの高さのバランス

ライドシンバルの位置や角度

バスドラムのペダルのセッティング

タムタムの角度

クラッシュシンバルの高さや角度

ザっと挙げるだけでも、これだけのセッティングがあります。

これが、いつもとずいぶんと違うセッティングになると、できていた事ができなくなったり、

できなかった事が、セッティングを変えることで、あっさりとできるようになったりもするのですね。

 

オープンリムショットも、そんな「セッティング」によって、

ずいぶんと左右されるかなと感じます。

 

もちろん、最初は練習が必要になるのですが、

ある程度、練習を積んで、自分なりにオープンリムショットの感覚が掴めて来たら、

その時のスネアの高さや角度も、覚えておくのが良いかなと思います。

 

オープンリムショットって、どこで使ったら良いの?!

それでは最後に、オープンリムショットを、曲のどんなところで使えばいいのについて、ご紹介をいたします。

 

というのも、先ほどもご紹介をさせていただきましたが、

オープンリムショットには、楽譜の特別な表記が無いのですね。

 

 

そうすると、「どこで使ったら良いの!?」と、迷ってしまわれる方も、おられるのですね。

 

そこでここでは、オープンリムショットの使いどころについて、解説をしてみたいと思うのですが、

基本は、オープンリムショットの音の特性を考えてみるのが、良いかなと思います。

 

オープンリムショットは、パキン!という、高く鋭い音がしますので、

そういった、高く鋭い、抜けるような音が合う場面で使うのが良い!

…という事になります。

 

ですが、「それじゃ、よく分からない!」という女性の方もおられるかと思いますので、

僕が個人的に、「ここは、オープンリムショットが良いです!」という場面を3つ、ご紹介したいと思います。

 

僕が個人的に感じる、オープンリムショットの使いどころですが、

1.サビのバックビート

2.ブレイク

3.フィルイン後のクラッシュに合わせるスネア

この3つかなと思います。

 

まず、サビでの通常のリズムパターンで、2拍目、4拍目のスネアをオープンリムショットにする、

という使い方ですね。

 

やっぱりサビというのは盛り上がっていますので、その場面で、

2拍目と4拍目のスネアをオープンリムショットにすると、より盛り上がるのではないかなと感じます。

 

次は、ブレイクですね。

楽譜で例を挙げると、たとえばこんなシーンです。

ドラム リムショット コツ

ドラム以外の楽器も、全体がバンっと止まるようなシーンです。

こういった場面にも、オープンリムショットが合うかなと思います。

 

次に、盛り上がってきたフィルインの、次の小節の頭に、クラッシュシンバルと合わせる際のスネア、です。

説明が長いですが・・・(^^;

楽譜で言うと、こんな感じのシーンですね。

ドラム リムショット コツ

 

こういった「盛り上がってきた!」という場面で、クラッシュに合わせるスネアも、

オープンリムショットが合うかなと思います。

 

リムショットのやり方やコツなどをご紹介 まとめ

ドラム リムショット コツ

さて今回は、リムショットについて、ご紹介をしてみました。

 

クローズドリムショットと、オープンリムショットと、

それぞれ、コツや使いどころがありましたが、まずは打ち方を練習して、

基本的な動きを身に付けていただくのが良いのかなと思います。

 

次に、それをどこで使うのかについて、

自分なりに考えていただくと、良い感じに使えるようになるのではないかと思います。

 

動画内でもお話をさせていただいておりますが、

ボクは、若かりし頃、スネア=オープンリムショットという感じで、ドラムを叩いていました(苦笑)

音楽的に、それってどうなの・・・と、今なら思いますが、

当時は、「スネアを打つなら、オープンが普通でしょ!」と思っていたのですね。

 

自分を弁護するワケではありませんが・・・音楽の表現に、特に決まりや正解はありませんので、

自分がこうやりたい!と思ったら、それで全然OKだと思います。

 

クローズドリムショットも、オープンリムショットも、スネアで使える表現の幅が広がるテクニックですので、

ぜひ、マスターしてみていただければと思います!

 

女性のための、ドラム基礎練習メルマガ

【自宅リビングで、スティックだけでできる、ドラム初心者の女性のための基礎練習を配信中!】

//-//-//-//-//-//-//-//-//

男性と女性では、体格もライフスタイルも違います。

一般的なドラムの基礎練習は、ほとんどが「男性向け」です。

女性には、女性の体格やライフスタイルに合わせたドラムの基礎練習をする方が、楽しく、スムーズに上達します(^^)

この無料メルマガでは、そんな女性のためのドラム基礎練習を、お届けしています。

 

★無料メルマガにご登録いただきました方には、【ドラムを始めた初心者の女性のための、基礎練習の動画レッスン】をプレゼントさせていただいております。

ぜひ、お気軽にご登録ください^^

個人情報の管理・取扱いについて


ご記入頂いた個人情報は、メールマガジン配信その他当サイトのからのご案内のみに使用させていただくものです。

岡田以外の第三者が情報を閲覧、使用することは一切ありません。

詳しくはプライバシーポリシーをご覧下さい。当サイトのプライバシーポリシーはコチラ

 

女性のためのオンライン基礎練LIVE

【好きな曲が叩けるようになる!オンラインドラム基礎練習ライブ配信】

参加無料!

毎週月曜日15時半からライブ配信

自宅リビングで参加OK!

スティックなし、手ぶらでも参加OK!

後から録画版の視聴もOK!

 

基礎練習って、自分一人でやっていると、「これで合っているの・・・?」と、不安になったりしませんか?

そんなドラム初心者の女性のために、オンライン基礎練習LIVEを配信しています。

オンラインで一緒に練習してみませんか?(^^)

 

■女性のためのオンライン基礎練LIVEの詳細は、Facebookページ、Twitter、Instagramでお知らせしています。

ぜひお気軽にフォローしていただき、ライブにご参加くださいませ(^^)

 

・Facebookページ

女性のためのドラム練習ブログ
女性のためのドラム練習ブログ – 「いいね!」41件 – 憧れの曲が叩けるようになる!ドラム初心者の女性のための、ドラム練習ブログのFacebookページです。

 

・Instagram

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

 

・Twitter

ドラマー/ドラム講師GO(@go_okada_jp)さんはTwitterを利用しています

 

■ブログ執筆者について
プロドラマー/ドラム講師
プロドラマー/ドラム講師GO

【ブログ執筆者について】

■名前 岡田剛(オカダ ゴウ)

※配達の方に、よく「ツヨシさん、お届け物でーす」と間違えられてしまいますが(笑) 名前は「ゴウ」と読みます。

■お仕事 プロドラマー/ドラム講師

地元でドラム教室を始めたら、生徒さんの8割以上が女性という状況になる。

そんな女性メインのレッスンの中で「女性と男性では、教え方が違う」という事に気が付きはじめる。

そして、その違いの原因が、「体格とライフスタイル」であることにも気が付き、教え方を変えたところ・・・

短期間で上手になって「最近、ドラムが楽しくて仕方がないです!」という生徒さんが急増。

そんなレッスンの現場で得た経験を、ブログで公開していこうと思い、「女性のためのドラム練習ブログ」を立ち上げる。

■ブログをご覧いただきました方へのメッセージ

ドラムセットという楽器は、男性的なイメージがあります。

ですので、ドラムのレッスンは「男性向け」になってしまっていることもあります。

女性が、男性向けのレッスンでドラムを練習しても、上手くならなかったり、楽しくなかったりして、悩んでしまう事もあるかと思います。

このブログでは、そんな女性のライフスタイルや体格に合わせた、ドラムの練習方法をご紹介しています。

もし何かのお役に立てていただけたら嬉しいです(^^)

■ドラム歴 30年以上

・小学1年生の時に、初めてドラムを演奏。曲は、光GENJIさんの「パラダイス銀河」

・高校でブラスバンド部に入り、パーカッションと指揮者を担当。毎日、ドラムの練習をしていました。

・キャットミュージックカレッジ専門学校、演奏科ドラム専攻へ入学。首席で卒業。

■その他の音楽歴やプライベート

・二児のオトーサンです。

・ピアノ30年以上(ブラバン顧問の先生に「ピアノ弾けるなら打楽器をやれ!」と言われ、ドラムと長く付き合うことになりました。その理由は、またブログで…)

・作曲20年以上(Youtubeに、「赤ちゃんが寝る音楽」などアップさせていただいております)

プロドラマー/ドラム講師GOをフォローする
女性のためのドラムテクニック講座 リムショットについて
プロドラマー/ドラム講師GOをフォローする
ドラム 練習 – 憧れの曲が叩けるようになる!女性のためのドラム練習ブログ
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました