ダブルストロークの練習とコツ、ポイントについて – ドラム初心者の女性のためのレッスン

女性のためのドラムテクニック講座

ダブルストロークの練習とコツ、ポイントについて – ドラム初心者の女性のためのレッスン

こんにちは。

オンラインドラム教室Enjoy Beatのドラム講師GOです^^

 

さて今日は「ダブルストロークの練習とコツ、ポイント」という内容について、ご紹介をしてみたいと思います。

 

Youtubeに動画の方も公開していますので、

ぜひそちらも、ご覧になってみてくださいね~!

 

 

生ドラムで練習できない時は、どんな練習の方法があるの?

さて今回は、少しだけダブルストロークについて、お話をしてみたいと思います。

 

実は先日、荷物を届けてくださる配送会社のドライバーさんと、ちょっとした立ち話になったのですね(笑)

 

というのは、レッスンの生徒さんが、「ドラムセットや、ドラムのパーツが欲しいけど、どれを選んだらいいか分からない!」となった時に、ボクが代わりにドラムセットのパーツを探して、購入したりする事があるのです。

そうすると、品名のところに「ハイハットスタンド」や「ドラムペダル」などなど、書かれますので、

それを見たドライバーの方が「ドラムをされているんですか?」ということで、立ち話になったのです(笑)

 

「ハイハットスタンドを買ったという事は、シンバルを持っているんですか?」

といった感じで、ドラムの話になったのですが、

なぜそんな事をお話されたのかと言うと、そのドライバーさんが趣味でドラムをやっているという事だったのです。

 

それで、「ダブルストロークがなかなかできないんですよ・・・」という話になったのですね。

 

実際、ダブルストロークについては「感覚が分からない」という女性の生徒さんも多くおられます。

 

ダブルストロークというのは、腕を一回だけ振り下ろして、2つの音を出す、

というテクニックになりますが、

初心者の方は、何が分からないかというと、

自分のやっているダブルストロークが、シングル2発になっているだけなのか、ダブルになっているのかが、分からないのですね。

 

その時は、だんだん速くしていくと良いです。

こんな楽譜を、だんだん速くしていく練習です。

 

そうすると、シングル2発では追い付かないようになってきますので、

ある程度のテンポでやってみた時にできていれば、それがダブルストロークの感覚ということになります。

 

 ダブルストロークのコツは、脱力

ダブルストロークのコツについては、色んなことを言う方がおられますので、

どれが正しいというのは、あまり無いのかなと思いますが、

ボクが思うダブルストロークのコツは、「脱力」かなと思います。

 

というのは、チカラが入った状態だと、そもそもステックがちゃんと跳ね返ってくれないので、

2発目が打てなくなってしまいます。

ですので、スティックを押さえつけるように打つのではなく、脱力をして、

ちゃんとリバウンドさせるような練習をしていくのが、ダブルストロークのコツかな、と感じます。

 

しっかりと脱力をした状態でスティックを打つと、

ちゃんとリバウンドして、跳ね返ってきますよね。

 

まずはこの、「力をちゃんと抜いて打って、リバウンドさせる」ことが、ダブルストロークのポイントになるのかなと思います。

 

その際、一つポイントがあるのですが、大体の方は、利き腕である右のほうが先に、上達していきます。

そうすると、左手が後から追いついてくる形になりますが、

すでにできている右手を見て、左手をそれに似せていくようにしてみる、

という感じで練習すると、上達が早くなることもあります!

 

ダブルストロークを使った、簡単なフィルインをご紹介

それでは最後に、ダブルストロークを使ったフィルインについて、少しご紹介をさせて頂きたいと思います。

 

ダブルストロークを使ったフィルインは、お一人お一人の経験値によって、

できる事がいろいろと変わってくるかと思いますが、

まずは、こんな楽譜のフィルインが、すごくシンプルで使いやすいかなと思います。

ダブルストロークの練習とコツ、ポイントについて - ドラム初心者の女性のためのレッスン

よくある「タタ・トン」というフィルインの頭に、

ダブルストロークをくっつけたモノですね。これは、よく使いますし、よく出てきます。

 

他にも、たとえば、こんな楽譜のフィルインもあります。

ダブルストロークの練習とコツ、ポイントについて - ドラム初心者の女性のためのレッスン

「タンタン・タタトン」というフレーズですが、

このスネアドラムに、全部ダブルストロークを付けたフィルインです。

このテクニックは、ドラッグと呼ばれたりもします。

 

他に、アクセント移動という基礎練習があって・・・

こんな楽譜ですね。

ダブルストロークの練習とコツ、ポイントについて - ドラム初心者の女性のためのレッスン

この、アクセント以外を全てダブルストロークにしてしまう、というフィルインもあります。

ジャズ系の方が、似たようなテクニックを良く使ったりしています。

ダブルストロークの練習とコツ、ポイントについて - ドラム初心者の女性のためのレッスン

このような感じで、ダブルストロークを使ったフィルインは、

「すでに知っているフレーズや、できるフレーズに、付け足していく」

という感じでやってみると、良い練習になるのではないかなと思います^^

 

ダブルストロークの練習とコツ、ポイントについて まとめ

さて今回は、ダブルストロークのコツや、ダブルストロークを使ったフィルインについて、ご紹介をしてきました。

 

ダブルストロークは、基本はスネアドラムで使われることが多いテクニックですが、

ハイハットシンバルや、ライドシンバルでダブルを使っていく事で、面白いフレーズになったりもします。

タムをダブルで叩いて作るフレーズもありますね。

 

ドラムを叩く上での、一つの大きなテクニックとなるのが、このダブルストロークです。

最初は、ボク自身がそうだったのですが、自分がちゃんとできているのか分からなかったり、

ある程度の速いテンポになると、動かなくなっちゃったりする事も、あるかもしれません。

 

その時は、脱力やフォームなど、基本を改めてチェックしていただくと、良いのかなと思います。

ぜひ、ご参考いただければと思います。

女性のための、ドラム基礎練習メルマガ

【自宅リビングで、スティックだけでできる、ドラム初心者の女性のための基礎練習を配信中!】

//-//-//-//-//-//-//-//-//

男性と女性では、体格もライフスタイルも違います。

一般的なドラムの基礎練習は、ほとんどが「男性向け」です。

女性には、女性の体格やライフスタイルに合わせたドラムの基礎練習をする方が、楽しく、スムーズに上達します(^^)

この無料メルマガでは、そんな女性のためのドラム基礎練習を、お届けしています。

 

★無料メルマガにご登録いただきました方には、【ドラムを始めた初心者の女性のための、基礎練習の動画レッスン】をプレゼントさせていただいております。

ぜひ、お気軽にご登録ください^^

個人情報の管理・取扱いについて


ご記入頂いた個人情報は、メールマガジン配信その他当サイトのからのご案内のみに使用させていただくものです。

岡田以外の第三者が情報を閲覧、使用することは一切ありません。

詳しくはプライバシーポリシーをご覧下さい。当サイトのプライバシーポリシーはコチラ

 

女性のためのオンライン基礎練LIVE

【好きな曲が叩けるようになる!オンラインドラム基礎練習ライブ配信】

参加無料!

毎週月曜日15時半からライブ配信

自宅リビングで参加OK!

スティックなし、手ぶらでも参加OK!

後から録画版の視聴もOK!

 

基礎練習って、自分一人でやっていると、「これで合っているの・・・?」と、不安になったりしませんか?

そんなドラム初心者の女性のために、オンライン基礎練習LIVEを配信しています。

オンラインで一緒に練習してみませんか?(^^)

 

■女性のためのオンライン基礎練LIVEの詳細は、Facebookページ、Twitter、Instagramでお知らせしています。

ぜひお気軽にフォローしていただき、ライブにご参加くださいませ(^^)

 

・Facebookページ

女性のためのドラム練習ブログ
女性のためのドラム練習ブログ – 「いいね!」41件 – 憧れの曲が叩けるようになる!ドラム初心者の女性のための、ドラム練習ブログのFacebookページです。

 

・Instagram

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

 

・Twitter

https://twitter.com/go_okada_jp

 

■ブログ執筆者について
プロドラマー/ドラム講師
プロドラマー/ドラム講師GO

【ブログ執筆者について】

■名前 岡田剛(オカダ ゴウ)

※配達の方に、よく「ツヨシさん、お届け物でーす」と間違えられてしまいますが(笑) 名前は「ゴウ」と読みます。

■お仕事 プロドラマー/ドラム講師

地元でドラム教室を始めたら、生徒さんの8割以上が女性という状況になる。

そんな女性メインのレッスンの中で「女性と男性では、教え方が違う」という事に気が付きはじめる。

そして、その違いの原因が、「体格とライフスタイル」であることにも気が付き、教え方を変えたところ・・・

短期間で上手になって「最近、ドラムが楽しくて仕方がないです!」という生徒さんが急増。

そんなレッスンの現場で得た経験を、ブログで公開していこうと思い、「女性のためのドラム練習ブログ」を立ち上げる。

■ブログをご覧いただきました方へのメッセージ

ドラムセットという楽器は、男性的なイメージがあります。

ですので、ドラムのレッスンは「男性向け」になってしまっていることもあります。

女性が、男性向けのレッスンでドラムを練習しても、上手くならなかったり、楽しくなかったりして、悩んでしまう事もあるかと思います。

このブログでは、そんな女性のライフスタイルや体格に合わせた、ドラムの練習方法をご紹介しています。

もし何かのお役に立てていただけたら嬉しいです(^^)

■ドラム歴 30年以上

・小学1年生の時に、初めてドラムを演奏。曲は、光GENJIさんの「パラダイス銀河」

・高校でブラスバンド部に入り、パーカッションと指揮者を担当。毎日、ドラムの練習をしていました。

・キャットミュージックカレッジ専門学校、演奏科ドラム専攻へ入学。首席で卒業。

■その他の音楽歴やプライベート

・二児のオトーサンです。

・ピアノ30年以上(ブラバン顧問の先生に「ピアノ弾けるなら打楽器をやれ!」と言われ、ドラムと長く付き合うことになりました。その理由は、またブログで…)

・作曲20年以上(Youtubeに、「赤ちゃんが寝る音楽」などアップさせていただいております)

プロドラマー/ドラム講師GOをフォローする
女性のためのドラムテクニック講座 ダブルストローク
プロドラマー/ドラム講師GOをフォローする
ドラム 練習 – 憧れの曲が叩けるようになる!女性のためのドラム練習ブログ
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました